地震から一夜明け

2018. . 19
通常営業はしています。
片付けはボチボチしていきますので、進入禁止箇所ありますが、仕事は遅れないようにしたいと思います。

昨日はドーンっていう突き上げで強制起床。ウチの家はほとんど何もなっていなかったので、すぐにヘルムへ。
バイクこけてるかもなぁ、とか思ってたら案の定、ドアを開けて飛び込んできた風景です。

IMG_3654.jpg

見たときは最悪やと思いましたが、起こしてみれば意外なことに、グリップのエンド部分で耐えてたり、となりの車両と絶妙な感じでバランスとっていたり、他の物に寄りかかっていたりとで、不思議なほど損傷がなかったです。

IMG_3656.jpg

そして右を見て焦る。
ウオー木材が! 見た目のインパクトでかいですが、隣の棚に寄りかかっているだけで問題なし。
ウチは物が多いので、何かと引っかかるんですね。

IMG_3658.jpg

ぐるりと工場内を回ると・・・

IMG_3660.jpg

ガスボンベ倒れとる。転倒防止に縛っておいたんですが、切れてました。
間一髪でミゼット直撃を回避やばいやばい。

IMG_3662_20180619203524a6b.jpg

二階はすごいことになってた。
もうね、泥棒の方がまだ紳士的。

IMG_3663.jpg

IMG_3664.jpg

IMG_3705.jpg

UNOCALはざんねんながら割れました。

IMG_3704.jpg

棚に置いてたセンターラインも絶妙なバランスで耐えてた。

IMG_3665.jpg

モンキーがぁあ! とおもったけど、こちらも奇跡的に無傷。
すごい状態なんですが、破損してる物はかなり少ないように思えます(全部見てないのでわかりませんが)

外に出てみると

IMG_3668.jpg

代車の自転車が! なんとサドルで耐えてる! グッジョブ!
そう、こんな大変なときは、互いに支え合わねばならんのですよ、人と人が支え合うものなら、物と物も支え合って……

IMG_3687.jpg

は、いかーん!

IMG_3688.jpg

貴様、そんなところで寝るんじゃない!

IMG_3689.jpg

というわけで、ひどい被害はこの一台(在庫車) ですかね。板金すれば治りますけど、しょっく。


さてさて、こんな感じでして、ウチは不幸中の幸いといったところでしょうか。復帰までは時間がかかりますが致し方なし。

IMG_3669.jpg

エンジンケースは全部落ちてた。割れてなきゃいいけど、未確認。

こんな中にいたら危なかった、休日で良かったねとも言えますが、私、八時なら出勤してませんからどっちにしてもセーフです。

地震の話は今日限りにしますが、まあ、大阪の人はほんとうに100年くらい大地震に遭ってませんから、結構気が抜けてるといえば抜けてます。地震対策なんかもなおざりなところありますし、阪神、東北と二度の大震災を目の当たりにしても、喉元過ぎればなんとやらになっていたのは認めます。

ただ、今回都市圏で、影響がすごく大きいので派手に報道されていますが、実際はそれほどでもない、といってもいいです。
各ご家庭、各店舗の方は大変な被害、損害を被っているのは事実ですが、阪神淡路、東日本の規模に比べれば、極小といっていい。この震源近くの北摂地域でも、普通に生活できている人はごまんといます。私などもその一人と思ってもらってもいいです。

ここらで起きてる主な不自由は水道とガスの不通ですね。

IMG_3702.jpg

なので、スーパーの棚はこの通り。調理の必要のない食料はほぼ売り切れてます。
また、東日本の時の記憶からか、ガソリンが売り切れ状態になっているところもあったそうです。

ちなみに

IMG_3703.jpg

この二品は、非常食としては認められなかったらしいです。

年々反応も対応も素早くなっているのは感じます。行政にしても民間にしても。近いところで熊本の震災もありましたから、そういったモデルケースを共有することで、対策が効率よくなるのはいいことだと思います。

