FC2ブログ

秋味

2019. . 19
夏の名残を残す日差しもつかの間、ひやりとした冷気につつまれた夜長に、ふと見上げる月。

ああ、秋よね。季節が暮れてゆきます。

今くらいの気候って一番心地いいですよね。そして気持ちが一番安らぐ。
これからイベントごととか、お祭りとか色々あるんだろうけど、私は殆ど参加できませんから、私の分まで皆さん楽しんでください。

IMG_7770.jpg

車が詰まってきましたぞ……はやく作業しないとヤヴァい。

IMG_7765.jpg

再生不能なほどひしゃげてるフェンダーを直します。
なんせ67用の稀少なオリジナルフェンダーですから。

IMG_7224.jpg

元コレですね。

IMG_7767.jpg

足回りは治りましたよ。

IMG_7766.jpg

焼いて叩いて焼いて叩いて。

IMG_7768.jpg

こんなもんかしら?
もうちょっと待っててくださいねー!

スポンサーサイト



20Th VW AUTUMN!

2019. . 18
今年もいって参りました VW AUTUMN 

毎度のことながら今年で20回目。もうすごいです。
関西のワーゲンイベントを牽引してこられた、主催のウルフスブルグキッズの皆様、お疲れ様でした&次の二十年を目指して頑張ってくださいw

今回は本当に来場台数が多かったと思います。一体何台きていたのでしょうか。
そして例年通り快晴で、しかも真夏並みの暑さ。
我々ヘルムブースも活況で、うだる一日を過ごしておりました。

IMG_7736.jpg

いや違う、これじゃない

IMG_7752.jpg

今回は完成したビートラックを前面に押し出してアピールですが、これだけ商品あると埋もれて何が何やら解りません。

IMG_7747.jpg

コレ、去年ビートルのルアーを作っていた、「HO-KAGO LURE TIME」さんの旧日本軍戦闘機シリーズ。
なかなか出来が良くて遊び心があるルアーです。私は釣りはしませんが、好きな人に言わせると、「投げてるだけでも楽しい」んだそうです。

IMG_7748.jpg

ヘルムブースのスタッフがすげー営業してました。 実際何屋なのか解らない佇まいなので、まあいっか。

IMG_7690.jpg

こっから見たらタダのボロいビートルにしか見えまへん
以下、会場風景スナップをどうぞ。

IMG_7689.jpg IMG_7693.jpg IMG_7694.jpg IMG_7697.jpg IMG_7700.jpg IMG_7701.jpg

移動動物園がきてました。ほのぼのしてます。

IMG_7695.jpg

今回、20周年ということで、じゃんけん大会会場には、かなり豪華な賞品が並べられていました。
ウチは相変わらずネタ枠出品ですので、ウチ提供の賞品を苦い顔をしながらお持ち帰りいただいた方、すみません。

IMG_7698.jpg

今回はグッズ関係多かったような印象ですね。それでも普段目にしないものばかりなので、みてて楽しいです。

IMG_7699.jpg

IMG_7732.jpg IMG_7733.jpg IMG_7737.jpg IMG_7738.jpg IMG_7739.jpg IMG_7740.jpg IMG_7741.jpg IMG_7742.jpg IMG_7743.jpg IMG_7744.jpg IMG_7745.jpg IMG_7749.jpg

メシです。 玉子とベーコンのオープンサンド。ジブリの天空の城ラピュタより引用して、通称「パズー飯」と呼びます。
こういうイベント時にたべると妙に旨いんです。用意してくれたスタッフに感謝。

