FC2ブログ

ベンツが欲しい

2020. . 28
この世の終わりが来たかと思うほどの腰痛に苛まれ、歩くこともままならなかったのですが、例によりセルフメディケーションして一日でほぼ回復した。

酷い腰痛の時って、上半身と下半身が生き別れになるような錯覚を覚えるものですが、じゃあ実際のところ、上半身として生きるか、下半身として生きるかって選択肢を問われると、私的には肩こりとか、頭痛とか、そもそも考えることすらめんどくさいので、圧倒的に下半身として生きていきたい所存であります。気持ちいのは下半身ですし。

それはともかくとして、なんでいきなり腰痛になったのかはよく判らない。寄る年波には勝てずということなのか。
まあ、人体も機械だから、壊れもするし、修理不能になったら廃棄されるわけですから、それはそれで仕方のないことだと、エコキュートに悪態つきながらも、渋々この原発社会を支える善良なる世界市民としての自覚を改めたわけです。

てんちょのあやしいはなし


今月というのはどの業界もすっかり景気落ち込みシュン太郎で、もはや売り上げなんてないぜ! 的なお店もあることでしょう。
まだ自殺者は出ていないようですが、そんな折に定額給付のお話が出て参りましたが、未だに決定していないというアホンダラな状況で、最悪なのは特に落ち込んでいる水産畜産部門を活性化させるために「お魚券、お肉券」の発行を考えているなどと言ったものだから、そりゃあ炎上するだろう。

このボケさ。万死に値する。

そうそう、その自殺って話で思い出したけど、どっかのお笑い芸人が、政府の対応の遅さで自営業が逼迫して、店主が首吊ったら政府が殺したってことになりますよねぇ! みたいに非常に強い口調で言っている奴がいたけど、んな訳ねーだろ。
自分で自分を殺す奴が悪いに決まっているじゃないか。そんなこともわからんのか。

というか最近は、お笑い芸人だろうがえらく生真面目で攻撃的なコメントする奴が増えたよな、と思うのだけど、そういうこと言いたいなら評論家か研究者か総会屋か右翼にでもなれば良いんじゃネェの? と思います。

どうして本職がお笑い芸人なのに、面白おかしく批判をし、冗談めかした問題提起をし、ふざけ半分でコメントしつつも、最後にキリッと鋭いオチで人々をはっとさせ、楽しませることが出来ないのか。 ま、そりゃね、お笑い芸人とそうでないタレントを分け隔てるのも難しいかもしれませんけど、普段あなた方がやってるバカや、所属している業界に比べたら、あなたの批判対象ってのは割に常識人だと思いますよ。

脱線しましたが、世間の声としては「同情するなら金をくれ」じゃないですが、お魚券もお肉券も、期間限定商品券もいりません、とりあえず現金ください! とまるで乞食並みの要求をしておられますが、私としても全く同意します。

政府が金を配ろうとしているのは、金を使わせ、経済回して経済破綻が起きないようにという、社会維持のための施策なのですが、国民からすると求めているのはそこではないというのがありありと見受けられます。

そもそもお魚券お肉券をもらって、じゃあ高級マグロ食いに行こう、松阪牛をたべようぞ! などと誰が思いますか。
この閉塞した環境下で、しかも首都はそろそろ閉鎖の流れになっているというのに、不要不急の外出を自粛しろといったのはどこの誰か。

期間限定の商品券にしなければ、皆が貯蓄に回してしまう、それでは経済は回らない。

おっしゃることはごもっともだけど、商品券にして配るまでに一体どれだけの時間とお金がかかるのか、そこをよく考えて欲しいのと、店舗単位でどのように使用のルールを定めるのか、その通達に非常に手間と時間がかかる。

さらには、その使用の可否を巡る煩雑さから、自ずと市民は商品券を使いづらいとして、商品券そのものの転売行為が始まる可能性はある。仮に給付するのが10万円だとして、10万円分の商品券が9万円の現金になったとしてもその方が良いという人間はいるだろう。

私は給付金を貯蓄に回すということがそれほどダメとは思いません。

今目の前で10万円がもらえなければどうにもならないという日本人はほぼいません。むしろそういう人は給付金があったとしても受け取れる状態にはないだろうし、10万円ごときが自分の貯蓄から捻出できないような人はまずいません。
むしろ10万円ごときでは現在の状況を打開できない状況の人たちもふくめて、給付金現金10万円なんてのは国民生活にそれほど大きな影響は与えません。

