異音見つからない

2017. . 22
IMG_1534.jpg

音が見つからないとはこれ如何に? なんかポエムな表現ですな。

車の故障はまず、フィーリングを除けば、見た目、臭い、音から読み取ります。これにまず遭遇するのはオーナーさんで、その状況を聞き、あるいは私自身が体感し、再現して、故障の診断を下します。

で、この時困るのが、明らかに変な臭がしてたり、変な音がしていたりするのに、その原因が見つからないときです。
臭いの場合は大抵の場合、排気臭、ガソリン臭、燃焼臭などで箇所が特定できる事が多いのですが、こと音に関しては『だいたいどの辺から鳴ってるな』くらいしかわかりません。独特な音であればそれは聞き分けにより、箇所特定も可能なのですが、まあ、あるよなぁ、くらいの音は非常に難しいのです。

ちなみに私、絶対音感の持ち主ではございません。
音楽に対してさほどに造詣が深いわけでもなく、スピーカーの良し悪しなんかもはっきりいいますとそれほど気にならなかったりします。

そんな私が、走行中にたまにしか鳴らないという音を探し求めて、耳を澄ましても、『オーナーの気のせいだろ』という悪魔のささやきしか聞こえてきませんので、こうして底に潜り込んで、叩いたり揺すったりして一箇所ずつ音を探すのです。

ちなみにまだ見つかってません……怪しいところはあるんだけど、走っていて音が聞こえる場所とは違うんだよなぁ……


スポンサーサイト

秋っぽいですね。

2017. . 21
秋っぽい。

爽やかな青空のもと、乾いた風がふと彼女の前髪を浮かせると、その薄っすらと汗を浮かべた額を撫ぜ、熱を奪ってゆく。

なので、秋は飽きっぽい。

芸術の秋だとか、スポーツの秋だとか、読書の秋、食欲の秋だとか、まあとかく秋には色々とついて回るものですが。
食欲というと食い過ぎ。『飽食』ともいいますが、満ち足りていて飽きるほど食べられる、ということなんですな。

いずれにしても秋に限らず始めた事は、これをきっかけとして、長く続けてほしいなとは思います。食い過ぎはだめですけどね。

IMG_1527.jpg

朝出勤前。
ナナフシかな? 

変な生き物だなと思います。
『俺は――枝になる!』って思ったんでしょうか。虫の擬態って、なんだか人間目線でしてるようにも思えるんですよね。虫とか植物の世界って本当に不思議で神秘的です。これは見てて飽きないですね。

IMG_1528.jpg

で、急に俗っぽくなりますが、代車のマフラー交換しました。
それなりに車齢も経てるのであれこれ維持には手間もお金もかかります。まあ備品だから仕方がないですけどね。
オートマの軽自動車なんて乗ってても何も面白くないですが、飽きるとかそういう基準で乗るもんでもないか。

IMG_1532.jpg

謎肉祭。 
これだけ謎肉食べると、やっぱり飽きる。しばらく食べたくない。

飽食というやつですな。

そんなわけで、秋は飽きっぽいのです。

明らかに更新ペースが落ちてるじゃねーか。

2017. . 20
月も半分というのに、10件しか記事を書いていない。

今日から心を入れ替えてがんばります。

IMG_1518.jpg

さて、多くのタイプ3が、インジェクション仕様からキャブに換装する時に使用するのが、このWEBER 32ICT 
以前から別の車種でも不調が続いていて、安定神話が私の中で崩れそうになっておりますが、今回は明確に異常が見つかっております。

さて何処でしょう?

IMG_1519.jpg

これ、ここのメクラブタがなくなっていますんです。 これだとスロー系から外気を吸ってしまってうまくいきませんね。セッティングも出ないはずです。

IMG_1520.jpg

おらっと、真鍮を削って蓋にしてカチ込んでしまいます。
わかります?

IMG_1521.jpg

フライホイールも研磨してリフレッシュ。

IMG_1523.jpg

タイプ3じしん、あんまり数がないので、必然的に修理も少なくなるんですが、その中でもエンジンおろすことは極少ないんですね。
なのでいつでも思うのですが、タイプ3のエンジンの正式な降ろし方って、どうするのだろうかと、未だに実はわかっていません。
まあ、判んなくてもできるんですけど、毎度疑問に思っているので・・・・・・

さて、試運転いってきます!


