FC2ブログ

今日は819の日

2018. . 19
IMG_4172.jpg

今日はバイクの日ですって。
バイク乗りの皆さんは、こぞって山へ海へと出かけた事でしょう。

バイクと言えば、私も十八の頃から乗り続けてますが(というか持ち続けています)

IMG_4086.jpg

本当にまあ、よく乗り続けたなと思うんですが、足かけ20年ってとこでしょうか。
スズキ GSX1100S カタナ。
バイク屋時代は、くっそ重くて、動かすのも嫌な車体でしたが、その独特のスタイリングに、派手に出っ張った空冷4発エンジンに男心をくすぐられ、いつしか「いつかはイレブンに乗る!」と心に決め、一生乗る、くらいには考えておりました。

ある意味自分の中ではゴールの一つだったんですよね。そいつに乗ったってことは、夢を一つ叶えたようなものでして、チープですが、そんな事だけでも「自分よくやった」と褒めてやりたくなったものです。

もう一つの憧れがハーレーであり、ハーレーそのものは、私がバイクに乗りたいと思ったきっかけであり、こちらもバイク屋時代に何度か遭遇していて、くっそ重たくて、雑な作りしてて、不安定極まりなくて、憧れてたハーレーってこんなもんだったのかと落胆した覚えがあります。

ただ、今はそいつの魅力にも嵌まり、乗ってるわけですけど。

結局バイクの部門での私の夢というのは、ほぼ叶ってしまったわけでして、まあ果報者だなと。しみじみと思うわけです。まあ、ワーゲンも「いつかは乗る」っていって、結局乗ってるわけですけど。

IMG_4088.jpg

そして遂に、カタナとのお別れの日が。

もう充分乗った、といいたいのですが、実のところバイクも増え、車に乗る事が多くなり、仕事で疲れ切ってあまりに乗ってやれてない日々が続いていました。乗らないと乗り物ってダメになってしまいますから、求める人のところへ送り出すのが、せめてもの私の愛でしょうと、売却を決意したのでした。

ここに至るまで、乗らないなら売った方がいいんじゃねぇの? でもただ単に手元に金が残るだけじゃん? お前はそれでいいのか? 憧れを手放すと言う事はお前を殺す事だぞ? そういう葛藤が一年ありました。ただ、売ると決めた日から、自分の中で何か一つ終わったような気分でした。
なにかバイクの本質とは別の箇所にこだわっていた事は確かです。

IMG_4089_20180819231018050.jpg

別に忘れちまうわけじゃないんです。過去を否定するわけでもないんです。

……なんか、女性との別れの話書いているような気分になってきた。

ドナドナ~

思い出をありがとう。



スポンサーサイト

警察に! 3  The Final ~そして伝説へ~

2018. . 18
お盆休みは皆さんいかがお過ごしでしたか?

ナニ、楽しかった? ああそれはよかったですね。

私は再び 職質ウケましたよ。いや、三度です。なんすかこれ、なんなんすか!

てんちょのあやしいはなし

もう大概一度目「警察に!」と二度目「警察に! 2  Returns~奴らの足音が聞こえる~」で書いてしまいましたから、さすがに書く事ないですが、一応。

盆休みに入ってから、夜中と言うには早い十一時過ぎ、ドンキホーテに寄ったんですよ。
パーキングの入り口にパトカーがいたけど、特に気にせず滑り込む。気にする事と言えば、歩道をまたぐ時に一時停止しなかったって事ぐらいで、それも常識的に減速して入りましたから、心の中で「まさか、これでいちゃもんつけたりはせんだろう」と思ってたんですよね。