というのは、日本くらい成熟した社会になると、金銭は物品の対価と考えるよりも、自分の人生におけるパッケージングの一定量の割合を埋めている物質と捉えます。つまり、自分の持つ有形無形の価値を一緒くたにして、トータルパッケージとして人生を俯瞰しているのが現代日本人といってもいいでしょう。

こういう考え方を専門でどう言うのかは知りませんけど、あるんでしょうか? ありそうですけど。

だから日本人は、漠然と「金がない」「先行きが不安だ」という言い方をする。「生きてゆけない」という言い方をする事もありますが、これは先一週間の食糧が手に入らない、という意味とはまた違います。もっと社会と繋がった一個人として落伍する事をいっています。

ですから日本人にとっての10万円の価値というのは、人生におけるトータルから見た、もしくは自身を取り巻く環境から相対的に判断した価値でしかなく、10万円で何が買えるか、どう使えるか、などと考えるのはせいぜい高校生までの子供です。

私の言っている事が全く意味が解らないとおっしゃるあなた、大丈夫、私も解っていません。

もう一度いい直します。

日本人で、今すぐ給付される10万円が必要な人は、いません。

断言しても良いです。

もしそんな人がいるなら、平時でも死にかけてるはずです。すぐに生活保護申請してください。

しかし、だからといって、給付するのは商品券ではダメなんです。

日本人にとって、お金は資源(エネルギー)なのです。

金がなければ人心は荒む。それすなわち、衣食足りて礼節を知るというそのままの意味です。
貧乏で食うに困るような地域は自ずと治安が乱れます。それはあまりに近い未来に、既に不安が見えているから。
当然そんな世界には何の保障も保証もなく、ましてや慈悲などもなく、常に食うか食われるかの非情な現実が横たわっています。
日本国内にはそんな世界はほぼないと言ってもいいでしょう。これは本当に素晴らしいことなんです。世界中探してもなかなかこんな国はありません。

ですがそんな日本人でも、この社会の中で生きてゆけないことは、それすなわち死と同然。
そのために、ある程度の金銭を持っておかなければ死ぬしかない、という自明が横たわっているから、一生懸命貯蓄をする。命を取られるからではなく、社会的に死亡することを日本人は恐れている。成熟した市民とはそういうことです。

10万円は大した金ではありませんが、日本人の心に10万円分の心の余裕が出来ます。10万円分の寛容さが生まれ、10万円分の優しさが持てるようになります。

それが、有形無形の価値をトータルで考えられるということです。(そういう考え方ができないような人もいるでしょうけど、それが良いとか悪いとか言うことではありません)

だから、現金給付は必要なんです。

心を消耗し、荒んでゆくのを抑えるために、目に見えるエネルギーである現金という共通価値を手にすることが大事なのです。
無論ですが、貯蓄する人も当然います。
ですが、10万円をもらった、という事実はその人の心からは消えませんから、おのず財布の紐は緩むものです。10万円の力なりに。人間なんてのはそういうものです。

庶民の感覚や心理を巧妙に計算して、大胆かつ繊細に人心を掌握する、それこそが政治経済ではありませぬか。
この不況下、不安と不満でストレスを抱える人を前に、まず政府として国民に対し何をすべきなのか、よくお考えになるべきではないかと。不可能なことをしろと言っているのではなく、今は損得を考える時ではない、出来ることはやれといっておるのです。なんなら現金10万円の上にお肉券とお魚券をつけて、消費税も5%とかにするくらい大盤振る舞いしたらよろしかろう。

ともあれ長々と書きましたが、私は経済学者でも社会学者でも何でもないので、先に某お笑い芸人を非難した手前、最後は車屋らしくそれになぞらえて、まとめさせてもらわねばなりますまい。

体は車、心はドライバー、金銭は燃料、人生はツーリング。
ガソリンがなきゃ車は走らないし。
走らない車を抱えていればドライバーの心は荒む。
ドライバーの運転が荒けりゃ車は傷むし壊れる。
よい運転とよい車と、燃料が必要量にあってこそツーリングは楽しめるもの。

だから、こんな時こそ、こんな時だからこそ、普段の消費社会に慣れきった自身と、そうしなければ維持できない社会を見つめて、あえて一言、自身に問いかけてみようではないですか。

―― ところであんたは、その車に乗って、どこに向かっているんだい? ―― 

と。













スポンサーサイト



ぜんぜんエコでもキュートでもないよ!

