fc2ブログ

トリッキーにトリッカー 第九回

2021. . 02
IMG_0817_20210402223027b0e.jpg

特に上手くもなんともない写真で、ふと車窓からの桜のある風景を。
なんで撮ったかというと、この写真の中に「いい」と思うところがあったからなんです。
皆さんが写真を撮る時ってのは、対象物が明らかにそこにあって、それを画面内(ファインダー内)に収めてシャッターを切る作業をすると思います。
私など日常的に写真を撮る人間は、なんとなくシャッターを切っています。
だからどうということのない写真もたくさん撮ります。クソみたいな写真データばかりがパソコンのメモリーを埋め尽くしています。

じゃあ、これどうすんだよと、いうところ。

IMG_0817f.jpg

トリミングしてこんな風にしてしまったりします。ちょっとアレ? って思う写真になったでしょ。
別に狙ってやったわけではないのでこの程度ですけど、現場でその瞬間に、ばっちりフレーミングするのってめちゃ難しいんで、出来なくてもいいんですけど、画面のイメージを作って撮らなきゃダメだとは思います。

目で見て、頭に浮かんだイメージを写真に切り取る、ってのが写真を撮るという作業なんだと私は解釈しています。

ま、作業写真は見て解ればいいんですよ。

IMG_0815.jpg

ステアリングのカップリングラバーです。これはステアリングコラムシャフトと、ギアボックスを接続しているゴム製のジョイントです。ゴム製といっても、中に芯が入っていてとても固くて逞しいです。

IMG_0816_20210402223025ffa.jpg

そんな固くて黒くて逞しい兄貴も、寄る年波には勝てず、この通りぱっくり割れちまいやがってますので、交換と相成りました。
さすがにここまで割れると、次に力がかかったときにハンドルもげますよねぇ、という状態。結構ヤバかった。

さて、


今回はオプション編です。
実際に乗るバイクには、あれこれ部品を交換してみたいというのが人情ですし、ガードなど安全面や、リカバリーに役立つ装備等、付加したいものはたくさんあります。

これらは総じて重量増しにはなるのですが、そのためにいままでコソコソと軽量してきたと言っても過言ではないです。

IMG_1018.jpg

まずやはり、オフの顔で外せないのはラリー風ヘッドライトガードです。何用のものかは判りませんが、これは如何にしてもつけたいというこだわりです。私はオフ車のあのちっさいヘッド ライトカウルがどうにも好きになれないのです。

第二弾は、フロントフォークスタビライザー。
こちらもトライアル車に倣ってつけてみようかと。

IMG_1060.jpg

市販のキットもあるんですが、三ピース構造になるのが嫌だったのもあるし、簡単そうなので自作することにします。

IMG_1051_20210105152340e6a.jpg

汚い五ミリのアルミ板を切って穴開けます。

IMG_1052.jpg

手じゃ曲げられないので、プレス使います。

IMG_1053_20210105152343d3a.jpg

さすがっす。

IMG_1054.jpg

だいたい形整えて

IMG_1056.jpg

磨いたら綺麗。

IMG_1059.jpg

どのくらい剛性感が上がるかは判りませんが、まあつけて悪いことなど一つもない。
とかやりつつ思いっきり計量忘れてます。200グラムくらいかなぁ。

あと、これも市販のものがでているので、素直に買えば良いのだけど、これぐらい作れるだろうとやってみたステップ。

IMG_1177_202101051541095b5.jpg

確かにノーマルは、後ろ下がりになってます。これをセオリー通りに前下がり、バック、ワイド化にします。

IMG_1234.jpg

左右のステップを踏面とマウントに分解、左右を入れ替えます。

IMG_1238.jpg

角度を確認しながら、ワイド化するため、古いセローのステップを半分にして継ぎ足します。

IMG_1240_202101051541139fc.jpg

で、出来たのがこちら

IMG_1247.jpg

強度は申し分ないのだけどやはり重量増しです。
ノーマルは330グラムだそうですので、170グラム増し。

IMG_1248_202101051541165b7.jpg

これで2センチバックですが、ほぼ気になりません。あえて言うならもう少しアップしておけば良かったかなと。

ちなみに、前回スタンド触ったときにスタンドスイッチを撤去してたので、マイナス105グラムでした。

しかし次に、ここまでの軽量を水泡に帰す、超重量級オプションが控えてます。
以前にちらっと触れていた、

IMG_0948.jpg

ハンドウィンチ。崖オチや、登坂不能に陥った際、活躍してくれる(はず)
先代の林道マシンにも装備していましたが、今回はさらにブラッシュアップして、装着を試みます。

IMG_0986_20210105155449867.jpg

装着するには、タンク下にある小物スペースのトレイと、ステイを切除しなければいけません。
私は一箇所フレームに穴開けを行いましたが、なくてもステイだけでボルトオンできると思います。

