FC2ブログ

100日後に儲かるナニ

2020. . 22
春ですね。

IMG_8891.jpg

ええとついつい先日まで知らなかったんだけど、きくちゆうきって人がSNS上であげてた「100日後に死ぬワニ」って四コマ漫画がありまして、リアルに毎日更新、(12月12日~3月20日)100日間続けるという企画。(実際は毎日ではないのかな?)
これが題名のインパクトもあり、数日でバズって、先日ついに100日を達成したんですが、私も一応全部読みました。あくまで物語として、「100日後に死ぬって言っているんだから、絶対死ななきゃいかんだろ」、って思いながらでしたけど。

100日目、あ、ふ~ん・・・・・・そうなん、だ。

IMG_8908.jpg

漫画自体は何の変哲もなく、面白くない。我々庶民の人生くらい面白くない。
ただ、読んでいる人は「100日後に何が起きるのか」という不安とか期待に胸を膨らませて読み進める。
中にはワニに共感して、死んで欲しくない! って心から思った人もいるんじゃないだろうか。あるいは、こんだけ引っ張ってるんだからどんなオチがあるのか見てやろうじゃないか、って意地悪な読者もいただろう。

オチをいうと、死にます。

しかも、特に何の変哲もない死に方。

IMG_8909.jpg

私も、この作品のことはほんの一昨昨日にお客さんから教えてもらったんです。18日に。つまり現作品の中では98日目。

100日間の四コマ漫画。何の変哲もない生活を送ってきたワニに死は、予告通り訪れる。しかしその死さえもけして特別なものではない、他人から見てみればただの風景くらいに収まってしまう程ささやかで密やかな死だ。

この作品を読み終えると色々と思うところはあると思う。
けしてメッセージ性の強い作品ではない。
読んだ人が、感じる、作品だ。

と、

おもってた。

その後・・・・・・関連サイトを覗くと、4月頭に書籍化、その後映画化という発表があり、4月後半には展覧会が開催、グッズまで売り出される始末。これ、完結と同時にですよ。
確かに10日目くらいでバズって、テレビなんかでも話題にはなったそうです。100日っていうと3ヶ月ちょいですから、そのくらいあれば企画も固まるけど、まさか結末知らないで企画すすめてたわけじゃないよなー、と。

ここまで素早く金儲けの話が食い込んでくると、さすがに冷める。

いや、これ、最初から、100日前から企画してたステマじゃねぇのか、ってのがネット民のおおよその感想。
やり方があからさますぎて、そして各種のコラボの連携がよすぎる。「100日後に炎上するワニ」って名言垂れてる人もいた。
だって、皆が結末知るのは昨日か一昨日くらいなんだよ。

普通に考えたら、そこまではどんな結末やオチがあるかは知らないのだから、企画も立てようがないはずなんです。

ってことは、もうかなり最初の段階かで、商売の話はあったはずで、企画の話も、ストーリーの展開も決定していたはず。それを作者は公言しないで、純朴に、素朴に、無言でXデーまでを書き綴っているフリを続けていた。

もっと最悪なのは、このSNSで漫画を描くというの自体がマーケティングの一部で、最初から企図されていた商売だったとしても不思議に思えない、むしろ自然に感じてしまえることだ。読者は人工的な社会現象に、まんまと丸め込まれたのではないか。

というのは私だけでなく誰もが感じる感想なようで、実際に記事のコメント欄は非難で埋め尽くされている。

人気の或作品にやっかみはつきものだけど、これは根本的に違う。

なんでここまで言われるのかっていうと、

これは、物語への冒涜であり、人の死を利用した金儲けだからだろう。そのように多くの人が感じてしまうやり方だからだと思う。

漫画を描いてるだけならそれでよかったのに、最後の最後で舌を出し、尻尾を出した。

悪魔が。

というわけで作者はどう考えてるのか知らないけど、最低な作品になってしまったよね。

ざんねん。

スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://chelm.blog37.fc2.com/tb.php/1315-6be33cba