今日は一日中

2018. . 21
IMG_2564.jpg

組み上げ作業。この塗装後の組み上げ作業ってものすごく時間かかるんですよ。
多分普通に組むときの倍以上の時間かかっています。
部品に不具合がある場合は、補修しますし、当然駄目なものは交換しますし。

そう考えると、全塗装って安いなって思います。逆に一つ一つの作業に工賃着けてたら膨大な工賃になりますから、それも出来ませんしね。全塗装の工賃って、かなりざっくりなんですよ。

塗装自体も、ワンパネルずつ塗ることを考えたら、かなり格安なんですよねぇ。

IMG_2565.jpg

もはや見飽きたこの姿。 いつになったら再開するんだ? 物置状態になっています。

今年の秋くらいにはデビューしたいんだけどなぁ・・・・・・

はらへった。

スポンサーサイト

シートパッド交換

2018. . 18
IMG_2524_201802182121164a1.jpg

今回はシートの張り替えでございます。といっても皮ではなく、肉の方です。
所謂クッション部分、スポンジにあたるところですね。
空冷ワーゲンの殆どは、天然素材を弾性樹脂で固めたシートパディングを使用していまして、これがベースのコイルスプリングと相まって、絶妙な座り心地を実現してくれます。(現代の車に乗っている人はとてもじゃないけど想像できないと思います)

IMG_2525_201802182121180c0.jpg

こんな、ヘチマのたわしみたいなもので出来ています。(私はヤシの繊維を固めたものと聞きましたが・・・)なので経年劣化でだんだんと崩れてきてモロモロになります。

IMG_2526_2018021821211926c.jpg

座面なんて、ベーススプリングが見えてる状態で、ケツに刺さりそうです。

IMG_2527_20180218212121fd4.jpg

これがベース、骨に当たる部分ですね。構造的には、高級なソファーとかベッドのマットレスと同じ構造だと思っていただいて結構です。ウレタンスポンジが登場するまでは、こういう構造のシートが多かったんです。
この乗り心地こそが旧車、ともいえますが、ホールド性の高い現代風のバケットタイプシートをインストするのも、またオツな趣がありまして、私は割と好きですね。

IMG_2528_201802182121229c6.jpg

とりあえず、今年はよく雪が降る。
寒いぜ!

シートがヘタって落ち込んでる人は、パッドを交換してリフレッシュしてみてはいかがでしょう?
人生に落ち込んでる人は、私が癒やしてあげます。

ゴルフ・カラカラ音

2018. . 16
何処かからカラコロと異音がする、直してくれという依頼でして。

IMG_2512.jpg

走行時に、回転周期的に鳴るなら足回りなんですが、止まっている状態でも鳴るから、エンジンか排気系。
それでもいつでも鳴るという訳ではなく、何か条件があるみたいです。

オーナーさんはそこまでは見極められないので、まず、どの時点で鳴るかを調べなくてはいけません。
アクセル蒸すこと数十回、鳴る時鳴らない時の差がわからないので、いろんな踏み方をします。

そうしてわかったのが、2000回展とちょっとのところで鳴る。
下の方だというのがわかるので、ひとつづつマフラーを辿って、叩いてゆく。

そのうち、近い音が出る。

IMG_2519_20180216205438fe6.jpg

触媒の遮熱板。 微妙なブレがあるんですね。

IMG_2520_20180216205439e99.jpg

とりあえず外して、中の触媒が砕けていないかチェックして、セーフなのを確認。
たまに触媒が砕けて、コロコロ鳴ることもありますので。

IMG_2521.jpg

疑念を残すのもなんなので、いっそ取り払ってしまいます。
昔はこの遮熱板が絶対必要だと言われてたんですが、(地面の枯れ草に燃え移るとかいうのを危惧してたみたいです)そこまで高温になったりはしませんので、問題ないっす。