でも私が、駐車場内で、駐車場所へと向かう途中、パトカーが後ろからついてくる。

「そういやどっかの留置所から逃げた奴いたよなぁ」と一人車内で苦笑いしながら、バックから礼儀正しく挿入します。

すると、私の隣でパトカーも駐まってる。

ワンワンもドンキで大人のおもちゃを買うのだろうかと、思いつつ、最悪の想像が頭をよぎる。

ドア開け、車からおりる。
背後に警察官立ってる。
声かけてくる。

ああ、俺かぁ……。

私には……ドンキでビールを買う、という重要な使命があるため、一直線に店の入り口に向かう。
だから何があっても立ち止まらない覚悟で歩き出す。

「すみません、防犯警戒でぇ……」
「はぁ」

目も合わさないで歩く。

「免許証お持ちだと思うんですけど、見せていただけますか。あと車の中と財布の中身と……」
「免許は持ってるが見せる気にならんなぁ」

「なんでですか?」

ほらきたよ。もうそれは聞き飽きた。

「嫌だから」
「なんでいやなんですか」

その間も歩き続けます。止まったら負けです。応じません。
彼らはとりあえず私に触れる事すら出来ません。何もしていない人に対して、肩や腕をつかんで制止するという事は出来ないのです。今回は生身でいたというのもあり、本当にそうなのか試す意味でもやってみたかったんですが。

それと、今回その対応でやってみて解ったのは、彼らは店舗内には侵入できないという事です。店に入ったらそれ以上追えないらしい。駐車場内はギリセーフなのか、グレーゾーンなのか。

なので、店の入り口で振り向いて、

「ほれ、免許は見せたらんけど、これやるから」

といって、先日切られた青切符の控えの紙をさしだしてやりました。

「ほれ、受け取れ。俺の事はここに全部書いてるから、これやるわ、何よりの証明やろ?」

ま、わかってたけど警察官は受け取りませんでした。 

なので最後に捨て台詞。

「お前どこの署や? 茨木か? 俺三回目やぞ、ええ加減覚えろや! ボケぇ!」

というわけで、警察官による不当な要求には、はっきりと拒否しました。

車の中を見せて、鞄の中見せて、財布の中身を見せて、等という要求には応じる必要はありません。ありゃあ任意ですから。
別に見せたい人は見せてもいいんですけどね。
私が私として、やましい事など何もないと確信してるから、だからこそ見せる必要はない。私はそういう姿勢です。
私の言う事が信じられないのは、オタクらの勝手であり、なんでそのために私の時間を削られなければならんのだと。

彼らがやっているのは、そのあたりを歩いている女性に対して「どうやらあなたはけしからん身体をしている、我々が検分するから服を脱ぎなさい」と言っているのと同じなのである。

いや、ちがった。

「その胸のあたりの重量感と弾力性のある膨らみはなんだね? もしかしてコンポジット爆弾を隠しているんじゃないかね? 最近はテロが多いからね、服を脱いで見せてみなさい」

と言っているようなものである。 不思議な事にそういう疑いをかける警察官はいません。ものっそ常軌を逸するような巨乳だとさすがに怪しいと思わないのだろうか? 中東じゃ無垢な子供が腹に爆弾巻いたりしてるのにさぁ。


そもそも、車のナンバープレートを読めば、私の素性など全部解るはずなのだから、その場で照合すればよかろう。
その作業が瞬時に行えないのは、オタクらが縦割り社会で、横の連携を重視してこなかったためであり、種々の捜査にしてもクソみたいな建前で対応が出来ない事を、問題化してこなかったからだろうが。

民間企業が、例えば私の携帯番号を開示しない建前として、個人情報保護云々という話がありますが、じゃあどうして警察官から個人的に個人情報の開示を求められたら、開示しなきゃならんのか。その部分はクリアできんでしょう。

もう一度言いますが、私には後ろめたい事などないから、無駄な職質には付き合わないのです。

もし仮に、私が犯罪者として逃走中の人間だったとしましょう。
ならば潔く職質は受けましょう。そして罪を認めてお縄になりましょうぞ。
なぜならば、それは彼らの手柄だからです。

