fc2ブログ

中華製バイク

2024. . 17
IMG_0558_2024031722231493a.jpg

戯れに、中華製のミニモトというのを買ってみた。
まあ、画像だけ見たらなんか良い感じには見える。実際この状態でも普通に走るし、曲がるし、停まる。だから何もすることはないんだけど。

IMG_0557_202403172228349b0.jpg

メカ的には色々と気になるところはある。
こういうのって、多分気にならない人はならないんだろうけど、私は気になる。

今までも色んな乗り物をみてきたけど、「機能的に充分役目を果たすから、そういう造りをしている」、というのは大事なことなのだけど、工業立国ではない第三国の製品というのは、その殆どがコピーで一から設計したものでもなく、発想したわけでもないから、出来上がった製品は何処かしら杜撰に見える。

IMG_0567_202403172223178df.jpg

これなんかはほぼ日本のメーカーのマスターシリンダーをコピーしたものなんですが、そのクォリティは推して知るべし。しかも取り付け方がおかしいから、ペダルとの位置関係もおかしい。
こういったコピー品が何処か違和感というか、ズレている感じの印象を受けるのは、おそらくですが、「自分たちが作ったものではない」という無意識的なバイアスがあり、それが「ものづくり」へのリスペクトを常に削いでしまっているのではないかと思います。

IMG_0568_202403172223175a0.jpg

こんな風にプラグコードが不必要に長かったり、レイアウト設計が杜撰なので格パーツの配置に無理がある。実際に組み上げられて、走るのだから製品としては出来ていることにはなるのだけど、制作した会社はこのバイクに乗ることはないし、テストもしないと思う。とりあえずエンジンかかってブレーキがきく、ということくらいは確認するだろうけど、問題点を洗って、改善改良という意識は働かない。

IMG_0569.jpg

ハーネスもアホみたいに長い。例の如く配線は全部バラして組み直します。

良い製品を作ろうという気はないのはわかります。でも売れる製品を作ろうという商魂は感じます。
売れたら良い、儲かれば良い、という華僑的な発想はビジネスにおいて間違いではないけど、企業として成長はないし、技術や発想も成熟しない。当然ながらそこに働く従業員も意識は高まらない。

別に中国企業だけのことを言っているのではありません。
日本の企業ってかなりの多くが数十年単位で存続してて、その中に何百年とかいう企業があったりする。潰れる企業もそれなりにはあるのだけど、存続している企業は大抵自社の製品やサービスを、ブランディング化している。規模や売り上げに関係なく、自社の製品やサービスにプライドを持っていると思います。

IMG_0590_2024031722232001c.jpg

配線、この辺のも全部コピーで、ホンダの(旧)モンキーあたりの配線と全く同じです。

日本人は、そんな日本企業の姿勢を目の当たりにするから、それに大してリスペクトする。購買者は企業の仕事に対し一定以上の感謝が発生しているといっていい。
なぜなら少なくとも日本人の消費者というのは、=生産者でもあるから、共感できる。

良いものを作れば結果は出る。
だけれども、良いものを作るには、時間と労力かかる。そしてその裏側に脈々と「これをどんな人がどのように使うのだろうか」という想像を凝らさねばならない。

IMG_0592_20240317230647f3a.jpg

その製品がどのように使われるのかというのを考えると、各部の機能的部品を合理的動作するように作るべきだという結果にたどり着く。デザインはその上に構築される。

ところが自社で開発しないコピー企業は、まず自社、もしくはユーザーに対して、希望(夢)を持たない。だからユーザーがどのようなものを欲しているか、そのように使うのかを考えないので、ユーザーが使いよい、優れた製品という意識を持つ必要がなく、そもそも考えもしない。

IMG_0653_202403172306501dd.jpg

だから見た目だけ帳尻合わせの、いまいち使えない部品がそのままついていたりする。

キックアームも、元のままだと脚かステップにかならず干渉するので、外すしかなかった。
キックないのはダメなので、別の車両からの流用。ついでにアームを内側に曲げて補正した。