IMG_7760.jpg

IMG_7753_201909181307321c4.jpg

そして午後のまどろみの中、とりとめない内職に没頭中。なんなんだ……。

IMG_7759.jpg

集合写真

IMG_7754.jpg

そしてイベントも終わりに。

IMG_7735.jpg

IMG_7756.jpg

以下三枚、ブロマイド用。 ダウンロード無料。

IMG_7751.jpg

IMG_7734.jpg

IMG_7755.jpg

いいイベントです。

IMG_7732.jpg

今年も好天に恵まれまして、暑さは大変でしたけどイベント終わり特有の疲労感は、仕事疲れとは違い独特ですね。

IMG_7704.jpg

帰りつく頃には、大体黄昏れてます。

IMG_7711.jpg

さてさて、今回リニューアル直後のトランスポートでしたが、荷台をショートニングしたので積載量は減るだろうとの覚悟はありましたが、アオリ形状をデザイン優先にしたため、それがあだとなって、さらに荷台面積を狭めてしまうことになり、事実上長机が平置き出来ない状態になりました。このあたりは少し改善策を練らないと、今後積み込みが面倒になりそうです。

組み直したリアサスペンションは上々で、車高、乗り心地ともにほぼ文句なしです。
 
IMG_7730.jpg

完成を心待ちにしていただいていた方や、わざわざ実物を見に来られた方ともお会いできて、よかったです。
そしてさらに、リファインされることを期待されているようなので、まだビートラック作業は終われそうなありません。
それに、手を入れ続けないと、やっぱりこういうカスタム車って朽ちますからねぇ。













アクスルビーム交換

2019. . 13
足回りを分離してしまうような大きな作業は、機を見て一気にしなきゃいけません。
事故で右側のハブ軸が後退している状態。
つまり、深く考えずとも、このケースではアクスルビームが曲がっています。

IMG_7671.jpg

ビーム交換ですが、ウチには左ハンドル用がなく、仕方なく右用をコンバートします。

IMG_7673.jpg

こうやって見たら曲がっているかどうかなんて全然判りませんけど。

IMG_7675.jpg

はい降りた。

IMG_7676.jpg

一応、まっすぐなアルミの角材をあててみると、一目瞭然。
曲がってます。

こういう時、ヤナセバーがあったら曲がっていなかったのかな? と思わないでもありません。

IMG_7677.jpg

めんどくさい作業ですが、ビームも元から買うといい値段しますからねぇ。
世界的には右ハンドル用のほうが稀少なはずですので、右用を左にコンバートするのはちょっと気が引けたんですが、未来の事よりも今を考えましょうという結論に至りました。

ま、右用の部材を持っていれば、また再生できますしねー

という訳で、イベント参加のため、明日から火曜日まではたぶんブログ更新なしです。
よろしくです

オフ車にステアリングダンパー

2019. . 12
車バイクにかかわらず、ステアリング操作を安定させる装置の一つに、ステアリングダンパーというものがあります。

IMG_7653.jpg

特に車の場合はギアボックス式(ボールナット式)のバックラッシュを軽減するのに一躍買っております。
対して現在の主流である、ラックアンドピニオン方式のステアリングギアは、ステアリングダンパーを装備していないことの方が多いです。

そんな四輪事情に対してですが、バイクのステアリングダンパーは、その昔は完全にオプション扱い、レース部品扱いで、もちろん高価で、バイク少年垂涎のアイテムだったわけです。今のスーパースポーツには標準的に装備されていることも少なくありませんし、本来名の通りダンパーですから油圧で抵抗を付けていたモノが、今では電磁式となって、速度に合わせてダンピングフォースを自動的に変化させるステアリングダンパーなんてのもあります。

じゃあ、実際どうなのよというところ、セットを間違えなければめちゃめちゃ乗りやすくなります。
調子こいてダンピングをつよくしすぎると、咄嗟にハンドルが切れずに立ちゴケするとか、そういうのたまにあります。
ただ、基本バイクはコーナリング時はハンドル操作を殆どしません。曲がるのは車体の傾斜により曲がるのでありハンドルはあくまでそのきっかけ作りみたいなものです。ただ、車体を傾斜させているあいだ、ハンドルは一定の角度を一定時間保つ必要があり、それをブレないよう補ってくれるのがステアリングダンパーということになります。極々簡単にいいますと、ですが。