2020. . 26
IMG_8954.jpg

毎日こんなに天気が良いのに、世間の話題は暗い。
日本ってさほどに警戒感がないせいで、海外からはなんでだ? 的に見られているとか。
まあ、日本って国は、強く国民を規制しなくても、自粛するからでしょうか。

いよいよもって深刻なのは、基礎疾患のない若者でもちらほら死んだりしている現状。罹っても死なねーよ、って笑っていられないよなぁ、と。
しかし、目下それより深刻なのは、経済の方でしょう。

日本人の経済活動は輸入に頼る部分が多いため、やれ部材や部品がはいらないと生産が出来ない、品薄になる、供給できない、需要がなくなる、といった悪循環が発生してます。

で、うちの自宅のエコキュートが壊れまして。うち、オール電化なんです。
修理を頼むと、10年以上経ってるので修理できない。仮に交換するにしても納期が読めない。

ときた。

あちこち見積もり依頼だしてみたけど、なんか歯切れの悪い答が返ってくる。
そんな中で、複数社と話をすると、悪い業者もいるってのはよく見えます。
ウチの家は高台にあるので搬入に手間がかかるんですが、「ユニック必要ですね」というところと「人力であげますよ」という業者がいる。それ自体は価格にそう大きな差額は出ない。
でもある業者に、ユニック必要かも、と口頭で伝えたら「ユニック使うなら、30万かかりますね!」とおっしゃる。

聞き間違いか、と思ったので、もう一回訊いてみたのだけど、30万だった。それプラス設置費用と商品代金。100万は降らんな。
ここ、「正直」を売りにしている(とデカデカとHPに書いている)エコキュートの激安販売店で、欺しなしの正直価格ですよ! と高らかに謳っていて、その屋号もそのままで正直ダセぇけど、正直ならちょっと印象良いかもって思っていたんですが、「正直にぼったくる」んだな、と。正直この時代にそんな判りやすいぼったくり方してて、正直私のようなブロガーに書かれるとは、正直思わないんでしょうか?

あとは「奥様はなんておっしゃってますか?」とか「3月一杯まではこの価格」とか、「在庫なくなるかも」(これは深刻だけど)とか、「他の激安業者は悪い噂がホニャララ・・・」

とまあ、妻にせっつかれてるだろう? とか、You、早く決めちまえYO! とか、うちは他と違ってここまでやるぜ、的アピールとか(普通に交換するものをあえて強調) と、いらぬお節介というか、いらぬ心配はして頂かなくて良いですし、とにかく契約を急かすので、それだけで「ないなー」と。

そんなわけで、しばし自宅はお湯なし生活です。
そして風呂は銭湯通いです。

不便だ。
そして、国内のエコキュート在庫が品薄で高騰したら、どうしよう。

私はここに来てようやく、関西電力に欺されていたんだなぁ、と思う次第。だって10年しか保たない装置が総額50万円は降らん上に、オール電化している限り、その家に住み続ける限り、買い直し続けなければいけないという無限消費のループ。死ぬまで何台エコキュート買わなけりゃいけないのだろうか?

そもそも、修理できないとかおかしいし。今だって構造なんて全然変わってないにもかかわらず、メーカーは補修部品がないとか言ってる。
あんな単純なもの修理できないわけがない。意図的に買い換えさせるための方便に過ぎない。

と、少し愚痴です。価格も資源もエコでもキュートでもない。

IMG_8926_20200326214851f41.jpg

越冬していた蜂を保護して三週間。
ついにこの陽気で目覚めて、ふたたび春の青空に飛び立ってゆかれました。

越冬した蜂ってこの一年どうするんでしょうか? 詳しい人、いたら教えて下さい。












Super Es X 2020R

2020. . 22
すーぱーえすえっくす、と読みます。

元は普通の、スズキ SX200R だったんですけど、もはや原型解らないので、ドイツ語で「それ」を表すESをあて、試作機である旨のXをあてて、2020年式で SuperEsX2020R。

Rはなんだと? 令和の頭文字に決まっているじゃろう。

というわけで、仕事もしないでバイクを触る。

IMG_8933.jpg

さてこの画像何が変わったのか!

