FC2ブログ

1969 VWビートル かっこよくて速いぜ! そして激安!

2018. . 11
今回ご紹介の車両は、1969年式 ビートルでございます。

DSC_9306.jpg

現状販売車両ですが、塗装の艶も良く、ご覧の通り全体的には綺麗な車両となっています。(所々エクボ、塗装ハガレなどはありますが、そのあたりはご愛敬)
サムネイルをクリックするとでかい画像になります(1M単位)

DSC_9306_201807112101483f6.jpg DSC_9306_20180711210151885.jpg DSC_9309.jpg DSC_9311.jpg DSC_9314.jpg DSC_9317_20180711210156276.jpg DSC_9321.jpg DSC_9324_20180711210159d65.jpg

ディプレイの環境によっては黒にみえるかもしれませんが、シックな濃紺です。
年式は69年ですので、本来は12ボルトのタテ目アイロンテールですが、ボディパーツ換装で、いわゆる6Vルックとなっています。
それと共にローダウンで、非常に落ち着いた感じの車両となっています。

DSC_9317.jpg

DSC_9332.jpg DSC_9335.jpg DSC_9339.jpg DSC_9342.jpg DSC_9349.jpg DSC_9351.jpg DSC_9353.jpg DSC_9376.jpg DSC_9379.jpg DSC_9382.jpg

おそらくこのクルマが制作されたのは(今のスタイルに作り替えられたという意味)90年代くらいだったのかなぁとは思いますが、結構お金かかっています。ここまでの形になるにはまあまあ大変です。
ホイールドラムも前後とも5穴化してます。フロントリアエプロン共にパネル交換されてますし、事故痕らしいものも見受けられません。ボディはしっかり作っていると思います。

内装は賛否ありますが、Scatからリリースされていたプロカーシートのセット、天井もカーペットも綺麗です。ダッシュ周りはこの当時の流行で、メーターを並べてますが、切り取り加工をしていないので純正状態に戻す事も可能です。(長年の間にイロイロ取り付けた穴が多いですが)

純正のポップアウトウィンドウもついてます。これ、夏にあるのとないのとでは全然違います。気温にして5度は違うと言っていいでしょう(個人の感想です、ちなみに角度ではありません)

そしてこのクルマの最大の魅力は、速い!

DSC_9324.jpg

DSC_9360.jpg DSC_9363.jpg DSC_9365.jpg DSC_9370.jpg DSC_9387.jpg DSC_9391.jpg DSC_9394.jpg DSC_9400.jpg

搭載されたパワーユニットの構成からして、おそらく1835ccだと思います(すみませんここのところは開けないとはっきりしないです。 *ちなみに車検証上は1.3です) ウェーバーツインにシングルクワイエットという、スタンダードな構成ですが、前オーナー曰く、140キロは振り切ったそうです(日本のどこで出したかは知りません、もしかしたら重さの事かも知れません、なんの?)

このシックな面構えにして、獰猛なパワートレイン。 まるで外は紳士、中身は野獣のようではありますまいか。 危険です、危険を感じます。

厭っ、私そんな変態紳士とお付き合いしたくはありませんわ! ……いや、でも、ちょっと素敵かも……。 という、お嬢様にはめくるめく体験をしていただけるかと。

DSC_9397.jpg

DSC_9404.jpg DSC_9407.jpg

特筆するほどではありませんが、トランク内も綺麗に収まっています。丁寧に作られたという印象ですね。
現在もてはやされているストック状態とか、ノーマルという言葉からは縁遠い存在ですが、この様な弄られたクルマの良いところは、すべてが自分オリジナルであるという点です。

これは私の考え方でもありますが、自分の車なのだから「好きなスタイルで乗ればいい」と思います。純正だとか、オリジナルだとかいうのが悪いとは言いませんが、その言葉に縛られて楽しめないというのでは本末転倒、自分の乗るクルマを自分色に染めるというのもクルマを所有する楽しみ方の一つだと思います。

無論、そのための加工や改造に関して制約を受ける事もままありますが、特にこのあたりのクルマは規制がまだ多くかかっていない年式ですので、わりと好きに触る事が出来ます。総じて、そういった特徴から、自分だけの車を作りたい人向きの車両かと思います。もちろん気に入っていただけるならばこのままでも充分かっこいいと思います。

DSC_9492.jpg

DSC_9453.jpg DSC_9458.jpg DSC_9459.jpg DSC_9462.jpg DSC_9465.jpg DSC_9492_20180711214949c9d.jpg

