巌流島の決闘

2017. . 13
IMG_0455.jpg

一時退避しております。とりあえずエンジン積んじまおうかと。

なんか平和すぎてネタにならんよなぁ。

という訳で、今日は何の日を探してみますと、旧暦の4月13日が、宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘した日、とされておるようです。
ま、誰でも知ってる巌流島の決闘ですが、一部では『決闘の日』とされているそうです。

この巌流島ですが、もともと決闘までは舟島(現・山口県下関の無人島)と呼ばれておったそうで、巌流島となったのは佐々木小次郎が没してからだそうです。
というのも巌流島の巌流というのは、佐々木小次郎の起こした流派の名前であるとのこと。

ちなみに、決闘の時期が1612年という事で史実に合わせてみれば、当時宮本武蔵は20代、佐々木小次郎は60歳近かったも70を超えていたともと言われており、我々が思い浮かべる決闘のイメージは少し違うようなことになります。
当時の寿命を加味すれば、今の感覚で言うと30歳代の脂の乗り切った男が、棺桶に片足突っ込んだ老人とやりあったという感じで、かなり微妙な絵面になってまいります。

また、小次郎が一人だったのに対し、武蔵は弟子を加勢させたという話もあったりして、ますます怪しい話になります。

で、武蔵が著したと言われている『五輪書』ですが、オリジナルは焼失したらしく写本しかないそうですが、この巌流島での決闘に関しては、何の記述もないそうで、武蔵自身がかの決闘を恥だと思ったか、どうでもよいほど軽いものだった(要するに小次郎は相手にされてなかった)という風にもとれてしまいます。

宮本武蔵の話では、ハイライトのような巌流島の決闘ですが、我々のイメージはのちの伝記や演劇などによる創作の影響が強く、勝った方、つまり武蔵側が「正義」としなければお話にならないため、小次郎は『悪者』か『嫌な奴』に書かれることが多かったというのは、勝てば官軍という、もう仕方のない話です。

ま、私は舟島が、決闘後に地元の漁師たちから巌流島と呼ばれるようになったという事実だけでも、おそらく小次郎に『義』はあっただろうなと。でなければ勝った武蔵に関する名が冠されていてもおかしくないわけです。

ま、単に敗者を弔うという心意気がそうさせた可能性もありますが、いずれにしても武芸者として名を遺したことには変わりなく、命を賭した価値はあったかと、まあそんな風には思います。


スポンサーサイト

400まんえん!

2017. . 12
バイクの車検ラインってのは車と別にあります。

でね、バイクってのは自立しないから、人が支えてなきゃならんわけで、ラインを通過するときも受験者がジタバタしながら各項目の検査をこなすわけです。ここで足のつかないシート高の高いバイクなんかになると(ま、私はめったにありませんが!)地獄を見ます。

IMG_0444.jpg

そんな検査ラインの入り口にふと見慣れない注意書きが。

IMG_0445.jpg

しばしば、検査ライン内で事故というのはあります。ま、ブレーキと間違ってアクセル踏むとかそういうの、不特定多数の人々が受験しに来ますからあるんですよ。で、よくあるパターンが、ヘッドライトの光軸を見るためのテスター、通称『ヘッドライトテスター』なんです。 

「へぇ、あのオートテスターって400万もするんかぁ」と思ってましたら。

IMG_0446.jpg

オートじゃなくなってる。
手動テスターじゃん。

誰か突っ込んだんだなぁ。400万円に。

IMG_0451.jpg

しかしまぁ、特にバイクの車検ってのは、あまりにも無駄だなとおもうことしばしば。
今後バイクの総数も減ってゆくことを考えれば、車検制度なんか無くしてもいいと思うんですけどね。
そもそも、排気量で線を引いて原付から250ccまでは車検制度がないとか言う時点でスゲーおかしいし、バイクという乗り物は操縦者の技量如何で挙動が大きく変わるので、バイクがダメだとかいう理由で事故につながるケースは少ない。それは老人が調子のよい車で、アクセルとブレーキ踏み間違えてコンビニに突っ込むことを考えればわかることかと。

いずれにしても、不完全なバイクなど恐ろしくて乗れません(これは乗ったことない人だと分かんないかもしれません)

ま、それはいいとして

帰りに寄った牛丼屋の、牛みたいなアルバイトのおばちゃん。牛丼の匂いをかき消すほどのワキガは勘弁してほしいです。マジ一瞬、牛丼がワキガの臭いがした。トラウマ級。

400円にも満たない牛丼を食う客はその程度の扱いなのですな。

花に嵐

2017. . 11
IMG_0431.jpg

さすがに三日も雨続きだとネタも流れるわ。

仕方ないから、サクラの話でもしようか。

「サクラ」って言葉あります。偽客と書きます(もちろん当て字)
公演主催者や販売店に雇われて客の中に紛れ込み、特定の場面や公演全体を盛り上げたり、商品の売れ行きが良い雰囲気を作り出したりする者を指す隠語。(Wikより引用)