IMG_0987.jpg

これはまだ仮付け段階なので本体もそこそこまでしか肉抜きしていません。

IMG_0949.jpg

こんな感じでギリギリ入ります。200キロクラスの最も小さいウィンチです。

IMG_1002.jpg

ステイ類をあわせた総重量。さすがに重いですが、重量マスに近いのでさほど気にはならないかな。

IMG_1003.jpg

この時点で配線やケーブル類の取り回しを変更してゆきます。でないと取り付けできませんので。
ちなみに、クラッチワイヤの標準取り回しは、あくまでまとまりよく見せるためのものですので、機能上はあまりよいとはいえません。実用的にするなら外側に逃がして緩いカーブでレバーに接続するようにするべきです。それだけで指一本で操作できるほど軽くなります。

IMG_1004.jpg

いらない部分をそぎ落としたウィンチ本体を、アルミステイで車体に接続してます。

IMG_1005_202101051606202f4.jpg

左から見た状態です。

IMG_1015.jpg

この様にハンドルが付きます。 もちろんハンドルも加工しています。

IMG_1016.jpg

首の付け根からワイヤーを引き出すようになってます。引っかかるのは嫌なので、ヘッドライトステイに導入パイプを抱き合わせてつけています。

IMG_1017.jpg

セローだとハンドルをもう一工夫しないと使えなさそうですね。

IMG_1183_2021010515545539b.jpg

使わないときはカバーしてこの通りすっきり。

IMG_1259.jpg

まあ、使わないに越したことはないんですけど、ソロライダーとしてはあれば安心ということで。

ちなみにミラーはこれです。タカツ トライアルミラー

IMG_1262_20210105161936e63.jpg

今回は増える一方でしたが、トータルでプラス1287グラム。

ついにノーマルより重くなってしまいました。

ですが次回最終回で、一気に挽回します。

バイク 楽しそうだなって思ってもらえたら、是非ウチの レンタルオフロードバイク をご利用ください。 日にちが合えば林道ナビゲートもしますよ。

トリッキーにトリッカー 第八回

2021. . 01
今度は緊急事態じゃなくて、マンボー。
5日から一ヶ月、またもや飲食店に対して時短の八時閉店。今度も命令に従わなければ罰則は発生するので、法的拘束力は同等。科料が少し低いくらい(30万円以下から20万円以下)。とりあえず大阪は大阪市限定みたいだけど、本当にたまらんだろうな、とおもいます。

しかし、実際の所、大阪などのケースでは、市内に勤める人が住まいのある地元で飲食代金を落とす可能性もあるので、実は地方にとっては渡りに船、な話になるかもしれない。

ですが、正直なところ、コロナの拡大を防止するという名目あれど、何処まで飲食店業界を締め上げたら気が済むのかと、悪意なく思います。先日も厚労省の方々が深夜の会食をされておったらしいですが、要するにコロナは脅威でないことを厚労省が自ら証明したようなものであり、実際会食ごときでは感染拡大しないか、感染してもたいしたことがないということを、よーく知っているのではないかと、私なんかはまあそう思うんです。

で目の敵のようにいいますが、一方でオリンピック開催に躍起になっているあたりがものすごく不自然に感じるのは仕方ないと思いますし、そりゃあ恨みだって買うでしょうよ。オリンピックに対して悪い印象だけが増えてゆくのは、コロナのせいではなく、オリンピック関係者の立ち振る舞いが非常に悪いからで、さすがに擁護しきれんというか、看過できないという段階に入っていることを、そろそろJOCも政府も自覚してはどうかと思います。

ま、年度初めからそんなイライラする話が尽きませんが。


お次はリア周りです。(自分のバイクばっかり触って、遊んでいるように見えますが、仕事はちゃんとしてます!)

あまりやらないことかも知れませんが、セローもトリッカーも、520コンバートが出来るそうです。

利点としては、コマ飛びが減る(というかしたことないけど)
コマ数が減り強度が上がり、かつ軽量化に繋がる

IMG_0939_20210105143537424.jpg

減速比はフロントスプロケット11T&リアスプロケット44T かなり低速よりですが、先代のマシンも同じくらいだったのでヨシです。
チェーンはシールなしの、DID520ERS3 110L。 

IMG_0938_20210105143535887.jpg

これはトリッカーのノーマルですが、鉄スプロケットのせいかさほどの重量差はありません。セローホイールはチュ-ブレスなので余計に軽いのですが、684グラム増です。

IMG_0947.jpg

フロントは520の11というあまり見かけないサイズ。

ついでにチェーン関連で、

IMG_1350.jpg

がっちりしたチェーンガイド。これはチェーンの外れなんかを防止するんですがノーマルは頼りないのと、あんまり意味がなさそうな形状なので、撤去して交換します。

IMG_1402.jpg

IMG_1403.jpg

IMG_1570_20210105143544d91.jpg


あと、ついでなんですが、アマゾンで手に入れたチェーンテンショナー。
公道、レースに関わらず、バイクにはあまり採用されないんですが、唯一トライアルバイクだけには標準で装備されています。
そういうわけなんで、つけてみたくなった