で、今回オフにステアリングダンパーつけようかってなったのは、全く別の理由で、ダートで余計なフラれを無くし、ハンドル回りを安定させて、疲れを軽減できるかなと、そんなことを思った訳です。

なにより、ちょっとやってみたいというのが一番ですが、昨今は「ちょっと試してみたい」と思うくらい、安くで手に入ります。ただし中華製、注文から到着までに半月以上かかりますが、この出来で3000円以下。 

そもそもステアリングダンパーはフレームと、フォークを接続するというのがメジャーな方法でしたが、それだと外側に出っ張り、見た目も悪く、なにより転倒時などに真っ先にダメージを食らいます。なので、転倒がつきものであるオフ車には長らく、MSRとかのクソ高いトップブリッジに装着する特殊なステアリングダンパーが使用されていました。もちろん我々はそんなの買えませんでしたから、使ったこともなかったんですけど。

じゃあそれに倣って、ダンパーつけるならここでしょうよと、タンクおろしてマウント作りです。

IMG_7480.jpg

フレームに丁度穴があったので、底に適当なステイを。

IMG_7481.jpg

タンクに干渉する部分をカットして溶接。
まずはトップブリッジ付近のフレームにマウントを作るのが重要なんですよ。溶接してもいいんですけど、失敗したら修整するの面倒だし。

IMG_7482.jpg

で、仮組み

IMG_7652.jpg

左右に振って無理なく動作する位置を決めます。 オフの切れ角にしてはストローク短め選んだんだけど、ステム付近で運用するので65ミリでもばっちりなストロークでした。

IMG_7657.jpg

トップブリッジ側のステイ位置を決定します。

IMG_7659.jpg

コレで完成。

この方法でつけるなら、専用のステイなしで殆どのバイクに装着が出来ます。コレは画期的です。
特に自分のだから見た目は殆ど気にしてませんけど、まあ綺麗にしようと思うならいくらでも。

実際走りはどうなのよというのは今のところ、まだ手首完治してませんので乗れませんけど。

そのうちに。

なんか私、微妙にこういう一発芸得意ですね。ほぼ失敗しません。

ビートラック マイナーチェンジ24 

2019. . 11
ちょっと間があきましたが、イベント直前ってこともあり、スパートで仕上げました。

IMG_7624_2019091121550493d.jpg

2012年にバージョン1が完成して、そこから5年ほど使用、マイナーチェンジ始めたのが2017年の4月だから、今日までであしかけ二年半とかかかってる。マイナーチェンジするだけでドンだけかかってるんだって。

IMG_7644.jpg

バージョン1の時に突貫で工事した部分、実は構造用コンパネではなくタダのベニヤで仕切り壁を作っていたため、

IMG_7645.jpg

ボロボロに腐ってました。

IMG_7648.jpg

荷台はずすのめちゃ面倒&危険なのでやりたくないけど仕方ない。

IMG_7646.jpg

しかし、イギリスのモーガンも湿気のあるところに放置してたら、やっぱり腐るんですかね?
シロアリに食われたり? (というネタは景山民夫の『トラブルバスター』でやってたな)

IMG_7647.jpg

今後問題が起きそうな部分も見直しつつ、月曜日に調達したアルポリックボードに置き換えてゆきます。
このボード、表面はアルミシートで、ポリエチレンボードをサンドイッチしているボードで、プロ用のホームセンターなんかでは普通に売っています。
加工しやすくて、緩くなら曲面も作れるし、軽くて耐候性も高い。主に看板なんかのベースになるみたいです。

