ビートラック マイナーチェンジ4

2017. . 25
IMG_0524.jpg

今回、テールエンドの垂れ、いわゆるエプロン部分をつけることにしました。
そのための骨組みです。相変わらず、ホームセンターで買ってきた鉄アングル材と、鉄棒。

IMG_0525.jpg

パネルを貼り付けます。
もう、本当にそれでいいのかっちうくらい、適当なんですが。たぶんいけるだろう。

IMG_0527.jpg

こんな風にマイナーチェンジモデルはアオリが付きます。
あくまで予定ですが、まあ、たぶんやるでしょう。何となく目途付いたし。

IMG_0526.jpg

開いた時のイメージ。

今回から読んだ人は、「何不器用な素人臭いことやってんだ」と思われるかもしれませんが、そもそもこのビートラックは、ハーレー積めるビートルベースのピックアップ作り、というコンセプトと、ホームセンター素材と廃材だけで作るという裏コンセプトがあります。

なんでそんな貧乏くさいことしてるのかっていうと、お金も時間もないからです。
お金をかければいくらでも手間は省けますし、いいものもできると思います。

でもそれじゃ、つまらんでしょ。だって、やる前からできるの判るし。

設計図は私の頭の中だけ。
道具はヘルムの中にあるものだけ。
材料は廃材とホームセンターだけ。
やるのは私一人だけ。

まあ、頭の体操みたいなものです。

スポンサーサイト

FM COCOLO あたった

2017. . 22
今日、謎の郵便物が届いた。
FM Cocolo(ココロ)から。

IMG_0499.jpg

そういや以前に「Cocococolo」(ココココロ)という、普段FMココロをかけているお店だということを、FM局に登録すると、サイト上で紹介されるというキャンペーンをやってたので応募したんだっけか。

ココココロ マップ

大阪北部エリアの4番です。

ついでにプレゼントのコースターも当たったみたい。

コースターか……うち、使わんぞ。 来た人にあげるよ。うん、こういうキャンペーンって、地味だけどいいよな。

それはさておき。

IMG_0496.jpg

ベスパET3の修理。
なんか動いたり動かんかったり。エンジンかからないときは全然かからんけど、かかる時はかかる。
まぁ、イタリア人やからなぁ。(偏見)

毎度毎度思うんやけど、ベスパってあの長い歴史の間に、良くしようとか思わんかったんやもんな。
あれでいいとは思えんねんけど、イタリア人的にはオッケーやったんやろな。

ま、ゆーても、もうヴィンテージスクーターの域なんですが。

IMG_0497.jpg

原因はこのむき出しのキーボックスのせい。
50Sとかはイグニッションキーがないから、キックしたらかかってしまうんですが、ET3以上にはついてる。
でもこの配線見る限り、付いててもついてなくてもいいような気がする。

以前に「悪人が居なかったら鍵は要らない」という話をしたと思うのだけど、イタリアは盗難ってないんだろうか?

それは結構前から疑問。
むしろ、世界一安全な日本における乗り物のロック機構って、素人じゃ破られへんくらい鉄壁なんだけど。

インナーハンドル色々

2017. . 19
昨日はちょっと私用で出ておりまして、更新できませんでした。

IMG_0477.jpg

高年式ビートルのインナードアハンドル色々。
写真の右から、ダイキャスト(アルミ合金)製、ダイキャストメッキ仕様、ドイツ樹脂製、メキシコ樹脂製となります。

ダイキャストで出来ているのはインナードアハンドルが変更になった67年式から、たぶん68くらいまでだろうかという気がするんですが、正確には解りません。
ですんで、ハンドル本体と、ハンドルのガーニッシュ(外枠)がリアルメッキ仕様なのはこの頃だけです。以降は全て樹脂に置き換わりました。
もちろん形状は変更なしなので互換性はありますが、そもそもなぜなくなったかというと、無駄にコストがかかるというのと、耐久性の問題でしょうね。

実はプラスチック製の方が長持ちします。折れない限りですが。
というのも、ハンドルは鉄製のロッドを引いて、ドアロックメカを操作するようにできているのですが、アルミ合金製のハンドルで鉄製のロッドを引くと、鉄のほうが固いため、アルミ合金の方が削れてゆきます。それに加え経年の腐食などで、ロッドの刺さっている部分が摩耗して、穴が広がり、最期にはちぎれてしまいます。
ですんでこういった場合は必ず鉄とアルミ合金が触れる部分に注油を行い抵抗を減らす必要があるのです。

ただ、こういった面倒なことをする必要がないのが、ナイロン樹脂系のプラスチックで、これはもっぱら滑りがよく、簡素な回転軸受けなんかに使われたりします。
ワーゲンの歴史においてこのナイロン製樹脂ハンドルを採用したことにより、一つ壊れる可能性が減ったという良い例です。

ま、それでも風格は、金属製のハンドルのほうがやはり良いですし、(現行プラメッキ製のハンドルガーニッシュなんかは言わずもがな、チープですから……)数も限られているので、本物志向な殿方には垂涎のアイテムかと。

んーこんな部品一つで長々と・・・・・・

ちなみに一番左のメキシコ製ハンドルはやっぱりデザがいけてない……。

明日また雨だぞ

2017. . 16
今日は暖かかったね

ちなみに私の休日は雨が多い。なぜか知らんが二回に一回は雨だ。
今日バイクでツーリングとか行ってたやつ、マジでうらやましいぞ。 フェースブック見るの辛いから見ない。

ちなみに明日は90パーセント雨だ!
くそっ、オレ、ざまーみろ!

IMG_0467.jpg

あーこんな時代もあったよなぁ。 同じデジカメでも、画質が時代を感じさせるな。(たぶん10年以上前)

img267.jpg

明日は孤独に引きこもります。

キーのキー

2017. . 15
IMG_0460.jpg

鍵とは、人々の猜疑心が生んだ道具である。

と、しばしば思う事があります。

仮に全ての人が悪意を持たなければ、鍵という道具は存在しなかったはずです。
すなわち、鍵とは「悪意が形として現れたモノ」とも言い換えることが出来るかもしれません。

さて、そんな鍵ですが、しばしば鍵の組み換えという作業を行うことがあります。
これは大抵のシリンダー錠で可能な作業で、複数に分かれた鍵を一本化するときなどに行います。(悪いことには使いません)

その時にカギとなるのがこのシリンダーキーです。

IMG_0461.jpg

古い形のシリンダー錠というのはこれに類似した、複数のキーの組み合わせで鍵の形を決めています。
意味が解らないかもしれませんが、写真のシリンダーで9つのキーが入っており、だいたい三種類のキーが順列組み合わせでシリンダーに挿入されています。
つまり、組み合わせとしては、3種類が9スロットに順列なので、たぶんですけど504通りの鍵が出来る(と思う・計算サイトで計算したからよくわからん)いや、両面だからもっと多くなるか・・・ええと3の三乗×9の18乗か? わからん!

まあ、我々の仕事は鍵を作ることではなくて、鍵にシリンダーを合わせることなので、キーを一つづつ合わせてゆくだけなんですが。

複数キーになってしまってるワーゲンなどを何とか一本化したいという方はご相談ください。

 HOME