車検残りは30年10月までと、残りはわずかですが、この仕様のままでももちろん車検通ります。
基本的には現状販売です。画面上でついている部品などもそのままです(キャリア、アイブロー、シルガードなど)

今回も激安でご提供しますので、今年こそビートルを買うぞ! とお考えのあなた、ぜひ候補に入れてください。
一人でも多くのワーゲンオーナーが増えてくれると嬉しい限りです。

現状販売価格:128万円 (税抜き) 車検登録諸費用は別途必要です。
 
お問い合わせは: メールフォームより(メールフォームが開かないときは→chelm@nike.eonet.ne.jp )もしくは 072-626-5453   ヘルム永沼まで。



スポンサーサイト

97年 メキシコビートル

2018. . 14
今回ご紹介の車両は、メキシコビートルです。
雰囲気のいいポップな水色で塗装しました。

DSC_8381.jpg

年式は97年ですが、よくよく考えたらもう、20年も経ってるんですね。
ドイツの奴らは40年選手ですが。

DSC_8395.jpg

外観的には高年式のドイツ産と変わりませんが、給排気系等が97年時点の規制に沿ってリファインされており、インジェクション仕様です。

DSC_8412.jpg

メキシコビートルは何かとディスられる印象がありますが、それも一長一短といいましょうか。安定したインジェクションは止まりませんし、始動不良もありません。パワーもキャブより出ます。ボディが腐るほど年数も経っていませんし、配線等の劣化もほぼありません。走る上でのトラブルの少なさはメキビーに軍配が上がると思います。

ワーゲンは40年選手あるいは古いのになると50年60年ものもありますが、それらはやはり年式相応にやれている訳でして、状態が悪いものも少なくはありません。当然ですね。

DSC_8438.jpg

そういう意味では、まだ新しいメキシコビートルは古いビートルが気にしなくてはいけないような箇所が、健全であるといえます。
どちらがカネがかかるのか、というのは愚問でして、オーナーが何処にどこまでこだわるかというような問題になってきます。

DSC_8390.jpg

幸いビートルに始まる空冷VW系はパーツが豊富です。悪い部分を変えてゆく、直してゆく、ということでどんどん良くすることは出来ます。言わずもがな、そのような努力をしたくない、ただ乗っているだけで壊れるのは許せない、という方などは空冷VWには乗れませんし、そもそも外車なんて乗らないほうが身のためです。

DSC_8397.jpg

ただやっぱり、皆さんに、こういう車に触れてほしいとは思いますね。便利さだけではない、生活の彩りになるような乗り物を所有していただきたい。

DSC_8402.jpg

相変わらず尻が好きだ。

DSC_8425.jpg

ちょっとくらい車の話をしろと?

はい、ええ。 まあ、絶好調です。ハンドリング足回り、エンジン・ミッション、ブレーキ、どれをとってもスタンダードなビートルの乗り味です。インジェクション特有の挙動はありますが、まあそれはそれ。
いうまでもなく機関系は伝統の空冷フラット4です。仮にキャブレター仕様にしたければ変更も可能です。

DSC_8430.jpg

ちなみに左ハンドルです。

DSC_8433.jpg

エンジン部
もともとクーラーが付いていましたが、今はありません。コンプレッサーをつければ生き返らせることは可能です。

DSC_8486.jpg

天井もオリジナルのままで、綺麗です。ボディは全塗装をしていますのでとても綺麗です。

DSC_8492.jpg

ドアパネル、ダッシュまわりもノーマルです。

DSC_8497.jpg

シートに関しては、ヘタリが見られますので、張替えをした方がいいと思います。張替えの際はお好きな色を選んでいただけます。

DSC_8499.jpg

とってもベーシックな一台です。格安で提供します。このまま乗るもよし、クーラーを取り付けて快適装備を充実させるもよし、 あなた色に着飾って、より良い車に仕上げていってください。 時間があれば随時手を入れてゆきますので、仕様や価格は今後変更する可能性はあります。

DSC_8514.jpg

車両本体価格 : 60万円 (税抜き)
乗り出し参考価格(登録、車検二年付き)は約85万円くらいですね。

その他ギャラリー

DSC_8446.jpg

DSC_8459.jpg

DSC_8480.jpg

DSC_8388.jpg

DSC_8399.jpg

DSC_8412_201802141927401d7.jpg

DSC_8459_20180214192741ac0.jpg

IMG_2450.jpg

IMG_2451.jpg

これからビートルに乗るぞ! という、そんなアナタへお送りする一台です!