ただ、いつでもそうですが、過剰反応は避けられません。
震災が起きたと同時の報道の早さは素晴らしい。ですが、かなり限られた情報の中で繰り返し報道するものですから、おのずと大きな被害の出ている画ばかりが印象に残り、外部から見た場合、「相当ひどいことになっている」という印象を植え付けてしまいます。ですが、前述のように、街そのものの外観はさほど変化はありません。電気もつきます。なんといってもコンビニが通常稼働しています。
飲食店舗などは諸処の事情により休業しているところが多いですが、それでも皆無というほどではなく、道路も寸断されていません。食料もガソリンも、すぐ隣、もしくは山を一つ越えれば、難なく手に入ります。

私にも多くの方々から、ご心配の声を掛けてくださりましたが、ええ、もちろん大丈夫です。
こういったことは少し大げさなくらいの方がいい、のかもしれませんが、局所の報道は過剰反応に拍車を掛けますし、逆に実態が視えなくなるような気もするんですよね。テレビに映っている箇所以外にも、実はあちこちで小規模ながら塀が倒れたりしています。中には半壊レベルの家もあります。古い家屋や、お寺のような建物のやね、お墓なんかも軒並み倒れてたりします。

おそらくは、地域や個人レベルで対応していたりするんでしょうけども。中には死者を出してしまったような事故もありましたが、余震の治まっていない現在、これから徐々に被害は増えていくと思います。

けして楽観できない状況ではあるのですが、あまりセンセーショナルな映像ばかりを流すのはいかがな物か、とは思います。
同じ高槻市でも地域差は非常に大きいです。全く被害がなかった人も大勢います。私が聞く限り半分半分くらいですかね。

被災の内側にいる方、そして外側にいる方、情報の共有化はとても良いことですが、感情の共有化はしばし置いて、自分の生活に鑑みた冷静な判断と行動を心がけて欲しいと思います。限られた時間と空間の中では、ヤバいと思って何でもかんでも買い占めるのではなく、自分に必要でないモノは、必要である人のために残しておくということは、考えなければいけないのではないでしょうか。

気を許すには早いですが、そういった心がけをもちつつ、この災難を乗り切りましょう。
消防、警察、自衛隊、市職員、水道工事業者、ガス工事業者、ボランティアで動いてくださっている方々、ご苦労様です、本当に頼りになります。
私のとこは私一人でなんとかなりますから、皆様ご心配なさらず、本当に必要な方のところを手伝ってあげてください。


というわけで、長々と話しましたが、現地からの報告&感想でした。



スポンサーサイト

逃げちゃだめだ!

2018. . 06
IMG_3582.jpg

このエヴァ、すごいバランスで立つ! 素敵、何でも出来そう!

お客さんからもらいました。もらう方ももらう方だが、あげる方もあげる方だと思うぞ。
でも割と気に入ってる。

IMG_3571.jpg

さて、本日出勤前に、道路にこんな風に落木がありまして。
うわっとっと、という感じでハンドル切って避けたんですが、後続の車もみんなそういう状態で。

あぶないなぁ……とおもいつつ、いったん通り過ぎたんだけど、なんで俺どけないの? そのまま走り去ろうとしてるの? って思いました。

俺がどけてやればいいじゃんって。 ただそれだけの事じゃんって。

どうやら上の方の木が、腐って折れたのが落ちたのだとわかります。木にびっしりキノコが生えてて、キモいんだ。
よいしょって、つかんだら簡単に崩れるほど脆い。
菌に浸食された特有の匂いがすごい。

ま、それはそれで道の端によけて終わったんですけどね。


その後ですよ。
路上駐車。 私の通勤道にいつも置いてる不埒な奴がいるの。いつもそいつ一台が置いてるから、そいつの車を避けてみんなが通ってる訳。

普通にオーナーは、自分の車を道の上に放置したらみんなの迷惑になると思わんのだろうか。

ちなみに道路は割と余裕があるのですれ違いに不便があるほどではない。
気にしなければ、そのまま走っても良いけど、二台がすれ違うにはかなり気をつかうくらいの幅。

さらに言うと、その道路。
駐車禁止ではない。
原則として駐車禁止ではない路上には駐車してもかまわない。人の迷惑になっていても構わない。これほんとです。
仮にあなたの家の前に他人の車が置かれていたとしても、文句は言えないのです。