IMG_7650.jpg

荷台ヒンジの基部。いまならもっと合理的に作っただろうなと思います。なんせここ作ったの十年近く前ですから。

IMG_7651.jpg

荷台を一度おろすと、再接続はかなり危険です。
荷台だけでおそらく100キロ以上あると思います。それをこうしてジャッキで持ち上げつつ、ダンパーを取り付けるのですが、もちろん作業は荷台の下に潜って行う訳でして、落ちてこないと解っていても、それは「ダイジョブ、コノワニ、オトナシカラカマナイヨー」と現地人が半笑いで眺めてる中、ワニの口に頭突っ込んでるみたいな、そういう気分であります。

IMG_7662.jpg

アオリ内側に装飾しました。どうしようか迷ったのだけど。まあしばらくはコレで。

IMG_7663.jpg

二年前に予定していた作業は半分くらいしか出来てませんけど、とりあえずAUTUMNにはこれで出撃します。

来年のオレンジバグでは、もう少し駒を進めておきたいところです。

そんな感じで。



次の日曜日にむけて

2019. . 10
来る、9月15日は、秋の恒例VWイベント 「VW AUTUMN」でございます。

今年で何と二十回目! 

IMG_7654.jpg

京都府、右京区。高尾パークウェイ内、菖蒲谷大駐車場にて開催します。

数少ない関西方面のVWイベントです。空冷ワーゲンにお乗りの方は、お時間の許す限り、是非ご参加くださいませ。

IMG_7648.jpg

ビートラック・2019リベイク。(2019マイナーチェンジ)
ちょっと手を加えて、以前よりクォリティ上げてます。
久しぶりに荷台を分離作業してたら、支え棒を入れるの忘れてて荷台に挟まれた。
リアルに首の骨折れて死ぬかと思いました。

IMG_7643.jpg

そんなこんなで、月曜日はホームセンターハシゴとかしてたんですけど、アルポリックボードを買おうとコーナンに行ったんですが、なんか端のほうにカッターの傷が一直線に入っているんですよね。
いわゆる傷物で、そういうのって普通は売り物にならないのだけど、私の用途なら問題ないから「これって安くなる?」と、店員に訊いたのですよ。
意図は通じたらしく、アルバイトの店員は上長に内線で問い合わせたんですよね。 大抵はいくらか割引して売ってくれるもんです。それを期待して待っていたら、店員がレジに戻ってきて、

「上司に、『傷がついてないものを買ってもらえばいいじゃないか』、って言われまして……スミマセン」

アルバイト店員は苦い顔しながらいうので、ああ、と察しまして、「じゃあ、この商品避けておいたほうがいいよ」といって、改めてまともなボードを買い求めました。

別にここで言うような話でもないんですけど、頭の悪い上司の下で働く従業員って可哀想だなぁ、と。

まあ、そんなお節介なこと考えながら、素晴らしい入道雲よ。
残暑厳しいね!

WW ランニングボード

2019. . 08
IMG_7639.jpg

ウルフスブルグウェスト製のランニングボード。
今回初めてとりましたが、お値段相応に良い感じです。3万円以上しますが、まあ価値はあるかなぁ。

IMG_7640.jpg

ビシッといていて、ずっしり堅牢という感じ。ヘタに上っ張りのラバーを張り替えるよりいいかも知れません。とかいってたら仕事なくなりますね。

IMG_7641.jpg

折り目も正しいし、ちゃんとボディの穴や、フェンダーの穴とも位置合います。
昔の部品は全然合わない奴がよくありました。

概ね満点を上げても良いかなという出来ですね。

ただし、サイドモールは別売りです。

今回、まるでちょっと寄ってみた的なトリッキーな進路の台風15号ですが、東京方面の皆さん、くれぐれもお気をつけください。

20年目にして

2019. . 07
今日、初めて知った。

タイプ1のリアフェンダー。 1974年までのと1975年からのフェンダーは違う、ということ。

IMG_7632.jpg

コレ、右と左のフェンダーが違います。 どこが?