無意味な職質は、彼らの手柄にもならないし、私は時間の無駄をするだけ。社会のためにもならない。

そんなもの無駄です。

だから、現在逃走中の、各々方は社会のために自主的に警察に行く事をお勧めする。
だって、君らは悪い事をしたと自覚しているのだから。そして君らを捕まえれば警察官の手柄になるし、社会のためにもなる。もう、いい事ずくめではないですか。デメリットなど一つたりともない。

逃走中の犯人挙げて手柄を立てたら、警察官に金一封くらいあるかもしれんじゃないですか。
それで家族連れてデズニーランドにでも行ったら家族円満、また仕事にも意欲が出るというものです。

お互いいい歳なんだから、いい仕事しようぜ。

そういうわけで、「警察に!」三部作は完結します。たぶん。しらんけど。 よく考えたら冬、春、夏、とやられてるんだよなぁ……やっぱ秋もあると考えておいた方がいいかしら?








一人の夏

2018. . 03
IMG_4058.jpg

今日も暑かった。
人は暑いと動かなくなるものですが、うちのクーラーも暑いと動きません。なぜか送風になりやがります。

で、このくらいの時間になるとちゃんとクーラーとして働き出します。

ちょっと、イラッとするんですが、折檻してパワハラで訴えられたら困るので、我慢です。


ワーゲン屋さんに限らず、小さな車屋さんというのは割と一人でやっている事が多いです。というのは大半が経済的な事情なんですが、前にもう一人いたけどすぐ辞めた、という事情も割に聞く話でして、その後釜が来ないまま一人になって数年、数十年という商店さんも多いです。

私もここに来て20年目ですが、大半は一人で居てます。なので、写真のように、車両の灯火を確認したりする鏡面ミラーをつけたり、一人で出来るような作業方法に変えたり、工具を作ったり、と環境を整えてきました。

しかしまぁ、こうなってしまうとですね、むしろ一人の方が楽に思えてくるから不思議なモノです。

他人と意思疎通するのが面倒になる。一人でやった方が早い。 となるわけです。さらに反抗とか、失敗とかされたら面倒この上ない。
自分がもう一人居たら役に立つだろうなぁ、とは思いますけど。――――いや、あかん、殺人事件が起きる。

なので、大きな企業なんかはすごいなって思います。その上意下達のシステムと、そこに従順に組み込まれる人々の集団。そりゃあデカい事も出来ますな、と。

そんなわけでも何もないですが、クーラーですら私のいう事をきかないという、あまりにフリーダムすぎる職場。

それがヘルム。

いいのか?

出版依頼

2018. . 01
本日七月最後の日。平成最後の七月三十一日ですよ。(あ、日をまたいでしまった)
いや、別にそれに大して意味はないのだけど、この枕ネタだけであと十ヶ月は保たせられるな、とか。

本日登録の仕事で陸運支局に走って参りました。もうね、エアコン付きの軽で行きましたけど、全く効かない。いや、効いてるんでしょうけど暑すぎてあんまり涼感はない。

30.jpg

たぶん性能のいい車はもっと効くんでしょうけど。アレですね、これからの日本車はエアコンの効きってのも重要になってくるのかもしれません。カタログにエアコンのスペックが記載される日もそう遠くはないのかもしれません。

で、そんなわけでもないですが、
突然私の電話にとある男性の声で、「私、北九州から来たのですが、いつもブログを拝見しております」とのこと。

おおっ、遂に私に出版依頼が来たか! ブログの書籍化だな! 夢の印税生活ですよ!

