fc2ブログ

三好山

2020. . 21
大阪府高槻市の北部にある景勝地というと、摂津峡が挙げられます。
その摂津峡のすぐ辺に三好山という標高200メートルに満たない山がありまして、かつてそこに山城があったとされています。
私の家のすぐ近くで、その城址の存在は知っていたのですが、なかなか足が向かないというか、どうやって行くのかもよく判っていなかったので、これまで一度も上ったことがありませんでした。

IMG_9226.jpg

山頂にそびえる……はずの城郭はなく、単に広場があるだけです。ただ土塁や石垣など現存しており、学術的にも戦国時代の山城として貴重な資料だそうです。
まあ、特に宣伝してるわけでもないので、観光地にもなっておらず、人なんてだーれもいません。
侘しい山道をひたすら登ってゆくだけです。

IMG_9227.jpg

ちょろっと見える祠は三好長慶を祀っているらしいですけど、殆ど放置というか、これってどうなんだ状態。

城主は何代にもわたって変わっており、紆余曲折があったのですが、城に関わりが深く、実質もっとも活躍したとも言えるのが戦国武将の三好長慶、および三好三人衆と呼ばれる御仁らです。
なんで有名になったかっていうと、この芥川山城60年の歴史の中で、三好家が約30年間関わっていたというのもありますが、クーデターを起こして当時の将軍を殺害した三人衆の存在や、三好家が織田信長の軍勢とやり合って、敗北したという話がある為といえます。で、実際に信長はこの山城に入城したのだそうで、まあどのくらい居たのかはよく判りませんが同じ景色は眺めただろうなと。

IMG_9228.jpg

歴史ロマン、ですなぁ。

畿内というのはやはり都のお膝元でしたから、どこを切っても歴史が顔を見せます。
特に顕著なのが戦国時代ですし、それ以前にしても古墳時代や奈良時代から連綿と歴史が紡がれてきた地方です。
そういう片鱗が、地元にもあるのだなと感慨深く感じた次第です。

IMG_9231.jpg

帰りにたこ焼きをテイクアウト。
流行ですからね!

本当に、誰にも会うことのない一日でした。
スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://chelm.blog37.fc2.com/tb.php/1335-5dfb691b