IMG_7637.jpg

75年のバンパーステイと、バンパーグロメットはこのタイプ。
長いことリプロがリリースされてなかったんですよね。(私が知らないで気であった?) なので仕方なく74年のグロメットを無理矢理使っていました。
なので気づかなかったとも言えますが。

右側のグロメットがどうにも入りが悪い。

IMG_7635.jpg

左は幅25ミリ

IMG_7636.jpg

右は、なんと20ミリ。

なるほど、74年までのバンパーステイはフラットなので幅が狭いのである。
その後、75年でステイが変更されて、グロメットもグロメット穴も拡大しなければいけなくなった、という感じなんだろう。

車体は75年式。
つまり、右のフェンダーだけ、74年以前のプレスバンパーモデルのフェンダーに交換されているということです。

IMG_7638.jpg

仕方なく、5ミリ幅を広げて事なきを得ました。

地味な記事ですが、今更知った次第。
これ、結構恥ずかしいですかね……。

この暑さも最後かな

2019. . 06
夏の空冷VWの車検というのは、精根尽き果てます。
常に炎天下、その中でひたすら待つんですよ。長い時では二時間ほど。

IMG_7624.jpg

夏の終わりにビートラック。 来週行われるVW AUTUMUN にむけて。

荷台を塞いでいるのは、車検対策でございます。

IMG_7625.jpg

不格好だけどとりあえずなんで。

IMG_7627.jpg

新規コースに回されるとめちゃめちゃ時間かかる。しかも今日に限って、消防車の新規登録が三台も四台も前に並んどる。
んな訳でまた炎天下で、読書などしながら待つ。

そのあとも登録でさらに待つ。

その後は脱水症状直前状態で、西日の中帰る。

そして店について倒れる。

そういう一日なんですよ、夏の空冷VWな車検というのは。

バイクにウィンチ

2019. . 05
しばしば四輪駆動車、ジムニーやランクルなどに代表される悪路を走破することを目的とした車には、ウィンチという装置がついています。コレは主に、電動でワイヤーを巻き上げる装置で、減速比を利用して高速で回転するモーターの駆動力を、巻き上げトルクに変換するそうちで、成人男性が両手で抱えて持てるくらいの装置一つで、実際に車一台を引っ張るような力が出せます。

そのウィンチの最もシンプルな形としてあるのが、手動巻き上げ式のハンドウィンチ。こういう小さなものでも500キロくらい引くことが出来ます。 

一人で山の中でスタックしてもウィンチあれば脱出できるかもしれない! という発想から、重量マシには成るけどつけてみようじゃないかと。もちろん一人で立ち往生した時想定なので、バイクを支えながらレバーを操作できなくちゃいけない。

IMG_7563.jpg

場所は色々考えたが、やはりここしかないだろう。

IMG_7614.jpg

ステイを駆使して、フロントグラブバーに溶接。
ついでにハウジングを肉抜きして軽量化した。

IMG_7616.jpg

使用しない時はこういう状態で、リールは外しておくとすっきりスマートかな。

IMG_7617.jpg

ちょっとハンドルを加工して、この状態で回せるようにしました。

IMG_7615.jpg

こういう危機管理的なアイテムや装備って、もしかしたら一生使わないかもしれないんだけど、無かったらすごく困る訳です。
臆病さ故か、心配性故かといわれても、前例がいくつもあるからバカには出来ませんで。
怪我や病気の用心と共に、事故や事件への用心ってのは総じてリスクマネージメントですから、備えるには越したことはないのでございます。

ま、そもそもリスクのあることを、しなければいいだけの話なんですが……我ながらここまでやると酔狂に過ぎるかと。

ちょっとバイク記事が溜まってるので放出。

2019. . 04
IMG_7478.jpg

こんな記事、乗っている人しか興味ないし。ややこしすぎて参考ならないし。
でも、為せば成るというか、やればなんだって出来るよという話。 コレを見て私に無茶ぶりしたい人はどうぞ。

