fc2ブログ

シュレディンガーの箱

2019. . 02


IMG_8036.jpg

仮付けボンネット。

なんとなく形出てきましたね。

そして、今日。
重要機密書類を破棄しようとシュレディンガーの箱で処分しようとしたら、動作せず、修理可能な故障かそうでない故障なのかという可能性が並行するパラドクスが生じてしまい、結果的に私は箱を開け、シュレディンガーが故障しているのかどうかを確認せねばならなくなった。
故障しているか否かはこの時点では確率的に50%と言えるのであり、その結果如何によっては、私がコレを修理しようとしていることが何の意味も成さない可能性が生じると言うことである。

IMG_8026.jpg

シュレディンガーの箱とは、皆さんがシュレッダーと読んでいる機械のことです。

意味のある物を、無意味にしてしまう量子力学的装置、とも言えましょう。

それが故障しました。

IMG_8027.jpg

最初は棄てちまおうかと思ったんですが、まあまて。
どうせ棄てるなら、開けてダメなことを確認してから棄てようと。
なんか端のほうに黒線が繋がったスイッチあるなー。安全装置かな?

IMG_8028.jpg

箱の方をみると、突起が折れたような跡があり。
ああ、これ、歯のユニットが開放状態で動かないようにするためのセフティじゃんか。箱がわの突起が折れてスイッチの役目をしなくなったので動かなかっただけでした。

IMG_8029.jpg

そんなわけで、コードを短絡、直結して安全装置は解除になりました。

いじょ。

スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://chelm.blog37.fc2.com/tb.php/1224-e74df9ce