IMG_8896.jpg

アンダーガードを付けた。
オイルクーラー保護も兼ねて、かなり大きめのスキッドプレートともいうアルミ製のガード。

IMG_8897.jpg

これにより、無理に取り回していたオイルホースを自然な状態に。

IMG_8898.jpg

おまけに付いてきた部材で、オイルクーラーの取り出し口もついでにガード。

変な形してますけど、これどうもはスクバーナー用らしくて、見切りで購入、ばっちり装着できたので満足しました。
見た目、機能的にも最高の収まり感。
そしてそれに気をよくして、イグニッションコイルも変えた。

IMG_8914.jpg

ノーマルの五倍くらいデカい。なんか汎用品らしいから仕方ないけど。取り付けに苦労する。これ普通にDIYじゃつかんよ。
私は加工とかなれてるから良いけど、最近安くで売ってるものって汎用品がすごく多いなって気がします。そのぶん、金使わず頭使うって感じなんでしょうけど。

IMG_8915.jpg

で、どうなのかっていうと、始動性よくなりました。トルクが太くなったような気がする。キャブはチョイ濃かったのだけど燃やしきっているのか、結果的にジェッティング詰めなくて済んだ。

IMG_8938.jpg

お山で一人、コーヒー。

IMG_8937.jpg

こんな所を走ったり。

IMG_8939.jpg

こんな所に遭遇したり。

山を走るのは楽しいですね。

というわけで、とりあえず思いつく限りのやることやって、林道専用車の完成。
人から見ると訳分からんパーツの組み合わせで、なんじゃこりゃ? なバイクになってますが、実際に走って使って、考えて出来上がった形というのはなんとも美しい。これぞ機能美というか。

ま、いいや。

仕事すっぞー


100日後に儲かるナニ

2020. . 22
春ですね。

IMG_8891.jpg

ええとついつい先日まで知らなかったんだけど、きくちゆうきって人がSNS上であげてた「100日後に死ぬワニ」って四コマ漫画がありまして、リアルに毎日更新、(12月12日~3月20日)100日間続けるという企画。(実際は毎日ではないのかな?)
これが題名のインパクトもあり、数日でバズって、先日ついに100日を達成したんですが、私も一応全部読みました。あくまで物語として、「100日後に死ぬって言っているんだから、絶対死ななきゃいかんだろ」、って思いながらでしたけど。

100日目、あ、ふ~ん・・・・・・そうなん、だ。

IMG_8908.jpg

漫画自体は何の変哲もなく、面白くない。我々庶民の人生くらい面白くない。
ただ、読んでいる人は「100日後に何が起きるのか」という不安とか期待に胸を膨らませて読み進める。
中にはワニに共感して、死んで欲しくない! って心から思った人もいるんじゃないだろうか。あるいは、こんだけ引っ張ってるんだからどんなオチがあるのか見てやろうじゃないか、って意地悪な読者もいただろう。

オチをいうと、死にます。

しかも、特に何の変哲もない死に方。

IMG_8909.jpg

私も、この作品のことはほんの一昨昨日にお客さんから教えてもらったんです。18日に。つまり現作品の中では98日目。

100日間の四コマ漫画。何の変哲もない生活を送ってきたワニに死は、予告通り訪れる。しかしその死さえもけして特別なものではない、他人から見てみればただの風景くらいに収まってしまう程ささやかで密やかな死だ。

この作品を読み終えると色々と思うところはあると思う。
けしてメッセージ性の強い作品ではない。
読んだ人が、感じる、作品だ。

と、

おもってた。

その後・・・・・・関連サイトを覗くと、4月頭に書籍化、その後映画化という発表があり、4月後半には展覧会が開催、グッズまで売り出される始末。これ、完結と同時にですよ。
確かに10日目くらいでバズって、テレビなんかでも話題にはなったそうです。100日っていうと3ヶ月ちょいですから、そのくらいあれば企画も固まるけど、まさか結末知らないで企画すすめてたわけじゃないよなー、と。

ここまで素早く金儲けの話が食い込んでくると、さすがに冷める。

いや、これ、最初から、100日前から企画してたステマじゃねぇのか、ってのがネット民のおおよその感想。
やり方があからさますぎて、そして各種のコラボの連携がよすぎる。「100日後に炎上するワニ」って名言垂れてる人もいた。
だって、皆が結末知るのは昨日か一昨日くらいなんだよ。