駐車禁止区域外で駐車違反になる要件は以下の通り

・交差点やその前後5メートル以内
・横断歩道やその前後5メートル以内
・自転車横断帯やその前後5メートル以内
・踏切やその前後10メートル以内
・まがりかどから5メートル以内
・安全地帯の左側やその前後10メートル以内
・バス停などの停留所から10メートル以内
・自動車用出入口から3メートル以内
・道路工事区域から5メートル以内
・消防用器具庫から5メートル以内
・消火栓から5メートル以内
・火災報知器から1メートル以内
・駐停車禁止標識
・道路の右側余地が3.5メートル未満
・歩道上駐車や右側駐車
・二重駐車
・斜め駐車
・駐停車禁止路側帯内や歩行者専用路側帯内の駐車
・路側帯設置場所で法定方法に従わない駐車
・パーキング・メーター(チケット)での指定部分・方法に従わない駐車


とまあ、めちゃくちゃ多いんですが、実質路駐はするな、ということです。(他にもあるらしい)

ただここに当てはまらない路上や、住宅地内の他人の家の前とかは警察も関与できません。取り締まれないんですよ。

でも今朝の私は正義の人なので、110番通報をしました。(消火設備の部分に抵触してましたから、違反キップ切られるはずです)

「すみませんね。雨の中申し訳ないですけど、対処していただけますか」

私は人にものを頼むときは、たとえ相手が警察でも物腰柔らかく下手に出るのです。

明日からみんながまっすぐ道を走れるように、その願いを込めて。



先日若くして逝った友人は、昔から正義感のある、気のいい奴だった。
いつでも聖人君子って訳じゃなかったろうが、それでも私は彼に人生のひとかけらを教えてもらったと思う。

私はまだまだ業が深いので、あちらの晩餐の招待状は届いてません。







太陽の塔

2018. . 30
一人で万博公園に来た。

IMG_3476.jpg

それはなぜか

IMG_3478.jpg

太陽の塔の内部を観覧するのに申し込んでたからです。
EXPO70以降、長らく内部は公開されておらず、かなり崩落していたそうですが、新たにリノベーションして、当時の様子をできる限り忠実に再現しようと、内部を整備し直したそうです。

前までは、抽選に当たった人だけ単発で公開もされてたりしたんですが、現在は、誰でも空きがあれば事前に予約して観覧できるようになっています。

IMG_3477.jpg

当時は太陽の塔の周囲に大屋根があったんですが(というか大屋根を突き破るような形で塔がたっていた)、現在は撤去されてます。私が幼稚園か小学校低学年の頃まではまだ、大屋根の一部は残っていたようなきがします。

会期中、塔は大屋根内の展示場へのアプローチとして、内部にエスカレーターが設置されており、人々は塔の内部を通路として使って移動していたそうです。左右の腕というか角というか、そこの部分に階段とエスカレーターがついており、そこから大屋根の内部に入るように作られていたそうです。

、当時大屋根は建築家の丹下健三がデザインしたのですが、これがべらぼうにでかい。トラス構造の一部は園内に保存されてますが、それ見るだけでもどれだけでかかったのか判ります。

高さ:30m幅(東西):108m長さ(南北):290m重量:約4200t、で、屋根の内部には中二階のようなスペースがあり、空中展示という広大な展示スペースが設けられていました。

それを後から来た芸術家の岡本太郎が、ぶち抜いて塔を建てようと提案してもめた、という話がわりと有名な逸話としてあるんですが、もともと塔が立つ部分はエスカレーターを設置して、大屋根内の展示施設には入れるようにするという案があったそうです。

まあ、人様が考えたものに穴を開けて、全く毛色の違うヘンテコな塔を建てるとかいったら、誰だって怒るでしょうし、さすが太郎先生とんでもないことを言い出す、というあたり、話としては面白いんですが、前述のようにエスカレーターホールのようなものが設置される予定でしたので、さほどもめたという話ではなかったそうです。