な、わけで。 行ってまいりましたよ

2017. . 19
IMG_1456.jpg

朝六時、青空すら見えた台風直撃の朝。

な? 

IMG_1458.jpg

現地行っても雨降らず。奇跡的に毎度晴れるイベント、それがVW Autumun
今回ビートラックの代わりに活躍してくれたのが水色のバリアント。
さすがステーションワゴン! 模擬店の荷物はほとんど室内に載せられた!
いい車だ!

IMG_1460.jpg

いつもと変わらんくらい、車来てる。

IMG_1461.jpg

どんよりしてますが、地面は良好。長靴用意してきたんですけど出番はなし!

IMG_1462.jpg

毎度毎度しょうもないブースですみません、ちなみに「VW蚊取豚」売れました!

IMG_1463.jpg

終始どんよりではあったんですけど、気温も意外に高く、むしろ日が出てないのがよかったくらいで、心地よかったですね。
出店ブースの数は少なかったけど、お客さんは結構来てましたよ。

IMG_1464.jpg

今回のピンチヒッター、オートマバリちゃん。
たすかったー! ありがとうオーナーさん。お店も手伝ってもらいました。 やっぱ女子力は大きいね!

IMG_1465.jpg

恒例のジャンケン大会。これ結構盛り上がるんですよ。今回は自転車を出品させていただきました。

IMG_1525.jpg

毎度くだらないものばかりノリだけで売っていますが、買ってくださったお客様、ありがとうございます。

IMG_1526.jpg

今回は帰ってくるまで雨にも遭わず、夜になるまで近畿地方は静かなものでしたから、なんかもう台風が来てたって感覚すらないんですよね。まあ、備えるに越したことはないですけど。

今回の三連休中に中止になったイベントは全国でも数多いそうですけど、直撃、嵐の中でやる覚悟で決行してくださったウルフスブルグキッズの皆さまの英断には頭が下がる思いでございます。
とても楽しかったです。今年もありがとうございました。

最初に断っておく―― 今日はネタがない。

2017. . 15
IMG_1429.jpg

最近朝晩冷え込むんでね、布団に入りましょう。 というわけで毎晩ベッドで寝てるヘゲモニー(実名)です。

明日から嵐ですね。
でも意外と構えていると来ないこともあるものです。
特に近畿地方は直撃と言われていても、本当に直撃することは稀で、肩透かしなんてことも割に多いものです。

というわけで、皆さん。
台風が逸れるように、祈りましょう。

IMG_1439.jpg

しばし放置してて、カッサカサになってたボディを磨きました。磨けば艶は出ますが、やはり色あせたものですから。塗装したようには戻りません。けど磨き込んだ味っていうんですか? そういうのは塗装じゃ出ないイイ感じなんですよ。

IMG_1440.jpg

ま、なんですか。
今日はネタなしなので、気の利いたことも言えず悪しからず。

九月はサボり気味だな

2017. . 14
いや、仕事はサボってませんよ。

ブログの毎日更新が危うくなってる。この前久しぶりに疲労蓄積、体力の限界で倒れた。
ま、それはそれとして。

IMG_1441.jpg

こんなもん作ってる場合かッ!

IMG_1442.jpg

ニュービートルのドライブシャフトブーツ交換。
めんどくせーよ。慣れたらすぐだけどよー。

IMG_1443.jpg

皆さんの車はこういう軸で車輪を回して走ってるんですよ。
ま、知らなくてもいいことですが。
にしても、いつになったら、グリスとゴムブーツから開放されるんでしょうか。

こういう部分って機構は技術的に進化してるし、工作精度も上がってるんですけど、やってることは100年前から何も変わっていない。せいぜい耐久性が上がったとか、油が漏れにくくなったとか、ゴムの素材がよくなったとか、そういう程度なんですよね。

別に替えなくてもいいから変わらなかった、という言い方もできますが、車発明した時の人は、100年後くらいはタイヤがなくなってるだろうと想像していたのではないだろうか。
いや、ザンネン。

ブラッシュアップはされてるけど、基本的にはそれほど変わってませんですよ。

ですんで、50年や60年前のワーゲンが元気に走っているのは、別にそれほど不思議な事でもないよなと、歴史を逆算してみて思ったり。

ま、車が宙に浮く必要も別にないっちゃないんでしょうけど。

三連休は台風だってよ!

