FC2ブログ

ワーゲン屋はどうなった

2019. . 08
IMG_8055.jpg

山はいい。
私は決まって、休みになると山に入る。

IMG_8058.jpg

山はいい。
清涼な空気と、柔らかな木漏れ日。
鮮やかな植物の彩りに目を奪われ、まるでそこにいるだけで、心が洗われるかのようだ。

IMG_8060.jpg

山はいい。
ふと道端にこんなものを発見することもある。
今夜のおかずにどうだろうか。

IMG_8066.jpg

山はいい。
山はその神のごとき懐の深さによって、私を敬虔な気持ちに導いてくれるのである。

IMG_8072.jpg

山はいい。
私が山にゆくのは、もはや神のお導きではあるまいかと、そう錯覚せざるを得ない。

そう、おかげで、いつまで経っても手首が治らないのだ。

おお、神よ。

いつまでこの私に試練を与え給うのですか!
スポンサーサイト



月曜淋道

2019. . 29
バイクネタ続きで申し訳ない。

月曜日、天気が悪ければ色々やりたいことがあるんだけど、なまじ良いとね。走らなあかんだろう、と。
珍しいことにツーリングにも誘われたのだけど、あいにくハーレーもビューエルも車検が切れていて、唯一稼働している私のSXではせいぜい80キロくらいしか出ないので、大型バイクには随伴できません。

ので、一人淋道ツーリング。 ちょっといって帰ってくるつもりだったんすよ。三時間くらいで。

IMG_7985.jpg

NEW装備に黄色いアクセントの新生SX。心なしか走りも軽快。

IMG_7987.jpg

かなり久しぶりに訪れた頂上展望場。大した物は見えません。

IMG_7988.jpg

先日からの雨続きで、ぬたぬたドロドロ。マディは心が躍ります。

IMG_7989.jpg

ついぞ亀岡まで来てしまいました。気づけば昼過ぎ。
そんな泥足でオシャレなカフェーに入る訳にはいかないので、牛丼屋へ。牛みたいなおばちゃんの店員がいました。

IMG_7990.jpg

せっかく亀岡まで来たのだから、新ルートの開拓に。保津川沿いの知られざる林道、トロッコ列車と併走してます。

IMG_7991.jpg

(京都)府道401号。ご覧の通りダートです。全線中の一部ではありますが、ここは林道を楽しむというよりのんびり川を眺めながら走るのが良いかと。

IMG_7992.jpg

秋晴れに映える景勝地であります。なんかトレッキングしてる外人がめちゃ多かった。保津峡も国際化してるんやね。

そこからさらにすすむと、

IMG_7995.jpg

高雄にでました。ちょうど高雄パークウェイの嵐山方面入口のすぐ近くです。
この近くに林道あったはずと、探索。

IMG_7996.jpg

ざんねん。
倒木に阻まれました。今回は軽装だったので開拓グッズを一切持ってきていませんでした。というかなんかホーム以外の場所は開拓するのは気が引けます。

IMG_7997.jpg

しかたないので周辺探索。ここどこ状態。埋まったあとの砂防ダムなのか、特に意味は無かった。

日が沈むまでに帰るつもりだったのだけど、さすがに、つるべ落としの秋の暮れというように、六時前から日が山陰に隠れてほの暗くなってきた。
ここは近道といきましょう、と通行止めの看板を無視して進入。通行止めっていっても、大抵は通れたりするもんですよと。

IMG_7999.jpg

あー。

IMG_8002.jpg

ダメだー。

つーか、ここ民家あるけど住んでるのかな?

IMG_8001.jpg

なんか帰りくらいから、アクセルが異様に重くなって、ベスパみたいに自分で戻さなきゃ戻らなくなってしまい、無茶苦茶手が疲れた。しかも細かいコントロールできないしで、また手首が痛くなった。

IMG_8004.jpg

帰るのに林道通るのが近道という、我が家の立地。
久しぶりに日の落ちた林道を走りました。

たぶん50キロくらいは走った。

自宅→岩井谷線→原桧尾谷線→萩谷岡山林道→タラビコ線→6号→46号→407号→423号→国道9号→25号→401号→50号→観空寺谷線→国道9号→池谷線→6号→岩井谷線→自宅