子供の時はゲージュツだとかなんだとかさっぱりわからんかったので、「へんな像」だなぁ、としか思っていませんでしたが、大人になって改めてみると「巨大な変な像』だと思います。
初めて見た人はこの像の巨大さに驚くと思います。
そしてやはり、変すぎて、思考停止します。

IMG_3479.jpg

ま、わかんなくてもいいんですよ。
圧倒されていればいい。

IMG_3481.jpg

会期後も、その後も、取り壊されるような話があったんですけどね。
でも、太郎先生が逝去なされて、そのせいか保存の方向に向きました。
私は残って良かったなぁ、って思ってます。

現在の技術でも同じものは作れるだろうけど、この形を作れる人はもういない。

園内には『EXPO’70 パビリオン』という、博覧会の記念館がありまして、当時の様子やコンセプトなど、そこでも詳しく語られていますので、興味のある方は是非観覧していただきたい。

21_2018053023284316f.jpg

当時は高度経済成長期まっただ中で、科学技術の発展もめざましく、展示内容や施設全景もステレオタイプなSFの様相を呈していたことがよく見えます。当時エキスポを経験した上の世代の人々が、必ず興奮気味に話されるのをよく聞きましたが、納得します。あの万博は完全に未来だったなぁと。

20_201805302328421b0.jpg

ただ、太陽の塔は万博のテーマであった『人類の進歩と調和』という色に彩られた会場のその中心部分にそびえ立っていました。見た目からして異物感たっぷりだったんですが、その生々しい造形は、人類がどれほど進歩しても逃れられない、そして忘れてはならない、起点であり原点、を愚直に訴えかける姿だったのではないかと。

IMG_3488.jpg

さて、このたびは大阪万博が2025年に開催される運びですが、どうも大屋根を作る構想はあるそうです。リスペクトって事なんでしょうけども。

ではでは、その屋根に穴を開けてぶち抜くような人物はいるのでしょうか。

IMG_3490.jpg

と、今回の観覧で人の原初的な欲望の衝動をくすぐられた私は、酒と肉をむさぼり食ったのです。 一人で! うるさいよ!




え? 太陽の塔の中の話じゃないのかよ、って?

そりゃあ、あんた。ご自分の目で見て確かめてきなさいよ。



ひとこと言わしてくれ

2018. . 23
IMG_3419.jpg

先日、家の裏を観てみると、順調に壁面緑化してる。(キヅタという植物だそうです)
別に意図したわけじゃないんですが、どうせなら全面覆ってくれたらかっこいい。
ま、うちの家の壁はこんなことで盛り上がっていますが、

政治の世界ではセクハラ祭り、スポーツ界では件のアメフトタックル問題がにわかに盛り上がっていますな。相撲の次もあるわけですか。正直うんざりしますね。

まあ、大方の予想どおり、選手は傷害罪で起訴される方向に行くだろうと。
そもそも、当初の行為からして、不可解なプレーが発端で、「アレは指示されたものではなかったのか、まさか!?」なんて憶測が飛び交ったばかりにこの様な長期戦にもつれ込んだわけですが、なら最初から選手(既に成人)を傷害罪で起訴すべきだったと思います。

現況、もっとも愚かな道を歩んでいるとしか思えませんけど、とにかくマスコミの格好の餌食になっているのは確かかなと。

まず、指示されたか、されてないかは別にしても、明らかにおかしなタイミングでタックルしている限り故意はあったと判断し、その上で迅速に聞き取り調査、捜査、必要なら逮捕拘束をするべきだった。その初動がなぜとれないのか、わたしはそこにスポーツである、学校間のことである、学生である、といった甘えの構造はあったのではないかと思います。
まして一部では、かの選手は「監督によるパワハラの被害者」的な側面も呈しているというのはいかがなものか。