2017. . 13
あ、VW Autumunも直撃するな……日曜だけ晴れてくれ。

でもたぶん、雨天決行なんで、我々は嵐の中でも行きますよ。どうなるか知らんけど。

IMG_1432.jpg

修理の部品待ちで時間が出来てしまったので、前の続き。ヤニくさい車のヤニとりを。

IMG_1433.jpg

見て、この人めっちゃ頑張ってる!

IMG_1434.jpg

というのも、今日はお手伝いさんに来てもらいました。
もうお分かりかと思いますが、ビートラック完成できませんので、悪あがきを止めてお手伝いさんのスクエアバックに出動してもらうことになりました。

IMG_1435.jpg

天上から染み抜きした、茶色い液体。タールですな。

IMG_1436.jpg

シートもどぼどぼに洗剤で浸して、掃除機ですいとります。多分これでいけてるはず!

IMG_1437.jpg

カマキリをからかっていたら、反撃に遭い、追いかけられました。
虫も怒るんですね。

車の特殊清掃

2017. . 10
古い車ばかりをやってると、まず引き上げてきた車への最初のアプローチは、掃除と相場が決まっております。
そのなかで、こんなものが見つかる時もあります。

IMG_1426.jpg

プルタブ式の缶コーヒー、ジョージア、オンマイマインド。

しかしながらこんなノスタルジーな事ばかりではないんですな。

まず本題に行く前に、少しお話をば。

IMG_1412.jpg

ワゴンR キッツい喫煙車。もう天井がヤニだらけ。窓閉めて運転出来ないよ、ってくらい煙草くさい。
この頃は喫煙が外に追いやられてる現状からして、喫煙歴のある車というのは、買取の査定にも大きく影響してきます。
私はどっちでもいいんですが、やっぱり嫌な人は嫌なものなので、中古車販売店はこれを一生懸命洗うんです。

IMG_1413.jpg

水かけて洗剤でゴシゴシとはいかないので、地道に雑巾と洗剤つかって、拭く。ひたすら拭く。隅から隅まで拭かないとまず臭いは取れない。空気が回るところ、エアコン回りも全部掃除しなきゃ取れません。極端な事言うと、プロの掃除やさんは内装全部外して洗います。

IMG_1415.jpg

ちょっと拭くだけで黄色い。ある程度落とすだけでも二時間かかります。そこからさらに嫌煙者が気にならない程度まで仕上げるとなると、これだけじゃだめですね。あらゆる手を尽くさねばなりません。

で、ここからが本題。


洗うという話で、よくあるのが「住宅の洗い屋さん」
これは中古の物件を、売り物にするために各部屋を徹底的に洗浄する専門業者さんです。解体やリノベはまた別の業者さんで、洗い屋さんは原則として現状を綺麗にするだけです。

そんな清掃業の中で、『特殊清掃』という業種があります。

これはゴミ屋敷や廃墟、事件や事故、あるいは孤独死などでしばらく遺体が発見されなったお部屋などを専門的に清掃する(遺体搬送はしない)業者さんなのですが、まあ遺族でも躊躇するような、大変なお仕事です。

私などは引き上げてきた車から虫が出てきたり、銃弾が出てきたりするくらいですが、まれに小動物等の死骸があることがあります。ま、鼠とか鳥とか猫とかね。
(画像あるけどショッキングすぎるので自粛しておきます)

放置されてた車ってのは、人も近寄らない廃墟同然、そういうところを死に場所として選んじゃう奴もいるって話でして、んまぁ、何ですか、結局私が処理するんですけどね。ミイラみたいになった死骸を。ついでにウジ虫がわんさと湧いたんだろうなというサナギの痕跡もダイソンの吸引力で素早く処理ですよ。もう、無です。無の境地です。