2006 VWゴルフ5 (GLi) 現状車、早い者勝ちです!

2018. . 09
今回は水冷車、ビートルに変わり、フォルクスワーゲン社の主力車種となった、ゴルフの五代目、通称『ゴルフ5』です。

DSC_0033.jpg

ゴルフの登場は遡ること、丸々としたビートルから一転、角ばったデザインで1974年に登場。パワーユニットも水冷、FF方式の駆動として、まるでビートルをすべて逆転したかのような車としてリリースされたのです。

ちなみに、トヨタカローラはシリーズ累計「世界でもっとも売れた車」とされてますが、なんと第二位は「ゴルフ」だったりします。
でも、単一車種として「世界一売れた車」はフォルクスワーゲン・タイプ1 いわゆるビートルです。この記録はおそらく今後も塗り変わらないでしょう。

DSC_0037.jpg

そんなゴルフ。角ばったデザインが愛らしい初代はジウジアーロのデザインによるものですが、二代目を経て、三代目から角の取れたデザインになってゆき、現行の7代目は流線型のデザインになってしまいました。ま、時代でしょうけども。

DSC_0028.jpg

ゴルフの進化の途中では、様々な変更が加えられて今に至るのですが、とくにこの五代目というのは「本来のゴルフの走り」を取り戻そうというコンセプトがあったそうです。

国産車しか乗ったことのない方には「ふつうの5ドア小型乗用車」との違いが、いまいちピンとこないかもしれませんが、フォルクスワーゲンがマジになって作った車、というだけでも十分な説得力があります。
乗ればわかる、乗らなきゃわからない。見た目だけではない質実剛健さ、欧州車にはそういう魅力があるようには思います。

DSC_0005.jpg

かねがねお伝えしていることではありますが、欧州車は国産車に比べると格段に壊れる率が高いです。
実際この車も、「必ず壊れる」と言われているクーラーコンプレッサー、ダイナモの二大高額部品を既に換えてます。つまりしばらくは壊れないと考えていただいてよいかと(笑)

DSC_0048.jpg

ただ、壊れても許せるだけの魅力があるとだけはお伝えしたい。スタンダードなスタイルは妙な型落ち感を感じさせず、ずっと乗っていられるというのも愛用者が多い理由でしょう。

DSC_0051.jpg

目のレンズはどうしても曇りがちになります

DSC_0056.jpg

DSC_0058.jpg

内装もフルノーマル。グレードはGLI 2.0FSI となります。車のグレードってのはとってもわかりにくいですよね。
最もスタンダードなグレードと思っていただければよいかと。

DSC_0045.jpg

DSC_0054.jpg

DSC_0063.jpg

ま、写真ですから、実物よりきれいに写っていると思います。小キズや凹みはあります。

DSC_0066.jpg

お前はケツフェチかと、突っ込まれそうなほどリアビューばかり狙ってますが、性分です。

DSC_0073.jpg

うーん、木漏れ日の感じがいいすね。すでに商品撮影ということを忘れてます。

DSC_0075.jpg

DSC_0079.jpg

DSC_0082.jpg

明暗のある背景に、黒は映えますよね。マジで売る気あるのかと言われそうなので戻りましょう。

DSC_0085.jpg

なんと走行五万キロ。 もち巻き戻してません(今の車はそういうこと出来ません)
前オーナーが新古車で購入しての、下取り車ですので、修理履歴もわかっている健全な車です。

DSC_0088.jpg

ちらっと内装。

DSC_0090.jpg

ダッシュ周り。パネルの一部にはフォルクスワーゲンの失策とも言える、ベタベタする表面コーティングが施されています。ま、ニュービートルほどじゃないので、それほど気になりません。

が、最大のウィークポイントがありまして、これも欧州車に非常に多いのですが、天井の布張りが垂れてきています。
これもワーゲン車並び、向こうの内装業者の失策でして、天上ベースと内張りの布の間にスポンジが挟まっているんですが、このスポンジが劣化して剥離してしまうんですね。まあ、見た目は悪い、頭に触れると気持ち悪いわで、この頃の車ってのはたいてい悲惨な事になります。

ディーラーでこれを直すと10万円ほどかかります。安い業者さんなら半額くらいかと。見た目を気にしないのであれば、いっそ剥がして塗装してしまってもいいんですが。現在はとりあえずタッカで止めてます。

走行部分に関してはまず問題はありません。ハード面には強く、ソフト面では弱い、というのが欧州車全般に言えることかなと私は思っていますので、別段驚くことではございません。(天張りはメーカーがリコール出さないのが不思議ですけどねぇ)

外装に関してはそれなりに気になる人は気になるレベル。ダメージ箇所が知りたい方はご質問ください。どこまで直してのるか、というのはアナタ次第です。

そんなゴルフ5、あなたに乗って欲しい一台!