犯罪教唆があったとしても、実行犯は処罰される。こんなのは基本であります。
なんで証拠映像がある犯罪に対して、さっさと逮捕しないのだろうかと思いましたけどね。

すまん、きつい言い方だけど、少なくとも当該の選手は、「自身の利益のために、他人を傷つけた」事は間違いない。名実ともに今の彼の状態は「自首」なのですよ。少なからず監督との間で水掛け論の泥仕合にならなくてよかったとは思いますが、それにしても、わたし疑問に思うんですよ。

スポーツの監督や指導者って、どうしてああも偉そうなんですか?
スポーツって、なんであんなに手放しで賞賛されてるんですか?
スポーツって、なぜ素晴らしいことのように教えられてるんですか?

ほとんどの人がスポーツは好きだと思います。観るのもやるのも。

だけど、相手を陥れよう、貶めようなどと考えた時点で、それは単なる悪意でしかない。
商売でも同じです。政治でも同じです。学業の面で競い合うにしても同じ、恋愛にしたってそうです。
相手を人ではなく敵としてみた時点で、既にその心にあるものは抜き身の利己欲の権化でしかない。

タックルした選手は、アメフト以前に、人としてのルールが守れなかった。成人しててもその判断能力を欠いていた、と糾弾されるのは致し方ない。
監督は、指導者以前に、大人としても、男としても、まして人としても、けして褒められる人格ではないことはうかがい知れる。今頃自己保身の鬼となって、慌てて辞任し、この危機を乗り越えようと必死なのだろうが、ここまでいくと容疑がグレーで済んでも、今後未来は真っ暗闇でしかないだろう。あれだけ証言があるのに、シラを切る、ほんとうに格好の悪い大人だと思う。

常識的な大人なら、まして教え子が責められているなら、「俺が指示した、半ば脅迫的にといわれても仕方がないほどに、普段からの指導は厳しくしていた。よって全責任は私にある」と庇う方向、あるいは問題の拡大化を防ぐ方向に向きますよ。

もちろん、監督が「そういう意味で言っていない」という意見も、あるにはあるだろうけど、なら教祖様が「ポアしてあげなさい」と指示して、殺人を繰り返した狂った集団の行為は裁かれなかったのかというと、そんなことはないのです。20年も経つと世間はどうやら忘れてしまうみたいですけどね。

是非ともこれを機会にスポーツというクローズドな世界における、狂信的側面をつまびらかにして、信者となってしまう恐れのある若者たちに、親御さん含め、大人の皆さんは警鐘を鳴らしていただきたい。
スターになりたい(なってほしい)気持ちは理解しますがね。

でなければ、我々は、スポーツを観るときに「哀れな奴隷が踊っている」、としかみなくなりますよ。




ETC技術の可能性

2018. . 16
てんちょのあやしいはなし

皆さんご存じのETC。

電子料金収受システム(英語: Electronic Toll Collection System :エレクトロニック・トール・コレクション・システム, 略称ETC)とは、高度道路交通システムのひとつ。有料道路を利用する際に料金所で停止することなく通過できるノンストップ自動料金収受システムである。(うぃきより)

遡ること、2001年の11月より利用が開始されたシステムで、導入からはや16年あまりが経過しました。
もう16年も経ってるんですね。

だからちょっといいたい。

現時点で高速道路におけるETC利用率は90パーセントを超えているそうです。車載台数は5000万台突破。
ちなみにこの車載台数ってのは、ETC車載器に登録されているデータが元になっているはずですからほぼ間違いないでしょう。

ETCに使われる技術の一つにDSRC(Dedicated Short Range Communication:専用狭域通信)という通信方式があるのですが、いわゆる無線です。なので、基本的には80キロ以上の速度でも送受信が可能であるとされてます。ETCゲートで減速をさせるのは、ノンストップ通過故、ゲートへの衝突の危険性を避けるためだといわれています。

で、導入当初は料金支払いの煩わしさや、それに付随する料金所付近の渋滞の緩和などが取り沙汰されておりまして、これで高速道路も渋滞しなくなるんじゃないかなぁーと思いきや、ぜんっぜんそんなことはございませんでしたことは、ご存じの通り。
結局渋滞するところは相変わらず変わってません。

