FC2ブログ

自粛明け林道

2020. . 24
久しぶりの、友人と半日越境林道ツーリング。

IMG_9685.jpg

今回はしばらく行っていなかった林道のパトロールもかねてでしたが、梅雨の長雨のせいか、倒木が何カ所かありました

IMG_9676.jpg

こういう木があると当然通行は出来ませんから、いずれは誰かが撤去することになるのですが、まず我々が先に進めないのは面白くないので、ノコギリなどは常に携帯しています。

IMG_9677.jpg

本来なら軽トラが通れる程度まで開くべきなのでしょうけど、それをしていると一日かかるのでとりあえず人とバイク程度が通行できるくらいに留めています。

IMG_9678.jpg

これはかなり太い倒木です。
バイクを横倒すなり、強引に乗り越えるなりでクリアは出来そうですが、やはり道を塞いでいるのは良くないということで、これも撤去します。

IMG_9680.jpg

この程度の木でも、大の大人二人で担ぐことが出来ません。そのくらい重いです。
切っても転がすのが精一杯。
この木を切るだけで一時間以上かかりました。
はっきり言って林道走るより、木を切るのは重労働です。

チェンソーでもあれば一発なんですけど、それはそれでいつでも携帯していないので。

IMG_9681.jpg

ラストは能勢の電波塔。

林道は行く度に姿形を変えるので飽きないです。
もちろんそのたびにテクニックを要求されることもしばしば。
それに、季節ごとに変化する山の様相を楽しむことも出来ます。

ただ、あまりこの楽しみを多くの皆様に広めようとは思いません。
広がっても、それだけ多くの人が楽しむことが出来ないからです。

けして広いフィールドではなく、走る場所が無限にあるわけでもないので、林道ライダー人口が増えると、それだけ道も荒れてゆき、他者に迷惑をかける温床となります。趣味の乗り物は走るだけで大抵世間にも自然にも迷惑をかけていると認識するのが正しいです。

でも、だからこそ、いま林道を走っている、これから走ろうとしている人は、人一倍の、配慮と謙虚さをもって楽しむことを覚えて欲しい。
そんな敬虔な気持ちになれるのもまた、山の懐に抱かれる、林道ツーリングのよいところではないかと。

スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://chelm.blog37.fc2.com/tb.php/1374-85e7e3a6