FC2ブログ

ハルハスグソコニ

2020. . 18
IMG_8902.jpg

車検帰りに、近所の桜パトロール。

この写真じゃ解りませんが、もう今すぐにでも咲きたいぜ! とでも言いたげな蕾でございます。

さてさて、なんだか例によって、コロナ災害のあおりで景気低迷となり、政府は急遽景気対策に乗り出すそうで、とても大胆な、今までの考え方に囚われない、ダイナミックでエキサイティングかつセクシーな方策を打ち出すと、安倍ちゃんは言っておりました。

が、そこまで言ったのなら、阿呆、じゃなかった麻生のやった定額給付金12000円とか、ガキの使いみたいなはした金ばらまいてお茶を濁すんじゃねぇぞ、っと。
野党は無責任にもこの際消費税を一時的に非課税にしてはどうか? とか、とんでもないことを言っている。

意外と知られてない話ですが、消費税が一体どのくらいの稼ぎ頭なのかというと、全ての税目の中で、今年度をもってトップに躍り出ました。国家予算ってのはここのところだいたい100兆円です。そのうちの30%くらいが国債。あとの残りがその他と税収なんですが、税収部分だけで60兆円超えてます。その中でトップを張る消費税は20兆円を超えています。

これは20年度の会計データですから、4月からの来年度はもっと増えることになるはずです。

で、単純に20兆円を人口でざっくり1億人で割ったらどうなるのかっていうと、20万円です。
我々年間20万円くらい消費税払ってることになります。
就労している皆さんならすべからく感じているとは思いますが、年収の一割ってのは所得税として取られてますから、単純に計算すると、年収300万円に対してなら30万円、その他もろもろの税金や年金、保険料を支払っていることを考えると、だいたい二ヶ月から三ヶ月分くらい、つまり総収入の四分の一くらいは上納していると考えてもさほどの乖離はないのではないでしょうか。

ですから消費税を止めるなんて事は絶対に考えられないのです。
そこで定額給付金を、全国民に仮に2万円渡したとしましょう。
仮に一億二千万人としても、たった、2兆4千億万円です!

たった、2兆4千億万円で、済むんですよ。

これまでにない、大胆でサティスファクトリーでスリリングで、タイトでキュートなヒップがシュールなジョークとムードで景気対策を行うというのであれば、一人10万円くらい渡しなさいよ。ただし、渡すのは20歳以上60歳未のみ。老人世帯は生活保護名目の補助金として一律5万円でよろしい。なに? 子供にはないのかって? 贅沢言っちゃいかんよ。そんな大金は大人になってから手にしなさい。教育によくない。

しかし、あれだね。

安倍ちゃん、コロナで内心ホッとしているのかもしれません。
だって、実は消費増税からこっち、景気落ちてる事突っ込まれても、コロナのせいに転嫁できるからねぇ。

オリンピック目前でガンガン景気があがってゆくはずだったのだけど、まあ仕方なし。

10万ものあぶく銭があったら、結構やりたいこと出来ると思うぜぇ?

正直麻生の時は、12000円やるから使え、って言われてるみたいで、政治家の金銭感覚に絶望的な気分になったもんな。
いくら庶民でも、そんなもんで諸手上げて喜ばんからな。





スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://chelm.blog37.fc2.com/tb.php/1313-815869d7