――――と、妄想する私は、暑さでどうにかなっているのだと思います。

IMG_4045.jpg

はるばる北九州から、私のファンであるというダンディな御仁が店にいらしてくれるという事で、陸運支局の帰りにサボる予定を立てていた私は急遽店に戻ります。
いやほんと、ファンは大切にせねばいけません。わざわざ私に会うために来てくれるなんて……。

――――と、妄言はそこまでにしましょう……さすがに失礼です。

関西圏に仕事で来る用事があって、普段から私のブログを読んでいらっしゃって、一度伺ってみたかったとの事。
スーツのオーダーのお店をなさっているのだそうで、出版社の方ではなかったのですが(まだ言うか)、オーダーしたスーツを購入する、それを着る、着こなす、という事は普段の私にはまるで無縁の話であるので、興味深くお話を聞かせていただきました。

オーダースーツは特に若い世代の方の割合が増えているそうです。お洒落さんになったのでしょうか。私らが若い頃というのはそういった業界は少し雲の上という感があったのですが、近頃はイージーオーダーをはじめとして、割と身近なものになってきているようです。

それをよくよく考えてみれば、レディ・メイドに甘んじず、プレタポルテ(ブランド)を奉賛してきたその時代の先に、(オート)クチュールを選択する層が出来上がりつつあるのだとしたら、これは少し嬉しい話というか、心が豊かになってるのかもなぁ、という気がいたします。
いわば単純な他己との差別化を意識しているのかもしれませんし、個の主張の末なのかもしれませんが、自身を見つめているという点では、なんか若い世代の方々の美意識というか、こだわりというか、唯物主義に陥らないという、よい傾向なのかなと。

私たちが空冷ワーゲンという、オーナーさんにとっては特別な、世間的にも特殊と目されているような車に乗る意識、またそれらに関わる仕事の意味するところというものを、ほんの短い時間でしたが、阿吽の呼吸で疎通が出来た事は非常に、有意義な出会いであったなと感じた次第。

時代が変化している、としばしば感じます。

29.jpg

ええ。
私の月曜日はいつも、近所のカフェでのモーニングから始まります。

我が身をみつめ、自戒に浸る時間です。
今日こそ自分で配管した自宅の水道管、地中で破裂してるの直さないといけないなぁ、と。

でも、暑いし、休みの日まで作業着着たくないなぁ、と、再び止水栓をそっと締めて、クーラー効いた部屋に引きこもるのでありました。

明日から8月だぜ!


血湧き肉躍る嵐の夜

2018. . 28
なんだか嵐の前になると興奮する人っているらしいです。そわそわ落ち着かなくなって思わず外に出ちゃう人。

ま、急におじいちゃんが張り切って、屋根の修理なんてしちゃうのも、その類いかと。
というのも、まあ、おじいちゃん世代はリアルに屋根が飛んだという話もあるからなんですけどね。
古来より瓦屋根は世界中で採用されてまして、なんとあのパルテノン神殿ですら現役の時代は屋根がついていて瓦葺きだったそうな。なんか想像つきません。

が、現代でも風が吹けば瓦が飛ぶ事はありますし、このあたりでは、先日の地震の影響でブルーシートをかぶせたままのご家庭も多い現況、明けてみなけりゃもうどうしようもないですけど、大事に至らなければよいのですが。

IMG_4029.jpg

まだ今の時点では強風とも言えないほど、雨もさほど降ってませんし。
それにしても、まるで誰かが遠隔操作しているかのような台風のコースは、ちょっと不謹慎ながら笑ってしまう。台風には嫌がらせをする意思があるのだろうかと。それにしても、日本は災害の多い国ですよね。

ここのところの暑さにはさすがに参っていたので、雨は多少歓迎する向きがあったのですが、台風となるとまた先日の被災現場が心配なところです。無論、大阪の北部地域は先日の地震で地盤が緩んでいる可能性もあるので、そちらもうかうかはしておられません。

本当に今夏は、大変です。災難です。

IMG_4028.jpg

SW-1のクラッチ交換です。 なんかぬるいギア抜けみたいな症状との事、たぶんクラッチ滑りじゃないかねぇ? ということで見てみますが、湿式クラッチは滑ってようが外観的にほぼわかんないんですよねぇ。
とりあえず換えてみるところから始めるか……

IMG_4030.jpg

とりあえず今晩は、入るだけ店の中に入れて、あとは暴風でなんかが飛んでこない事を祈るのみ。

さて、帰るか


 HOME