伊達直人現象

2011. . 16
さて、クソ寒い中の仕事は貧乏人の勤労意欲を掻きたてますな。
明日にも大雪が降るのではないかと噂されつつ、小正月も過ぎて気分はただの不景気な新春なんであります。

少し間が空きましたが、件のビートラックは製作を断念・・・したのではなく、ネタになるようなまとまった作業が進んでいないのと、他にもやらなきゃいけない仕事があるので、そうそう簡単には完成できません。とりあえず気持ちが折れないように、忙しくても一日一箇所ずつ作業を進めております。

P1080150_convert_20110116145422meta.jpg

新年一発目はメーターのオーバーホール。たまにはこういう細かい仕事をじっくりやるのも面白いです。

P1080151_convert_20110116145317neko.jpg

うちにも伊達直人から贈り物が来ないかなぁ。

といったところ、久しぶりなので時事ネタ一発、相変わらずだらだらと長い文章ですけど、伊達直人についてのお話↓
  伊達直人現象、苦手です、こういうのは。痒くなるんですよ。やってることは、いいことですが、どうしてこんな手段をとるのかというところなんですよ。遺失物扱いされても仕方がないじゃぁないですか。っていうか普通に怖いじゃないですか。
 知らない人からモノをもらってはいけない、ということは教育の基本中の基本です。

 と、まあ馬鹿なマクラから始めたくなるのは、伊達直人を騙った孤児養護施設などへの寄付が相次いでいること。巷では通称タイガーマスク運動と称されており、匿名「伊達直人」名義で送られてくるランドセル、学用品などが複数個、金額的にも数十万円規模のものが多く、これを書いている時点で300件にも達しそうな勢いでありまして、施設前に放置された贈り物が一部では無粋にも遺失物の扱いにするなどのケースもありながらも施設としてはありがたいの一言で、おおむね好感を得ているようです。現金の寄付が一番助かるといった正直な意見をおっしゃっていた孤児院の方もいましたけど。先日ついに百万円相当の金塊が送られてきた施設もあったそうな、ここまで来るとさすがに常軌を逸しているということで少し筆を取らせていただきます。

 そもそも伊達直人とは誰なのかと申しますと、梶原一騎原作「タイガーマスク」の主人公で、悪役レスラー養成機関「虎の穴」に養成された悪役レスラー「タイガーマスク」の正体であります。つまり中身の男。


 じゃあ、なんでそのタイガーが孤児院と関係があるのかと申しますと、タイガーである伊達直人は孤児院出身で、悪役タイガーマスクとして稼いだファイトマネーは上納金として虎の穴へ半分、そして直人の取り分の一部を孤児院に寄付していたからで、まさか子供たちに悪役レスラーである自分の正体を知られるわけにはいかず、タイガーマスクであることを隠しながら寄付を続けていたんですな。

 ことの起こりはある日突然タイガーが上納金の支払いを拒否して、それを孤児院へ全て寄付してしまうという暴挙に出たからなんですな。当時は自動引き落としとかなかったんでしょうけど、なにより虎の穴がプロダクションとして機能していなかったのは経営戦略上非常にまずかったのではないかと思われます。それで親にはむかった裏切り者、としてタイガーは刺客に狙われる日々が始まったのです。

 このタイガーマスク、デビュー当初は悪役という設定だったのですが、まあ人の心に触れつつと申しましょうか、そのうち反則を非とする正統派レスラーとして成長し、名実ともに国民のヒーローとなってゆく様を描いたものです。劇中の虎の穴から送られてくる刺客(悪役レスラー)との戦いがさも世界征服をもくろむ悪の軍団との戦いのように描かれるのですが、実のところ虎の穴としては裏切り者のタイガーマスクさえ倒せばそれで良いわけで、暗殺未遂とかもまあ、あったんですけど基本的には虎の穴もリングの上で決着を望むところなんか、なかなか潔いなぁ、とは思います。つまるところタイガーの戦いとは私闘なんですな。

 非常に当たり所のないモヤモヤした問題で、そういうことを誰かに愚痴るわけにもいかず、一人孤独な戦いを続けるタイガーはやがて最終回で・・・という展開のお話ですが、昔は何でも表現が露骨だったなぁ、と思います。妙にリアルというか、悪役の理屈にも頷くところはあります。なによりシビアと申しましょうか、生きること死ぬことというものを強いさまで描く作品が多かった、そういう時代なんでしょうか。