こういう車はだいたいボディもシャーシも終わってるか、再登録不能な場合が多いですので、部品取りへGOです。

あ、安心してください。ウチの販売車両に窓開けたまま放置してた車両はありませんから! (これホント)

バイクカスタム

2017. . 09
たまーにこういう仕事もあります。
バイク屋さんからの依頼。

IMG_1404.jpg

かつて一世風靡した、ヤマハのTW200ですな。
このTW、デビューは87年で、もともとオフロード車。バルーンのブロックタイヤを穿いていた、市販車としては世界唯一無二のバイクでした。砂地や泥、雪なんかの不整地で活躍することが出来ると、半分はレジャーバイク的な側面がありました。
当然、というか「そういう走り」を目指したバイクなので、クッソ恰好悪かった。もう、なに? なんでTW? バイクそれしかないの? 的な扱い。

それが90年代の半ばにストリートカスタムというカテゴリーに編入され、大躍進、一気に人気車種となり、ストリートを席巻したのです。

IMG_1405.jpg

車検のない250枠内という制限により、わりと自由にカスタムが出来たのも人気の一つでして、おもにフレームとエンジンを見せるため捕器類を出来るだけ見えないところにリロケートしてスカスカに見せる「スカチューン」なる手法が確立。さらに鈍重なリアタイヤの存在感を際立たせるロングスイングアーム、通称「ロンスイ」が定番でございました。
いずれも走行性能には何ら寄与しないばかりか、むしろ悪くするだけのデチューンだったんですが、人気でしたねぇ。

で、無粋にも、リアのシートレールをカットして、さらにボバー的にカスタムと。

IMG_1406.jpg

パイプ斬りっぱなしじゃカッコ悪い。
そこで私の出番です。ネイルアートしちゃったー、ではなくこの爪みたいな部材を使います。

IMG_1407.jpg

切ったところに被せます。
この加工のポイントは、本来ある部分を「切ったように見せない」というところにあります。
切って加工してるんだけど、元からそのようなものだった、というふうに見えれば成功です。

IMG_1409.jpg

ぴやっぴやっ、とフレームに部材を溶接で張りつけてゆきます。

IMG_1410.jpg

サンダーとやすりで形を整えます。

IMG_1411.jpg

こんな感じ。

予算があるならもっと凝ったこともできるんですけどね。
こんなこともできますよ、というお話です。

最近はノーマル至上主義みたいになりつつありますけど、やっぱりカスタムは面白いです。私は作るだけで乗る方にはあんま興味ないんですけど(――ないんかい)

第18回 VW Autumun 今年もあります

2017. . 06
来る 2017年 9月17日 京都でおなじみのVWイベント「VW Autumun」開催です。
今年で18回目となる長寿イベントで毎度毎度楽しい企画で盛り上がっています。

IMG_1399.jpg


詳しくはこちら→ ウルフスブルグキッズ

ヘルムもブース展開参加します。

当日は9時からスタートですので、ヘルムは6時半くらいには出発します。
ご一緒してくださる方は6時にヘルム前集合で!

会場:高尾パークウェイ内 菖蒲谷大駐車場

京都の嵐山から来る方が判りやすいかもしれません。

前回の様子はこんな感じ↓

あいにくの雨でした。今年は晴れることを祈って!

IMG_2369_20170906223943010.jpg

IMG_2375_20170906223946c21.jpg

IMG_2361_201709062239459e6.jpg

ビートラック マイナーチェンジ16

2017. . 05
さて、形作りも佳境に入ってまいりました。まだこんなんです。

IMG_1385.jpg

結構ガチガチです。相変わらずボディパネルの廃材を利用しています。材料代ゼロ円!

