FC2ブログ

ジャイロキャノピー足回り

2019. . 27
IMG_8238_20191127194153f66.jpg

すごい終末感のある絵面ですが、単に傘が燃えてるだけです。

そろそろ寒くなってくるかなと思いきや、もう12月も目前なのにこの陽気。よしっ、本当に寒い冬がなくなるかもしれないぞ! っと密かに喜んでます。世も終末ですね。

さてー

出来上がりと同時にアップしようと思ったんですが、部品が届きませんので、故障記事のみ。
なんで部品が来ないかといいますと、HONDAのパーツセンターの発注システムが深刻なエラーに見舞われているらしく、全ての発注出荷業務が停止しているそうです。たぶん二輪だけなんでしょうけど、復旧の目処未定でエラいことになってます。

24_2019112719415277d.jpg

長年使い倒したジャイロキャノピー。タイヤ交換だけのはずが、足回りガタ多数により長期入院と相成りました。
ええとですね、以前にも申し上げました通り、このHONDAのジャイロに代表されるスリーターという三輪車はHONDAがガッチガチに特許を持っていて、他社が真似できないか、真似をしてもコスト的に見合わないのを見越して、市場が独壇場となった経緯があります。おかげでピザ宅のバイクといえばこれしかない、となってしまったのですが、放っておいても売れるおかげでHONDAはすっかり胡座をかいてしまい、改良らしい改良を余りしてこなかった経緯があります。

なので、車体価格の割に安物臭く、ビジネスユースを想定しているくせに脆弱で、故障が多いという、けして褒められた車両ではないという評価です。

このあたりは独裁国家なんかが、ぜんぜん進歩しないのと同じです。
競合他社、あるいは競合他車がなければ、企業も車両のスペックも熟成しないといういい例です。

IMG_8248.jpg

ブッシュガタガタ。おかげで足回りはふらふらです。

IMG_8250.jpg

リアタイヤはまさかの6インチを採用したのですが、50cc2ストを考えた時、仕方がなかったのでしょう。
おかげで減りの早いこと早いこと。

IMG_8251.jpg

ちなみに現行車両の4ストキャノピーはリアは8インチに拡大しましたが、パワーが落ちた上に、車両重量は10キロマシ(139キロ)という。もう50ccやめたくて仕方ない感がありありと感じられます。

実際、マジな話、原付免許は廃止して、125cc乗車を最低ランクにするという案もあるそうです。
当然免許取得は教習制になるでしょうけど、私は賛成ですね。
いつまでも世界市場にすら出せない原付なんて作っていても仕方ないですし、それほど製造コストが変わらないなら市場がデカい方を量産するほうがいい。そもそも最初から教習を受けて、125ccに乗る事を前提としていれば誰にでも乗れるような代物ですし、怖いとか言うなら自転車だって乗るのは最初は誰でも怖かったんです。

IMG_8246.jpg

さらに終わってるのが鉄っちんホイール。朽ちてるぜ。

ま、悪口もたくさん書きましたが、20年前の車体ですし致し方ない部分はあります。
しかし、このスリーターはHONDAだけしか作れないので、ぜひ125ccあたりでリファインしてほしいものです。
ただ、値段が恐ろしいモノになる可能性が大ですが(おそらく70万は超える)

スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://chelm.blog37.fc2.com/tb.php/1241-4e11b7a1