FC2ブログ

DEATH日

2019. . 21
エンジン不調で入庫

この二日前にも始動不能で入庫してきた車両だったんですが、またもや始動困難。全くかからないのではないので、少し状況が違うみたいです。

IMG_8432.jpg

最初のトラブルは、ポイントの固定ネジがバカになった事による、点火不良でしたので、マウントプレートを交換して修理完了。めちゃめちゃ快調になりました。どうも以前からあんまり良くなかったみたいです。

で、それで直った直ったと安心してたら二日後に電話。似たような状況で止まった、とのこと。
修理ってのは原因を追及して故障箇所を取り除くことで、それが出来ているから直るんです。
それが同じようなことになるということは、もう一度同じ箇所が壊れたか、そもそも見当違いの場所を直したか、全く関係なかったか。

IMG_8434.jpg

もちろん各部チェックの上ですが、やはり怪しきはディストリビューター。
中古のデスビをならべてチェックしているのは、何か機械的な異常がないかを見てます。
軸がぶれてる、ガタがあるなんてのは論外ですが、ちゃんとした動きをするかどうかの判断はまともなものを知らないと解りません。

IMG_8435.jpg


機械的に異常のないものを挿したり、色々コンバートしてみるんですが、どうにも調子が悪い。いや、むしろどんどん悪くなるような気がする。アフターファイヤでまくり、アイドリングもバラバラ。
絶対点火ミスしてるって解ってるんだけど、原因が……?

もちろんプラグなんて初歩でつまずくはずがない

IMG_8436.jpg

一回目の修理の時、デスビ内のベースプレートを交換

直った

二日後突然不調

二回目修理。ベースプレートに異常なし。あえて言うならちょっとガタあり。

中古デスビをベースにコンバートするも、調子悪し、どんどんダメになってゆく

仕方がないのでコンバートを諦めて、アッセンブリの中古デスビを挿してみる

調子いい

つまり、わざわざ元々付いていた部品をコンバートしていたことが原因と解る

IMG_8437.jpg

この新品同様なコンデンサを使い回していたことが原因。(一度目は関係ない)
一回目の修理の時から付いていたからすっかり信じてた。これは異常ないだろうって。

IMG_8438.jpg

完全な、思い込みです。
いや、願望と言ってもいい。
新品に裏切られたくない! っていう……

でも、容赦ないです。信じた私がバカです。
「命が惜しけりゃ、会う者全てを疑ってかかれ」ってのはよく聞きますけど、空冷ワーゲンの修理も同じです。
そして「捜査に行き詰まったらスタート地点に戻れ」もまた真なり。

スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://chelm.blog37.fc2.com/tb.php/1255-c502b34b