IMG_0667_20240317230653c38.jpg

ついでといっちゃなんだけど、ここまでやるならもうアンダーガードも作っちゃえと、パイプ曲げ曲げして、フレーム作る。

IMG_0692_20240317230653fa5.jpg

もちろんそんなことはこのバイクを買うときからわかっていたことで、それなりに苦労するのは織り込み済みです。私はたぶん、ダメなものが好きなのかもしれない。だめな車両を良いものへと昇華させるという行為が得意なのかもしれない。
だから今の仕事が出来るのかも。

でも、ダメな人間を良くしてやるのはめちゃくちゃ苦手なので、後輩も子供も育てられない。

IMG_0744.jpg

フロントブレーキも訳わからんキャリパーついていたので、国産のニッシン製に。
もちろん取り付け穴は全くあわないので、加工してます。
それにあわせてマスターも付け替えてます。なぜなら、このバイクのブレーキ、キャリパーとマスターのシリンダー容量があってないので、めちゃくちゃブレーキフィーリングが変なんです。

IMG_0803.jpg

リアマスターもニッシン。マスターのブラケットは新設。

IMG_0804_202403172306598fd.jpg

当然リアキャリパーも、ブラケット加工して取り付け。

流用が一筋縄でいかないことは明白なのですが、流用する車両の知識であるとか、部品の形状であるとかを把握しているとかなり良い線で、わずかな足し算引き算をしてマッチさせることが可能です。

時間が潤沢にあれば、一からバラして組むところですが、こんなものにそう何時間も費やしていられません故、ちゃっちゃと仕上げちゃいます。

これからレジャーシーズンですが、中華のバイクやバギーってめちゃくちゃ安くで売られてて、思わず買ってしまいたくなると思います。でも基本、一回遊んだら壊れる、と思っといた方が良いです。決定的に壊れなくても、必ず修正しなくてはいけなくなります。
それを、普通のバイク屋や車屋に修理持ち込んでもまず断られます。直せないことはないけども、それを直すための部品算定や創作力に労力をかけるのが嫌だからです。そんなことするくらいなら別の仕事してる方がマシだからです。

こういう言い方をすると心が渇いてゆく気がしますが、そういうものです。
非合法なもの(まず、安全基準などクリアしてないし、検査もしてない)を所有するというのはそういうことですし、非合法でなくともマイノリティを選ぶと、必ずそれは茨の道となります。

そんな茨の道に迷い込んでしまったあなたに、そう、私がいる。

IMG_0841_20240326222220334.jpg

完成形

IMG_0842.jpg

結局リアサスまで換えてしまった。

IMG_0843_20240326222223c06.jpg

基本、興味のない人は何処が変わったかわからないと思いますが、いわゆる走る曲がる停まるに関してほぼ80%くらい換装したと思います。お金はそんなにかかってないけど、手間はかかった。

IMG_0844_20240326222226080.jpg

ワイドステップ、マスターシリンダーガード、キャリパーガード。アンダーガードも装備。

IMG_0845_20240326222226009.jpg

車高は上げすぎた。乗ったら丁度いい感じに沈むから良いけど。


スポンサーサイト



30年ぶりにカブ主になった

2024. . 07


バブルからこっち、カブがトレンドになり、老いも若きも、猫も杓子もカブをやるようになって、なんとなく私はずっと覚めてたんですよ。もう若いときにやりきっちゃったしなぁ、て。

ああ、若いときにね、まあまあ散財したんですよ、カブで。
楽しかったですけどね。最後は二束三文だったけど。
当時はまだ20そこそこだったか、お前そんなのかって大丈夫なのか、どうかしたんじゃないのか? って言われましたよ。周りにカブやってる奴なんていなかったですからね。

ま、ちょっと早すぎたっていうか、急ぎすぎた青春みたいな?

で、皆さんがカブやってるのを横目に、この30年弱ずっとモヤモヤしてたんですよ。
今ならあの時思い描いていた理想のカブが作れるよなぁ、と。

IMG_0475_20240207225947451.jpg

で、買ってしまった。

メルカリで。
既に半分オフロードっぽい仕様になっているのだけど、まずエンジンがかからない。エンジンかかるって聞いてたけど、現地行ったらかからないから、売主の若者に法外な値引きをさせてぶんどってきた。