普通に考えたら、そこまではどんな結末やオチがあるかは知らないのだから、企画も立てようがないはずなんです。

ってことは、もうかなり最初の段階かで、商売の話はあったはずで、企画の話も、ストーリーの展開も決定していたはず。それを作者は公言しないで、純朴に、素朴に、無言でXデーまでを書き綴っているフリを続けていた。

もっと最悪なのは、このSNSで漫画を描くというの自体がマーケティングの一部で、最初から企図されていた商売だったとしても不思議に思えない、むしろ自然に感じてしまえることだ。読者は人工的な社会現象に、まんまと丸め込まれたのではないか。

というのは私だけでなく誰もが感じる感想なようで、実際に記事のコメント欄は非難で埋め尽くされている。

人気の或作品にやっかみはつきものだけど、これは根本的に違う。

なんでここまで言われるのかっていうと、

これは、物語への冒涜であり、人の死を利用した金儲けだからだろう。そのように多くの人が感じてしまうやり方だからだと思う。

漫画を描いてるだけならそれでよかったのに、最後の最後で舌を出し、尻尾を出した。

悪魔が。

というわけで作者はどう考えてるのか知らないけど、最低な作品になってしまったよね。

ざんねん。

胸いっぱいのプライド

2020. . 17
IMG_8893.jpg

今日初めて気づきました。この歳になってもそういうことあるんですね。

これ、67のビートルなんですが、リアリッドはコンバーチブルのものがついています。大変貴重なリッドなんですが。
よく見てください。

左右、非対称です・・・・・・

き、きもちわるい。

ズレ方が微妙すぎて、気持ち悪い。

IMG_8894.jpg

左はこう

IMG_8895.jpg

右はこう

ううん・・・左右対称には出来なかったのだろうか。

ちなみにこれよりあとの高年式のスリット付きのリアリッドは左右対称です。 たぶん。

で、左右対称でないといえば、皆の大好きなオッパイですが、人間利き手や利き足があるので、オッパイにも利き乳があるわけでして、それはえてしてパートナーの利き手如何で変化するのかな、とそのようにも考えるわけですが。

今日のお話は、「その胸の内のプライドはオッパイかもしれない」、という話です。
まるで唄のタイトルのように美しい文脈ではないでしょうか。

いやすみません。下ネタじゃないんです。

昨日ふと思いついたんです。温泉はいってて。

オッパイって膨らんだりしぼんだりするじゃないですか。
でも、そういう変化があっても、骨格は変わらないし、生死にも関わらない。
でもあると、とっても自信がつくというか、誇らしい。(ですよね?)
大きすぎると厄介ですが、それなりにあるとほどよい感じで尊厳が保たれるというか。

いやすみませんすみません!

まあ、オッパイでなくとも、男の筋肉とかでも同じなんですけどね。胸板モリモリとか二の腕ムキムキとか、腹筋バキバキとか、そういうのあると、男でもそれなりに自信ついたりします。無意味に、根拠なく。

でも、男の筋肉って、基本的には使うためにあるんですよね。使ってたら勝手についたってのがだいたい普通。
ビルドしている人以外は、仕事や趣味における最適解な肉体が出来上がっているはずです。
ところが女性のおっぱいはそうはいかないのですよね。

使っていたら大きくなるとか言う人もいますが、実際使うっていっても、どの用途がもっとも正しいのかよく判りません。
そして、よいオッパイとは何かと問われても、やはり私たちはその最適解を導き出せないのですね。

皆さんが大なり小なり持っているプライドというもの。主にそれは人に誇示するものであることが多いですが、しばしば内省の根拠になったりもします。相対的であり、根源的であるともいえる。
プライドを盾に憤り諍う事もあると思います。
ですがそれはどこか、互いに向き合いながら、オッパイを手で隠し合っている姿に重なります。

何を言っているのか。

諸君。

つまりだ。

オッパイなどといってみても、所詮は胸である。

互いにそれを認め合ったとき、もはやそれを特別視に値しないものとなるだろう。
そして誇示するものなどではないと感じるだろう。

「僕にだってプライドはある!」
「俺のプライドを取り戻す!」
「あの人プライド高いからね」
「それが私のプライド」

プライドを全部オッパイに言い換えたら大したことないぞ!

頑張ろう日本!
明日から本気出す。










 HOME