FC2ブログ

平成最後の――! もうええっちゅーねん!

2019. . 27
そこまで言ってて、平成、令和の変わり目に、実は日本国内にいないという人も多くあるでしょう。けども、ま、年が変わる瞬間にジャンプするみたいな話ですからどうでもいいんですが。

なんか外では珍走族がガンガン走っています。連休初日ですからね、彼らも嬉しいんでしょう。

だが、覚えておくことだ。本当のアウトローとは世間に迎合しない者であり、連休などというものに絡め取られているようでは、貴様らにアウトローを名乗る資格はない!

IMG_6302.jpg

まっ、そりゃいいとして。
インターメカニカ、まだやってます。
前回は全力で礼賛しましたが、所詮キットカーな部分はあります。それがこういった補機類レイアウトや配線取り回し、整備性の善し悪し、効率性などに表れます。

このオレンジのタンク、なんなのかといいますと、パワステオイルのタンクで左下にパワステのポンプがあります。
空冷乗りならうーん? と唸るところ。パワステいるかなぁ?? 
私、はっきり言ってリアエンジンの空冷車にパワステは不要だと思います。
そのせいで、この車両は通常の五倍くらい整備性が悪くなっています。

さらにいうと、ツインキャブのリンケージの置き方が非常に悪く、かなり無理矢理アクセルワイヤを引く状態で、イグニッションコイルとの干渉も含めて、シロート仕事だなと感じていた所存。
どの段階でこのレイアウトになったのかは解りません。インターメカニカから出荷されたときからこうだったのか、途中で改造されたのかは解りませんが、レクサスの真ん中グレード買えるくらいの車両に、このあたりの技術クオリティは残念かな、という印象。

今はどうだか知りませんけど(今はスバルのエンジン積んでるそうですよ)、

私は、整備性のよい車両というのは設計が優れているという事だと思いますし、設計を実現できる技術性を担保していると思いますから、おのずと、よい車=整備性がよい、はモノの善し悪しを判断する定式となるかなと。

しかし、よい車が必ずしも、面白い、楽しい、わくわくする車とイコールではない、ということはあえて断言しておきます。

IMG_6303.jpg

さあ、明日から魔の一週間が始まります。

ゴールデンウィーク中もヘルムは絶賛(定休日以外)営業中でございます!


スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://chelm.blog37.fc2.com/tb.php/1098-1e1b35b1