まあ、フロントブレーキもないし怪しさ満点。フレームは綺麗に作ってる感じするんだけどアジア臭もする。

何か半端な仕様だな、と。

IMG_0477_202402072259496a0.jpg

そもそもフロントはディスクブレーキがつくようなのだけど、何のハブとフォークなのかわからない。最初はこんなもん、だいたいアレかアレだろう、くらいに高をくくっていたのですが、アレでもないし、コレでもないし、で。

リアルに丸一晩かけて探しても、同じものが見つからない。もちろん国内四メーカは殆ど当たりをつけて調べたけど違う。まさか外車って事ないよなぁ、と思いつつ、それでもない。そもそも26パイのフォークなんてめちゃくちゃ少ない。

IMG_0479_20240207225952c45.jpg

一縷の望みを託して、観察してみる。
おお、塗られてわからなかったけど、刻印がある。
Rは右って意味だからいいとして、KW7ってのが車種だろうな。

IMG_0480.png

ネット検索したらでた。何とホンダだった。

ナイス110……

タイかよ。タイホンダだよ。

IMG_0481_202402072259552ed.jpg

このイカすバイクだぜ。みんなも一度くらいテレビで見たことあるだろう。

ちなみに国内で部品、手に入らねぇよ。

でも、ここまでたどり着いたらブレーキ問題はクリアしたも同然です。あとはなんとかなる。
まあ、無理してこんなの使わず、ハンターカブのアシでも移植すれば良いんでしょうけど。

最終的にコレをどうするのかってのは何も考えてません。
出来たら誰か欲しい人に売ってしまうかもしれないし、自分で乗って乗り潰すかもしれません。
自分的には、過去のカブいじりの時に、「オフロードカブ」作りたかった心残りを消化したい思いで購入したので、まあ、作りたいだけです。

にしても、私がミニモト触ってない間に、オフロードカブはすっかりメジャーになってしまいましたね。それだけパーツも色々でてますけど。いい時代です。

あ、仕事じゃないので、時間あるときにコソコソ進めます。






プロジェクト セローWR その6

2024. . 16
はい、六回目です。

IMG_3434_20240116215714d5e.jpg

アンダーガードをくりぬきます。
一体何をしようというのか。

IMG_3435.jpg

枠をつけます

IMG_3436.jpg

バッテリーが入ります。

IMG_3514.jpg

あとは電装系を移動したので、ハーネスを加工します。

IMG_3515.jpg

セルリレーやら、レギュレターも移設します。

IMG_3592.jpg

その上で当初より予定していた、エンデューロエンジニアリングの、アンダーガードを装着します。
基本このマシンでステア越える予定はないので、アンダーガードヒットは想定してません。まあ、あたったところでアンダーガード破壊するほどではないでしょうし。

IMG_3593_202401162157235a4.jpg

この分厚いアルミの板が壊れてバッテリー破壊するなら、その時は私自身も破壊されてるでしょう。

IMG_3617.jpg

エアクリーナーボックスは、YZのものを使用したので、キャブレタージョイントも当然加工しなくてはいけません。

IMG_3618.jpg

どう考えてもこの上下差、何らかの方法で繋いだところで、吸気の抵抗になるだけです

キャブレターはPWKの28だったか。
セッティングは例により数回で決まってしまった。また思い出したらデータ載せます。

IMG_3619.jpg

ここはセローのジョイントとハイブリッドになります。ゴム同士はうまく溶着できないのであんまり気が進まないけど。

IMG_3622_2024011621572909b.jpg

エレメントもセローのモノを使うので、セローのボックスから、エレメントマウントを切り取って

IMG_3684.jpg

YZのボックス内に、インストールです。
このあたりは場当たり的な作り方なので、あんまり気に入っていない。
実は現場技術的にはプラとゴムが一番扱いにくい。金属系なら切断も溶接も自在なのだけど、プラやゴムは、丁寧に溶着しても綺麗には仕上がらないし、強度も極端に弱くなる。かといって接着でまともにつくようなものは殆どない。
なのでいつも悩ましい。


とりあえず、やる気満々だった頃までの記事を収めます。

というのも、この後、いろいろ、ほんとうに忙しくて、そんなことやってる場合じゃねぇ、という状況で、ホコリかぶるほどに放置してしまったのです。
実際今はというと、9割9分完成状態であとは配線繋いで、保安器類をつけるだけという段階です。
しかし、いざ完成間近となると面倒くさい。