これで鳴らなくなった――と思ったらまだなんか鳴る。

こっちはエンジンルームの隙間にゴミが落ちてるだけで、カラカラいってるだけでした。
しょうもない原因でよかった。

てな感じですー

バレンタインがおわり~の

2018. . 15
さて、2月のイベントもこれで終わりました。
バレンタインです。

女子にとっては、チョコレート売り場に群がる大義名分が立ち、この日までは試食と称してチョコレートを食いまくれる夢のような日々なのかもしれませんが、色めき立つ女子に対して、男子の温度差たるや。

というのも、最近は男性にあげるという傾向も随分薄れて、義理すらも禁止されたりで、ますます一体何のためのチョコだったかわからなくなってきているのかもしれません。
そのうち、「かつて日本では、女性が恋の告白とともにチョコを渡す、という奇習が行われていた」などとウィキペディアに載る日が来るかもしれません。

そういや数年前、カカオが高騰してチョコレートが食べられなくなるとか、そういう記事を何処かで見たような気がしますが、ありゃあなんだったんでしょうか?

IMG_2516.jpg

ちょっと時間が空いたので、ジャイロキャノピーを復活作業。
ホンダの三輪車ですね。いわゆるピザ屋の配達バイクです。

IMG_2517.jpg

ピザ屋で思い出しましたけど、昔々は「30分以内に必ずお届けします」という文言があり、宅配ピザの基本姿勢みたいになってたんですよね。で、30分以内に届けられなかったら、何と無料になったという。(配達員が自腹を切る羽目になったとも 噂)

でも、そうすっとですね、送れないように届けなきゃと、急ぐ。交通違反やら交通事故やら、まあ色々起こりまして、結局「なるべく迅速に」という感じになったんです。

宅配ピザってまあまあ高いんですが、あれの値段の殆どは人件費とバイクの維持費だったりします。
なので、取りに来てくれる場合は500円引きやら、一枚買ったら二枚目お持ち帰り(実質半額)なんてことが出来るんですよ。それでも余裕で利益は出る。

IMG_2518.jpg

そんなピザ屋で働いていたのかどうか、ヤレヤレなのでチョット手をかけて直そうかと。

あ、これは、こうやってドライヤーで炙ると、白ボケした樹脂パーツが艶を取り戻すんですよ。
中古バイク屋が見栄えを良くするために、よくやるやります。

この屋根付き三輪車って、画期的だったんですけど、メーカーもコストがかかるのか後続で他のメーカーが出すことはなかったんですよね。さすがホンダってところなんでしょうけど、125ccとかで出たら売れると思うんだけどなぁ。



窓の外は雨

2018. . 10
今日は雨ですね。

雨でもこうして屋根の下で作業ができるってのはありがたいことです。

IMG_2441_20180210213521f35.jpg

というのはですね、しばしば我々の業界では、外でも作業しなくちゃならんことがありまして。そりゃ店舗のスペースのせいでもあるんですが、前職場などはほぼ外で作業でしたから、今の仕事場がどれほど快適なのかと思ったものです。
もっと若い頃は、部品と工具を広げられる場所さえあればいいという感じで、慎ましくコソコソと作業してたんですな。

IMG_2440.jpg

もちろん雨に濡れちゃ駄目な作業だってあるので、そういうときは外では出来ないからお預け状態でして。
それに、部品やら工具やらを広げて、そのまま放置もできないのでいちいち片付けて――というのもすごく手間で、そのたびに『あれが何処かに行った、これがない』などと探し回らねばならず、我々のような趣味を持つ人の憧れってのは、自分の部屋よりも倉庫やガレージが何より欲しかったんです。

IMG_2442_20180210213522598.jpg

女性からすると、ちょっと理解し難いかもしれませんが、散らかして汚そうが、音を出そうが、油を漏らそうが、文句を言われない場所というのはなかなか得難いんですよ。

だから車屋さんとかバイク屋さんがあるわけですけどね。

結局本職になっちゃったから、ガレージがほしいとかは思わなくなりましたけど――うん、今の自分的には、仕事といえど恵まれてるよねぇ。

 HOME