公道も多かったですが、お近く日帰りツーリングとしてはなかなか楽しめました。

それにしても手首痛い。

今日は喋りすぎて

2019. . 26
殆ど仕事できんかった。
お客さんが来る度、作業をする、会話をする、会話が弾む、時間が過ぎる、疲れる、休む。これを本日4ターン。

で、今日はネタらしいネタが無いので、余り記事を放出します。

実は先日紹介した水道管を利用した防水ケース。

IMG_7970.jpg

バイクのフェンダー下に付けました。

エマージェンシー系の車載荷物はハンドル周りと、このフェンダー下のケースに振り分けています。

しょうもない事なんですが、なんで荷物をリアフェンダー上に置かないかといいますと、テールのラインが崩れるのが嫌なのと、車体から咄嗟に降りなければいけないシーンで、足が荷物に引っかかるのを防ぐためです。

IMG_7959.jpg

なんか、付けばいいだろ、くらいに考えていましたが、意外と、想定していた十倍くらい手間かかりました。

IMG_7960.jpg

完全防水なので、フェンダー下で水や泥を被ってもへっちゃらです。

IMG_7961.jpg

で、私のマシンはテールマフラー化してるので、排気熱でケースが溶けないようにヒートガードを取り付け。コレもまた面倒。

IMG_7969.jpg

初期から比べると随分変わったなぁ。

IMG_6712_201910262211558f7.jpg

この頃はまだリアに荷物を積んでますし、警戒感がないので装備もナメナメでした。


ナンパーツ

2019. . 22
車バイク業界には、時代と共に現れる軟派なパーツ、「ナンパーツ」があります。

ナンパーツの特長として、チープである。走りには全く影響しない。ぱっと見のみ、じっくり見てはいけない。類似品が多数であり、亜種が際限なく発生する。各社から発売されているパーツの値段が定まっていない。値段が熟れたモノほど不良品が多い。そのうち飽きてすてる。

こんなもんです。 

さて、令和時代最初を飾るバイクのナンパーツといえばコレではないでしょうか。

IMG_7927.jpg

パスタです。

沸騰したお湯で7分間ゆでて、美味しくいただきます。

パスタならそれで済んだのですが、これ、スポークスキンという商品。
だからといって、ブタの皮の酢漬けというわけではないです。食べ物から離れましょう。

バイクや自転車のスポークをオシャレに彩るナンパーツです。

IMG_7928.jpg

こんな風に、きったないスポークを包み込みます。形状はストローに割を入れたような樹脂で、ハサミでも切れるようなモノです。
チープすぎます。今まで見たナンパーツの中で最もチープです。

IMG_7929.jpg

コソコソと長さを揃えて一本ずつ挿入してゆきます。地味に時間かかって、大して面白くもない作業。
でも、最初に思いついた人賢いよなぁ。アイデアですよねぇ。

IMG_7932.jpg

フロントホイールも入れて、ちょうど72本使い切り。あまりは全く出ませんでした。
以前からたまに、ナンかスポーク太い単車が走っているなと思っていたんですが、コレだったんですね。
足回りが明るくなるとなんかファニーになりますね。

IMG_7946.jpg

ま、汚いバイクですけど。

プレイバイクっぽくていいですね。
秋の夜長、お暇な方は夜な夜なコソコソやってみてはどうでしょう。いろんな色が出てますよ。

災害復旧

2019. . 16
IMG_7900.jpg

と、いいつつ。

コレ去年の災害分です。去年の地震で、私が10年前にDIYで庭の地中に埋設した水道管が破損し、地中で水漏れを起こしてました。なのでここ一年は止水栓を止めて使用不可としていたのですが、ようやく直す気持ちになりました。

IMG_7901.jpg

地中埋設はもうリスクが高いし、今更ウッドデッキ全部剥いて施工し直すのもいやなので、古い配管は棄てて新設します。

IMG_7902.jpg

まあ誰の何の役にも立たない記事なので、真面目に読まないで欲しいのですけど、素人工事というのは何かと常に不安でございます。私は水道屋ではございませんので、過信は禁物です。

IMG_7903.jpg

くだらないことですけど、まあ自分で直すとかいうとなかなかやらないもんです。
先ほどの台風被害に遭われた方々は、そんな悠長なこと言っている訳にはいきませんよね。改めて我が身の幸運に感謝します。

 HOME