ですが、記事は終わらせないといけませんので、近いうちに7で完結させます。

プロジェクト セローWR その5

2024. . 07
この記事楽しみにして読んでる人どのくらい居るのか解らんけど、元々そういう店なので、ついてこれる奴だけついてこい的な気持ちで突っ走ります。

まあ、あなたがお持ちのバイクや車も、やりようによっては、どうにでも変身するって話です。

IMG_3391.jpg

なんかよくわかんないけど、激安のフルエキ(セロー用)ちょっと抜けすぎとちゃいますのん? と思わないでもないような、サイレンサー付きで1万円。このまま使ってもロクな事にならん気がする。

IMG_3392.jpg

あ、シートはご覧の通り、薄々になりました。

サイレンサーもこんな感じで、造りも位置も悪くないのだけど、どうにも見かけ倒しというか。中国とかタイで作ってるんだろうな、と思いますが。

IMG_3393.jpg

サイレンサーの中身。一応グラスウールはいっている。
長すぎるサイレンサーは好みではないので、ショートカットします。

IMG_3394.jpg

何か考えがあってやっているのかというと、特にないです。見た目が嫌なだけです。
そもそも、排気するためだけの装備としてマフラーはでかい顔しすぎてきたと思うのですよ。
ですから昨今のバイクにみられる、コンパクトに、見た目ショートにまとめている、デザインは私好みなんです。昔だったらSRX400とか秀逸でした。アレをフルエキにわざわざ交換して、テール付近までカチ上げてるセンスのない馬鹿がいました。なんてコトするんだと。SRXに限らずヤマハは全般的にデザインセンスありますね。

IMG_3403.jpg

これがTTR225Rのタンクですね。このタンクも純正ではなくレプリカ。たしか新品7000円くらいで買えたと思う。今はもっと高いと思いますけど、なんだってありますよねぇ。
実際はもっと安い値段で売られてるって思うと、それでも日本は物の値段が高くて、日本人に物を売るってのは、納期や品質にうるさくて大変だけども、途上国からしたら三倍とか五倍とか十倍の値段で買ってくれると考えているから、成り立っているんだと思う。

IMG_3433_202401072155575b1.jpg

これも純正マスターシリンダーのレプリカ。
現行のリアマスターと同じですね。
よく、「重要部品は国産純正で」的な事を言っている人がいますが、まあそれはいいんですが、我々ワーゲンの世界からしたら、純正品なんてもう残ってないし、無印は当たり前でしたし、メーカー品のロゴ入り粗悪品とか平気であるし、メーカー品でも一年保たなかったり、当たりをひいたらラッキーな世界なんで。
まだ中国製なんてクオリティ高い方じゃないかなぁ。私は南米の製品の方が信用できません。

IMG_3700.jpg

サイレンサーの中身を細工して、トラップ作ります。消音効果と、トルク稼ぐためです。

IMG_3699_202401072156002a6.jpg

さてコレでどのくらい効果が出るか、実走してみないとわかりませんが。

ちなみにこういう時って、あとから必ず細工が出来るように作ってます。
ダメかもしれない、の部分はやり直しが利くように作ります。

好き勝手に作っているように見えて、割と理性的なんですよ。

次、6あげたら、ちょい休憩します。


プロジェクト セローWR その4

2023. . 30
IMG_3280.jpg

フレーム塗って、元に戻りました。

IMG_3293_20231230102003400.jpg

こんな感じでシートフレームも取り付け

IMG_3302.jpg

シートはアンコを抜きます。足が長い私でも、さすがにつま先立ちは辛い。切り取る線を決めます。

IMG_3306.jpg

意外とざっくりな感じでカットします。金ノコが使いやすいです。
ちなみに私は「世界一バイクのシートのアンコ抜きをしたワーゲン屋さん」だと思います。

IMG_3307.jpg

あとは、ヤスリやたわしで綺麗にスムージングして、完成。
格好良さとしてはもちろんノーマルが良いんだけど乗るのが楽しくなきゃ意味がない。

IMG_3358_2023123010200922a.jpg

次はマフラーだ! とガシガシ進めてたら、マフラーがアンダーガードの基部に干渉することがわかった。これはちょっとよろしくないので、次回はマフラー交換します!

その5に続く
 HOME