fc2ブログ

ジガバチ

2020. . 26
今日は誰も来なかった。

IMG_9261.jpg

なので車検整備が進みました。
あと色々都作業とか雑務とか。

IMG_9262.jpg

こういう「車検だけやって維持してきましたー」みたいな足回りに出会うとホッとしますよね。
何も特別なことがない、当たり前の整備をすればよいという。何にも余計なものは……ついて……

IMG_9263.jpg

るよー! 余計なものついてるじゃん!

なにこれー、やだぁ!

とまあ、この第三使徒サキエル(印象です)は何かというと、ジガバチの巣です。かなり立派な方ですね。

ちなみに参考に、例によりWik にて生態を調べました。やっぱり蜂ってスゲぇ。


狩りは幼虫の食糧確保のために行なわれる。地面に穴を掘って巣(幼虫室と呼ぶ)を作った後、幼虫の食料にする獲物を捕らえて毒針で毒を注入する。獲物は全く動かなくなるが、これは神経を麻痺させてあるだけで、殺してはいない(死ぬと肉が腐って幼虫の餌とならなくなる)。その後、巣穴に獲物を運び入れ、卵を一つ(種によっては複数)産み付ける。雌は幼虫室を閉じて出ていき、二度と戻らない。

幼虫は獲物の体の上で孵化し、獲物を殺して腐敗を起こすことのないよう、生命維持に影響を及ぼさない部位から順番に獲物を食べていく。獲物を食べつくして巣穴と同じくらいの大きさまで成長すると、繭を作って蛹になり、10日ほどで羽化をして巣穴を出る。

幼虫の食料として、ジガバチ属はアオムシを捕るが、これに対し、同科で似た生態を持つがジガバチ亜科には属さないSceliphron属はクモを捕る[2]。

非社会性である[4](群れは作らない)。以上ウィキペディアより引用


なんと、獲物は暗闇の中、生きながらにして、徐々に体を食われてゆくという、絶対嫌な殺され方をする。

いっそ殺して欲しい。ううん、この巣穴の中でそんなサイコホラーな事が行われているとは。


別に蜂が好きなわけじゃないですけど、虫の生態は何でも興味深いです。
あと、別に家に籠もっているわけではないけど、蜂と言えば、今頃Amazonプライムで「バンブルビー」観てます。冒頭のシーンはなかなかいいじゃないですか。バンブルビーはロクナナですねー。帰って続き観ようーっと。


スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://chelm.blog37.fc2.com/tb.php/1339-0159ba07