FC2ブログ

土にかえる

2020. . 28
IMG_8570.jpg

ソロモンよ、私は帰ってきたッ!

って名言がありますが、もう我慢できずに乗った。土に帰ってきた。
思いのほか手首の回復度合いがよく、テーピングだけして、小雨降る中ちょっとだけリハビリしようと、数ヶ月ぶりのオフへ。

近所の贅沢な空き地で、Yutubeでイメトレし続けたテクニックを練習し、マシンも身体も思いのほか調子が良い。

IMG_8571.jpg

見えない力に誘われるかのように、いつものホームコースを流す。

IMG_8573.jpg

原桧尾谷線。 例の峠の開通後、コンスタンスに通行があるようで、道が熟れてきています。

IMG_8576.jpg

雨が強くなってきたので、帰路につこうとしたところ、なんか落ちてたのに気づいた。
風景の中に異質なものがあると、割とヒトは気づいてしまうものです。

IMG_8575.jpg

振り向くと、ああ……。子鹿が死んでる。

そこには私しかいない。 いや、私と鹿しかいない。

持った感じ、10キロから15キロくらいだったけど、夏くらいに生まれてるはずだから、五ヶ月くらいの個体なのかな? と思いつつ、道の真ん中じゃ不憫だろうと、路肩の木の脇まで運ぶ。
写真でめっちゃ白く写ってますけど、殆ど白って言ってもいいくらいの子鹿でした。普通はどうなのか知りませんけど。

問題は何故死んでたのかですけど、身体の状態から餓死じゃないです。肉付き悪くない。それに硬直もしていないし雨にも殆ど濡れてないから、死後半日も経ってなかったのかもしれません。
一部臀部に損傷があったのですが、カラスがつついたとは思えません。やるなら柔らかい腹とか眼球からいくと思います。それにどうも、首が折れてるみたいでした。

なので、これは事故かなぁ、と。

全く車が通らないという場所でもないし、我々のようなオフロードバイクがはねた可能性もある。
その事を断罪しようという気はないです。ただ、可哀想だなと思うのみです。

IMG_8577.jpg

即席ですが、お墓を作りました。
残念ながらシャベルなどを持っていなかったので、穴もそこそこしか掘れませんでしたが、上手く土に還ると良いなと思いつつ。
通りがかった皆さん、お墓を見つけたら、ちょっとだけこの記事思い出してください。

IMG_8579.jpg

そして桧尾谷線の出口に到着して唖然。
なんか雰囲気変わっている。

前はここ

IMG_7866_20200128224350420.jpg

こうだったはずなんですよ。

やばい、私の愛する林道が舗装されかかっています……。




スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://chelm.blog37.fc2.com/tb.php/1276-002c275c