ご存知の通り、客寄せ、盛り上げ役なんですが、花の桜ととも無関係ではないようで、『桜のようにパッと咲いて盛り上げて、さっと散る』みたいなところから来てるというのが一説。諸説あるようですが、なんかこれが一番しっくりきます。

いわゆるサクラの具体例としては、各種の興行系の観客席はもちろん、出会い系の女性なりすましとか、パチンコ屋でフィーバーしまくる人とか、新発売商品の行列とか、まあ人が集まったり、景気が良い様子を見るとついぞそこに追随したくなるのは人間心理というものでありましょう。

もちろんサクラに従事した人というのは、運営側や興行主、販売店が時給や現物で雇っているのですが、この手法というのがあながち効果が高いものだから、相変わらずそこここで行われています。

一応、こういった誘導を企図すると、消費者の商品価値判断を惑わした、という詐欺の一種になるそうです。

そこんとこはなんだか微妙だなぁと、行く先で偶然出会う行列にはけして並ばない私なんかは思います。

しかしながら、演劇や、イベント、お笑いなんかのシーンでは、このサクラって人々は舞台装置の一つとして機能して、より場を楽しむ効果を上げてるんですな。例えばお笑いが一番わかりやすいんですが、「ここ笑うところですよ」というのを先んじて笑い示してくれる。一般の観客は安心して笑える。要するに一人だけ笑って浮くのが怖いんですね。拍手もそうです。

テレビ番組になるとより露骨なんですが、スタジオ観覧客の声というのも実のところ、事前に録音したモノを編集して要所要所でいれたりしてます。最近の不用意に多い画面下部に表示されるテロップも、一種のサクラといえましょう。

場に酔わされるってのはいつの世界、時代でもあることですが、本当はこれ一番怖いことなんです。

一つ小集団のきっかけが始まりで、無関係な人々がそこに集まって、世界が変わった、なんてことはいくらでもあります。
その母集団に入ってしまえば、「そう思わざるを得なくなる」んです。
新製品が『品薄状態』だといえば、購入予約や問い合わせが殺到する。購入するつもりなどなかった人までもがそこに群がる。

酔わせるようにパッと咲き誇り、夢のようにサッと散り、後に訪れる者なし。

――花に嵐のたとえもあるさ、サヨナラだけが人生だ――

っていい言葉がありますが、桜の木は毎年そう思ってるんでしょうなぁ。


サクラは咲いた

2017. . 07
さあ、みんな。

桜が咲いたぞ。明日は花見だな!
だけど、雨だな!

いい花見になるといいな!

IMG_0417.jpg

などと、怨嗟の声を轟かせようと、明日晴れたりするんだぜ?
明日だけでなく明後日も結構いい天気だったりしてよぉ、みんな花見を楽しんだりするんだぜ?

世間のレジャー的休日に恨み言を並べるのが、私のお家芸みたいになってますが、いや、ちらちらとそういう風景を仕事中に垣間見るのも割と好きなんですよ。

世は太平、民草が無邪気に楽しんでおるなぁ、って。

古いものを愛でる

2017. . 05
IMG_0410.jpg

地味ーな作業ですが、バンパーステイの塗装です。

あまり目立たないようで目立つ部品です。逆にいうとここが綺麗だと意外と車全体がよく見えたりする。 んですが、まめな人はご自分でスプレーなどで自家塗装やられたりもするので、あえてあまりこちらから提案することもなかったりします。
取り外す一連の作業と、錆を落として塗装面を整えるのが最も手間ですが。

古いものというのはあちこち錆やらヤレやらと出てきます。そりゃあ仕方がないんですが、こうして一部分づつでもゆっくり直してゆくというのも、古いものと付き合う楽しみであったりはします。

今週はここを塗ろうとか、ここの錆を落とそうとか、そんな風にして365日を過ごせば、車はどんどんと良くなってゆくことでしょう。一気にやろうとすると手間もお金もかかる。だからダメになった部分を一つずつ替えてゆく、というスローな付き合い方も、こういった車を乗る心構えとしてはまたよろしいかと。

恋愛が困難であればあるほど激しく燃え上がると、よく言いますが、ここんところも古い車とのおつきあいはよく似ています。
困難で手間がかかるから別れる、という選択肢も無きにしも非ずですが、その困難を乗り越えても付き合いたいと思える相手と出会えた人は果報者といえるでしょう。

無論それでズブズブに型にハメられて抜け出せなくなって、人生台無しにしてしまう事もあることはありますが、ま、そこは私のような結婚相談所がおりますから、ぜひご利用いただきたいと。

ほら、よく言うじゃないですか。

結婚したらモザイク画像を薄目開けて凝視するように相手を見ろって。なんとなーくいいものに見えるでしょ?

 HOME