とはいえ、とても便利になったことは否定しません。
いちいち車を停めずに、窓も開けずに、料金が支払えるってのは本当に便利です。
だから前々から私、いってたんですよ。このシステム使えば他にもいろんな事が出来るのに、と。

その一例ですが

駐車場
ガソリンスタンド
各種ドライブスルー
フェリー等乗り入れ

などなど。

このうち2018年の2月に、イオンモール幕張新都心で、駐車場のモニター試験を行ったそうです。やっとです。

私としては腰が重いよなぁと思うんですよ。そりゃあETCゲート一台設置するのに1億7千万円がかかる、とかいわれたら、なかなか導入できんのかもしれませんが、導入が高速道路に限っていたせいで、コストダウンが出来なかったんじゃないだろうかという気はします。

どうせ高速道路に設置するならETC付きのオービスとかを作れば、じゃんじゃん濡れ手に粟で金を稼げただろうなという気はします。(一定の超過速度でオービス通過した時点で、即罰金徴収という非情なシステム)なんでやらないんだろうかという気はします。

昨今、人口減少により人手不足が懸念されておりますが、その対策として「ロボットを~」とかのたまっているのを聴くと、毎度噴飯するのですが、少なくともETCシステムの有用性は実証されて、すでに十六年もの年数が経っているのに、未だに渡るだけで100円徴収するような(現金払いでおっさんがやりとりしてる)橋があるのは、どう考えても人材の無駄遣いとは思わないのだろうか。(私の住んでる地域にあります、通称100円橋。何十年にもわたって100円取り続けています。いつ原価償却するんだろうか)

また、車検時に税金の支払い云々をさせるなら、車検場のレーンそのものにETCゲートを設置して、そこから税金を取ればいいんではないかと思います。細かい制約があるのはもちろん理解しますが、車に乗っていてこんなに便利なシステムがあり、既に90パーセント以上の利用者がいるのに、未だに道を走ることだけにしか使われていない現状というのは、お役所主導で始まったシステムだからなんだろうなと。

実際に私が挙げた例は、検討はされているそうです。(ということは今日調べて知った)
でも、そういう案が出されてから十五年以上経ってます。

なんて遅いんだろうか。
ETC主導してる連中((電気通信技術審議会DSRCシステム委員会)にETCゲートをつけなければいけないのではないだろうかとおもいます。

ともあれ、先々この様なシステムを構築するには、車と車載器の同一性の完全確保、利用者と運転者の同一性の確保、あるいは免許証と運転者、ETC利用者の同一性の確保、などといった課題は残るかと思います。そういう意味では自動車メーカーはスマートキーなどの導入により、鍵を刺す必要すらない状況を生み出しているにもかかわらず、未だに車検証にQRコードが印字されてはいるが、紙媒体であるのがあまりに前時代的で、免許証も同じく、ICチップが入ったとはいえ、我々にはまるで関係がないしろものであるという、足並みのそろわなさ。

普通に民間主導でやってたら、とっくに実現してると思うんですよね。

将来的には、車検証と免許証(身分証明書は別で)をおなじカードメディアに統合して、ドライバーズカードとして、使用する車両を紐付けしてスマートキーのように扱うか、カードスロットにドライバーズカードを挿入して使うとかできると、誰がいつどこでどの車に乗っていたかの管理も容易になると思いますし、その状況で発生した支払いなどの徴収先も明確になるんじゃないかと思います。

私は、行政は自分たちの不利になるような人手不足の解消案には、ことさら消極的だと感じていますし、だから子供を産め育てと富国強兵策のようにうるさく言うのをきくと、ああ、兵隊が欲しいんだろうな、としか感じません。

少なくとも、現在100万人規模ともいわれているNEETの実体からして、げんなりするんですけどね。
それに比べると、ETCの機械って、1億7千万円しても、めっちゃ働いてるし、めっちゃ稼いでるやん、って思うんですよ。

 HOME