IMG_1386.jpg

アオリ部分の補強を入れます。最終的には荷台とフラットにしたいんですけどね。

IMG_1392.jpg

そもそも、アオリとして出来てた部品じゃないので、フレームが必要なんです。

IMG_1393.jpg

ロック機構がつぶれた時のことも考えて、作っています。

IMG_1394.jpg

あと非常に悩ましいのは、開いた時のアオリをどうやって水平に固定するかです。
鎖で吊るというのがスタンダードなんですが芸がないなぁ、とここまでくると妙にこだわってしまいます。
デザイン上、90度以上アオリが動くということがどれだけ難易度を上げているか、凡人にはわかるまい(わからなくてもいい)

てなわけでー

里親募集します

2017. . 03
急募です。
うちのお客様が猫を保護されてます(現況、確捕はしていません)
どうやら、元飼い猫か捨て猫、迷い猫の可能性もありますが首輪はありません。
このまま野良で過ごさせるのは忍びないという事で、ヘルムもご協力させていただくという事でお声を掛けさせていただきました。

(以下、保護者からのコメントと写真です)

DSC_6272.jpg

雌のキジトラです。避妊手術済みで耳カット入りです。
なので、年齢は少なくとも2歳かそれ以上にはなっているかと思います。
未保護の野良猫ですが、とても人慣れしていて、腋を持って抱き上げてもおとなしくしています。リラックスしていれば肉球OKです。

IMG_2227.jpg


ブラシをかけてやるとごろごろいうほど人に懐いています。
今のところ、地域猫、というほど世話をされている様子もないです。 

DSC_6544.jpg

画像のとおり、左に大きな耳カットが入っています。
とても人慣れしており、これまでのところ爪を出したことはありません。甘噛みの加減もかなりの達人です。

IMG_2150.jpg

ただ、他の猫は苦手なようで、近くに別の野良が来たりすると、とても警戒したり唸ったりしています。

IMG_2181.jpg


こんな感じの猫ですが、もしも家に住まわせてやってもよいと関心をもたれる方がいれば、よろしくお願いします。
もし引き取っていただける予定になれば、一度獣医に連れていこうかとも思います。

DSC_6245.jpg

(以上、保護者の方からのコメントです)

ご興味がおありの方、おられましたら私までご連絡をください。
また、動物ですので、相性もまたあるかと思います。実際に当該の猫と対面されても、家で飼えるかどうかは確約できるものではありません。そのあたりご承知ください。

ゴルフ地獄

2017. . 02
ゴルフをやりすぎて身を持ち崩し、家庭崩壊させた故人が往く先のことを「ゴルフ地獄」といい、延々とホールのない2万ヨージャナ四方のティーグラウンドを廻り続け、クラブで打ち続けなければいけないという無間地獄の一つとされる。

というのは嘘ですが、それに近い地獄というのは修理の世界にもあります。

IMG_1205.jpg

ゴルフ2です。水冷です。
まず始まりは、リザーバータンクの水が吹いたところから始まります。
リザーバーのキャップの劣化だろうと(欧州車はラジエターキャップの役割をしてるんです)キャップ交換。
点検のため、水温を見つつ、エンジンをかける。聞きが悪いというクーラーも点検してると、クーラーホースが破れてガス噴出。オゾン層を破壊しました。

IMG_1204.jpg

まあね、おおかた30年もののホースですからね・・・・・・って、部品、ないよな!
という訳で、ダメになったホースを元に作り直すことに。

IMG_1370.jpg

さあ、お盆を挟んだため、大幅に作業が遅れました。部品も来ないしね。

で、出来上がったホースをつけてゆきます。無事つきました。これで完成じゃいー!

と、おもったら。

IMG_1381.jpg

ガス圧がぐんぐん上がる。やばい、破裂する。
と思ってエンジン停止。見れば水温が異常にあがってるじゃないですか。なにこれ。
圧力スイッチ壊れてファン回らなくなったか?
水冷車には、ラジエーターが付いてるんですが、ラジエーターの前にはコンデンサーというクーラーのガスを冷やす部品があります。これの冷却は走行風と、電動ファンによって行われるのですが、どうやらファンが回っていない。

このファンの動作はいろんな要素が絡んでます。

IMG_1388.jpg

そういう時は地道に配線をたどって電気の流れを見るしかありません。
マニュアルでもあればいいんですが、ないときは、こうやって書きます。
一生懸命やってこのクオリティです。

これをやることで、ある程度不良部品を絞り込めます。
容疑者を確保して自供を促すようなものですね。

ま、たまに誤認逮捕もあります。

そんなわけで、まだ終わらないゴルフ地獄でした。
 HOME