現状渡し価格:15万円(税抜き) (車検登録ご希望の場合は別途費用を頂戴いたします)

現車確認、詳細の質問等、随時受け付けております。

chelm@nike.eonet.ne.jp

または

072-626-5453 ヘルム永沼まで



1975 VWビートル クーラー付き! お得車両で早い者勝ち!

2017. . 12
公示三日目にして、早々に売れちゃいました! ありがとうございました!

1975年式 もちろんドイツ製のビートルです。 

DSC_7817.jpg

主な仕様: 1600cc ASエンジン 

ヴィンテージスピードマフラー(ステンレス)
ポルシェ純正ホイール クッキーカッター (タイヤ8部山)
純正ポップアウトウインドウ
ナルディステアリング
タコメーター(オートメーター)
アルミランニングボード
電動ウォッシャー
リトラクタブル3点式シートベルト
フロントディスクブレーキ(ポルシェピッチ)PCD130
ポルシェピッチリアドラムPCD130
ETC
クーラー

以下、詳細写真は下のサムネイルをクリックしてください。 

DSC_7817_20171012215503a4b.jpg DSC_7813.jpg DSC_7803.jpg 

DSC_7797.jpg DSC_7801.jpg DSC_7815.jpg←これが一番現車に近い色です。
見る角度や光の加減で変化する、絶妙ないい色です。

DSC_7791.jpg DSC_7795_201710122151457b4.jpg DSC_7790.jpg

この丸みが生み出す陰影がたまりません

DSC_7818.jpg DSC_7819.jpg DSC_7822.jpg

DSC_7824.jpg DSC_7825.jpg DSC_7827.jpg

クーラー付き、ノーマル1600cc  ポルシェ純正ホイール  

DSC_7828.jpg DSC_7829.jpg DSC_7831.jpg

快適な風通りを実現する、ポップアウトウインドウ  

DSC_7834.jpg DSC_7836.jpg DSC_7889.jpg

ナルディウッドハンドル  スペアももちろんポルシェ(社外品) 

DSC_7874.jpg

いかがでしょうか。
先日までオーナーさん付きの車両です、車検を取ればすぐに乗り出し可能です。
全体的には上品な仕上がりで、走りも堅実、しかも安心のディスクブレーキに超一流の純血ドイツ、ポルシェホイール。
さらにクーラー付き! 全塗装済み(ジェンシャンブルーかバハマブルーかな? 紺色でも水色でもありません)
こんなビートルが欲しかった! ってヒトには最高の車両ですね。普段の足に十分使ってもらえます。

一つウィークポイントを挙げておきますと、天井の内装が残念な仕上がりになっておりますので、やり直したほうが良いです。

基本的には現状でのお渡しとなります。
もちろん車検登録の際にはきっちりと整備してのお渡しです。今回はかなりお安く提供いたしますので、気になるという方はぜひお問い合わせください。現車の確認ももちろん可能です。

超大特価: SOLDOUT! 超速で売れちゃいました。

趣味が合致する方にとっては、買ってからあれこれ手を入れないで済む分、トータルコストとしては相当お安い車両です。
私個人としては、こういったビートル本来の質実剛健さを失っていない車両はとっても好きですね。





















1971 VWビートル 1302 クーラー付き!

2017. . 19
DSC_5350.jpg


以前当ブログでも忌憚なく語らせていただきました、1302の魅力については下記リンクをば参照ください。

1302という車
続 1302という車
続々 1302という車

という感じで、1302S の登場です。

最近その魅力が再認識されつつあるストラットサスペンションの1302S!

クーラー付き、ヴィンテージスピード製ステンレスマフラー、のほぼノーマル車両。
フロントはディスクブレーキに換装されて、さらに安心。
全塗装済み。このままでも十分だし、さらに内装をグレードアップしてもよし! 
気取らずクールにドライブしたいという方、空冷ワーゲン本来の魅力を堪能したい方にお勧め。
1600ccで、とっても運転しやすいですよ。

3年間だけ生産された車両で、フロントウィンドウは後年の1303のようにカーブしておらず、旧来のビートルから継承されたスチールダッシュ(この後はパッドがつきます)ハーフリングのハンドルとあいまって、旧車感も抜群です。

独特なフェイスマスクは見れば見るほどに愛着沸きますね。ちなみに私の初めてのビートルも1302でした。

売れちゃいました。たくさんのお問合せ誠にありがとうございました。
 HOME