IMG_7470.jpg

私のオフ車は スズキのSXという、知る人ぞ知る超貧乏バイクですが、設計や基本構造は後のジェベル125や200へと継承されて生き残った、ロングセラーモデルでして、実は性能的にはロングサスストロークや、超軽量な車体、トルクフルかつよく回るエンジンなど、ジェベルを超えていますし、セロー225あたりともスペック上ではいい勝負が出来てます。

ただ発売当初の激安設定のせいか、けして高級感はありません。
その際たるが、フロントブレーキ片押し1ポッド。
コレが効かない。
オフでなら問題ないけど、舗装路ではちょっと怖い。

IMG_7471.jpg

で、かねてより、キャリパーは替えたいなとかんがえていたんですが、適合するものがない。
ネットの海を彷徨うも、マイナー車のため、有力な情報が無く、特定できない。
で、なんかどこかで「ポン付けできるよ」的なことを見かけて手に入れたのが、カワサキKX85のキャリパー。

IMG_7472.jpg

届いた商品を見て、失敗したと悟った。
どうも、ポン付けはどこか別の場所でみた文言で、それを自分なりにいいように解釈してしまっていたようで、あとで探してみたが当該のサイトが見つからない。はっきり言って、全くマウントが合いません。
そしてパッド面が細長く、ローターを全体で掴むような感じではない。ただ2ポッドなので表面積は上がっているような気はする。

IMG_7473.jpg

ポン付けどころか、フロントタイヤまで外して、キャリパーステイ作り直しです。
キャリパーの位置を考えながら作らなきゃいけないので、面倒この上なし。現物合わせです。

IMG_7474.jpg

どこかに基準はないものかと色々測るが、決め手がない。

IMG_7475.jpg

最終的には中心決めて、オフセットを決める。

IMG_7476.jpg

コレが最終決定形。

IMG_7477.jpg

溶接。

IMG_7479.jpg

なんとかついた。

効きの具合はどうなのかと問われると、微妙。
劇的に効くような気はしない。
こんな苦労するなら素直に上位機種のキャリパーとマスター入れておけば良かったよ。

IMG_7468.jpg

あとはおまけ。
これはジェベル250なんかに使われる、ワイドステップ。
オフ車はある時期を境にワイドステップ化したんです。その方がホールド力があがるって事が解ったから。
なので、SXもワイド化。

IMG_7469.jpg

そしてついでにブレーキペダルも踏みにくかったので、大型化します。
ノーマルを切り取ります。

IMG_7483.jpg

溶接します。 コレなんかのジャンクパーツだったんですが、20年越しくらいで持ってたもの。役に立つ日が来るとは。

IMG_7484.jpg

で、ついでというか、キックアームも手を入れて、アルミスリーブを挿入。

IMG_7485.jpg

カッコイイ&踏みやすくなりました。

IMG_7486.jpg

手首負傷で走りにいけない分、ごちゃごちゃ妄想が膨らみ、ついついやってしまいます。
どんどん進化してゆく林道専用SX。 さて、次回はさらにすごいことになります。

ハイ九月!

2019. . 01
IMG_7499.jpg

ででん。

ビートラック。
完成してから暫く経ちますが何にも触っていませんでした。
で、ちょっと気になっていたのがリアの車高。
リアエンドをショートカットしてから、車高があがってしまっていたのです。

IMG_7494.jpg

いわゆる「ソの字足」になっていました。
以前はそうではなかったということは、以前よりも軽量化したということになります。
ですんで、ショックに仕込んでいた軽自動車用のストラットを撤去して車高を下げました。

IMG_7496.jpg

ビートラックは、もともとベッドの低さが最大の売りだったんです。目指せ軽トラ並みって事だったんで。

IMG_7498.jpg

はいベッド高さ60センチ。ばっちりです。

今年も VW Autumn 20th 来る9月15日に開催されます。
詳しくはまた後日告知いたします!

 
 HOME