FC2ブログ

ヒンジピン

2019. . 10
IMG_6149.jpg

ヒンジピン。
ドアオチの原因になる部分で、特に上側にガタが発生することが多い部品です。
基本的には、軸が減ってヒンジ本体は減りません。これはピンのほうが柔らかく作っているからですね。

しかし、60年も前の車のピンを抜こうなんざ。
ぬけねぇえ!

IMG_6150.jpg

これだけズレてたら、中で段つきしているか折れているので、まともな抜きかたしてもまず無理です。

IMG_6151.jpg

とりあえず、パイプレンチで頭を回すことから始めましょう。

IMG_6152.jpg

回ったらバイスプライヤでちょっとずつ引き抜く。もうこの時点で折れてるのは確実なので次の手段を考えてます。

IMG_6153.jpg

これね。とりあえず抜けた分。
あと、折れた残りが中で固着してるんだけど、もうこれは叩こうが何しようがびくともしない。

IMG_6154.jpg

ドリル攻撃ですわ。
もちろんこの時まっすぐにドリルを入れないと、ドアごとダメにしてしまう。慎重かつ大胆に掘ります。
そしてこういう物体を貫通させる際最も気をつけなければいけないのが、噛み込み。よくやるんですよ、ドリルの歯を嚙みこませてポッキーン! って折っちまうんです。穴の中に残るは超硬のドリルの歯。(一瞬で詰みです)

IMG_6155.jpg

ま、そんなこんなで久しぶりに苦労しましたが、ちゃんと抜けて、新しいピンも素直に入ってくれました。これでしばらくはドアの開閉も問題ないでしょう。

てなわけでー

スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://chelm.blog37.fc2.com/tb.php/1086-880c0c9d