FC2ブログ

ハーレーのハンドル交換

2019. . 21
バイクのハンドル交換してください。

そういう依頼は珍しくなく、日帰り作業でちゃっちゃとやってしまうものですが、ことハーレーとなると一日作業となることもあります。

IMG_5833.jpg

多くのハーレーはハンドルスイッチ類の配線が、ハンドルの内部を通っているんですね。
いわゆる中通しってやつですが、国産のバイクでも昔のものは中通ししている車両がありました。ですが、配線の束が大きくなるにつれて、と製造のしやすさなどから、配線はハンドル外部に沿わせてバンドで締めるというのが主流になりました。国産車のハンドル径の多くは22.2ミリというハーレーなどの1インチよりも細いので、余計に中通しがしにくかったんでしょう。

たしかにその方がハンドルを交換するのも楽です。ただ見た目が悪い。

IMG_5834.jpg

ハンドル変えるだけなのに、こうしてタンク外して、配線を引っ張り出してこなきゃなりません。

IMG_5835.jpg

ハンドルバーの中に配線を入れるってのはすごく面倒なんですが、出来たときの見た目はすごくよろしい。
思うに、このあたりの美意識は日本のバイクメーカーにはないなと思う次第。
ハンドルもデザインの一つであるという思いで作っているのだなと、思います。

これはどういう発想からなのかはよくわかんないですけど、ハンドル周りや足回り、フレームワークを極力シンプルにする、シンプルに見せるってのがアメリカンカスタムの基本です。なのでメーターもトップブリッジに配せず、オンタンクしたりサイドアウトする。
その代わりというかエンジンだけはものすごい質量のボリュームで魅せる。

その中に配線とかがチラチラあると、密と疎の美が阻害されるんでしょうな。
毎度思いますが、ハーレーってのは、黄金比なんか無視した計算し尽くせない造形美があるなと、感じます。

ま、性能だとか、走安性とか、そんなものは地平線の彼方に置いてきたぜ、ってなもんでして。

スポンサーサイト



comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://chelm.blog37.fc2.com/tb.php/1053-a8fd2ec5