 事実上当時は、今のように大半の人の生活がそこそこ満たされている日本ではなかったですから、野垂れ死にも珍しくはなかったわけですし、善悪の彼岸もまたはっきりとしており、欲しいものはなんですかと訊かれて答える答えは皆同じといっても良いほど、一元的だったのだろうなぁ、と感じます。

 それだけに、そのシンプルさゆえにメッセージ性をことさら強調せずとも心に響く作品となりえることが多いのは昔ならではなのかもしれません。

で、タイガーマスク運動に戻りますが。

 阪神淡路大震災の時にもタイガーマスク(実在のプロレスのマスクのことね)をかぶって支援活動をされていた方がおられるのですがこちらも、復興のため、地域の治安のために現場で尽力なさった御仁で、震災後も精力的に人道支援に携わっておいでのようです。が、彼は伊達直人名義では活動はしておりません。

 普通にタイガーマスクといえば作品を知らない人でもわかるようなメジャーなキャラクターですが、伊達直人ではどこの誰なのかすらわからないでしょう。私ですら思い出すまでに少しかかりました。

 無論タイガーマスクも伊達直人も故梶原一騎先生の創作ですから実物がいるわけがないので、誰ぞが匿名の代わりに騙ったのだろうということは容易に想像できます。ただ、ネーミングチョイスが古いなー、というのが印象ですし年代ばれるよなぁ、というのが正直な感想です。

 後続の有象無象と申しましょうか、全国で300件にも達する勢いの伊達直人があちこちで発生する様はやっぱ作品の偉大さを実感すると共に、腐った私の脳みそは、あーこんな時代でも表沙汰に出来ない金があるところにはあるのだなぁ、などと邪推もしてしまう。
 場合によってはですよ、マジもんのやばい金だってあるはずなんです。それこそ「○○に上納するくらいならいっそ孤児院に寄付してやろう」と考えた御仁だって中にはおられるかもしれません。今頃どうなっているかは知れませんが。

 それに、伊達直人を騙るくらいなら、別に山田次郎でも鈴木太郎でも効果としては同じであって、匿名性に重点があって伊達直人を騙っているのではないことは容易に想像できる。つまり、まとめると、伊達直人を騙った人々は子供に対してアピールしたのではなく、わかる人、あるいは年代にはわかる「符号的」な位置づけで伊達直人という媒体を使用したといえます、でなければ「サンタクロース」でもよかったのですから。

 当然ながら、これらが単にめいめいに山田次郎や鈴木太郎名義での匿名の寄付を出したところで、こういった現象が生まれることはなく、話題にすら上がらなかったはずです。そもそも普通の生活をしている方々は孤児院というものを意識して生きていることはまずないでしょうから、ある意味ではこういった運動の活発化は世間の耳目を集めより大きな支援の輪が広がることが期待できます。

 ただ今回のタイガーマスク運動は支援の顔をした「お遊び」であることは私はしっかり指摘しておきます。予めマスコミの反応を予測して計画されたものならばいざ知らず、足長おじさんだとかサンタクロースだとか騙るわけでもなく、マイナーな伊達直人を騙るあたりそれぞれの個人がこうありたいという思惑が見え隠れするではありませんか。

 ともすれば義賊的と言うか、正体は隠して影から人々の幸せを見守るといった日本人の好きなロマンチシズムが大いに発揮されております。もちろん私も好きですけどね、そういう行為は。

 しかし、人が何かをもらう時、相手が誰だかわからずにもらうよりもわかってもらうほうが断然いいにきまっています。特に孤児院ともなれば「大人に裏切られ、信用できない信頼できない」で入所している子供たちがほとんどですから、顔の見えない「いい大人」の名を騙る行為は決して褒められたことではありません。
 まさか全国の伊達直人が表に顔を出せない職業の人々だとは思えませんし、なにより劇中の伊達直人はちゃんと子供たちの前に姿を現して、彼らと交流しておりました。優男だとか金持ちのボンボンだとか子供たちから揶揄されながらも笑顔で応えていました。

 ですから、送る金品がやましいのではなく、単に対象と触れることが苦手なのだと言うのなら最初からそんなもの特定の孤児院なんかに贈るのはやめてユネスコにでも寄付しておけばどうですか?と。

 何度も言いますが、孤児への支援たる行為は大変良いことです、ただやり方は自己満足をベースとした、対象の意を無視した独善的な行為であることには違いありません。全国の伊達直人さん、子供たちを心底思う気持ちがあるのならばその行為を絶えることなく続けてください。そして、それでもどうしても人前に顔を晒せないのであれば、その時はタイガーマスクを被って行くことをお勧めします。

ただ、クソ生意気なガキがいてもローリングソバットは決めなくて良いですから。
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する