IMG_1569_20210105143543c88.jpg

まずスイングアームに穴開けて、ナット挿入。キットはボルトオンですが、軽量化のため最小限のマウントで取り付けます。

IMG_1571_20210105143546a1d.jpg

ちょっと飛び出して物々しいですが、邪魔になるなら別の場所にしましょう。
ちなみに重量計測するの忘れた。商品重量は560グラムで加工して多少軽量化しているとして400グラムとしましょう。

IMG_1590.jpg

あと、これもついでなんですが、

IMG_1587.jpg

アルミのチェーンアジャスター。 大きさは変わりません。厚みが少し増えますが重量はかなり軽い。そしてオシャレ。

IMG_1588.jpg

IMG_1585.jpg

IMG_1586.jpg

IMG_1589.jpg

ここまでの結果

前回がマイナス2288グラムでしたが、今回は機能部品の追加が多かったので、大きく増加します。

1154グラムが増加したので、マイナス1134まで戻りました。

第九回に続く。

バイク 楽しそうだなって思ってもらえたら、是非ウチの レンタルオフロードバイク をご利用ください。 日にちが合えば林道ナビゲートもしますよ。

トリッキーにトリッカー 第七回

2021. . 31
さて、今日で令和二年度が終わり、明日から新年度です。
だからどうした、というのはなんもないんだけど、なんとなく節目になるというかそんな日ではあります。
ですから自動車の登録なんかは今日の時点で所有していると、次年度に課税対象とされます。
私、今回は大幅に車両を減らしたので税金かなり少なくなります。

度々いうことではあるんですが、この未曾有の災害時に、杓子定規に徴税する仕組みって、ほんとどうにかならんのかなって思う。
減税とか免税ってぜったいしないんだよ。補助は出すけど。

要するに今支出している補助金よりも税収の方が多いから、免税も減税もしない、という理屈なんだと思う。
じゃあ、仕方がねぇ、か弱き庶民は節税に励んで、できるだけ税金払わずに済むように工夫しますよ。

そんなコツコツ節税したお金で、バイクいじりをしましょう。

IMG_0969_20210105134102efe.jpg

ハンドルまで組んだところですが、メーターをどうするかについて考えていたところ、自転車用のめーたーでいっか、という結論にいたり、とりあえずセローホイールから機械式のメーターギアは撤去と相成り、かわりにカラーをいれます。カラーは左右対称なので、右側に付いているものと同じものを手に入れると良いです。

そんなことやってて気付いたのが、セローとトリッカーのブレーキローター径の違い。

IMG_0874_20210105134050e50.jpg

トリッカーのほうが小さいんですね。
今回セローのホイールは新品入れたので当然ディスクローターも新品。
なんかわざわざ中古とコンバートして、さらに径が小さくなるのを看過するとかありえん、とおもって今回はトリッカーフォークにセローディスクをつけるための、キャリパーサポートを作ることにしました。

IMG_0873_20210105134048d01.jpg

とりあえず寸法取り用の仮モデルを作ります。
ちゃんと調べてませんが、おそらくキャリパーはセローもトリッカーも共通です。違うのはフォークアウターのキャリパーブラケットでしょう。なので、フォークまでセローにしている人の場合はこれは全く必要のないことです。
トリッカーのフォークを使ってブレーキを大径化したい場合にだけ使えるものなので、需要が少ないとおもわれます。どうりで誰も作らないのだと思いました。

IMG_0876_20210105134051f28.jpg

こういう感じの板を二枚合わせて作ろうかと。

IMG_0892.jpg

本番は五ミリ厚の鉄板で作っています。まあ、絶対壊れないでしょう。

IMG_0903_20210105134059c29.jpg

重量は増しますが仕方ありません。
そのかわりメーターギアがなくなったので、少し軽くなり。

IMG_1689.jpg

林道機としてハンドガードは外せないので、合計で756グラムの重量増し。

IMG_0904.jpg

前回までのマイナス2716グラムから、1960グラムまで後退します。
で、当然重くなるであろうホイールですが、こちらも林道機なのでツーリストです。

IMG_1061_202101051411345f9.jpg

7742グラム。実際はメーターギアがついているのでホイール単体なら7588となります。

IMG_1062.jpg

で、セローホイールに21インチのツーリストとヘビーチューブ、ビードストッパーという組み合わせでどうなったかというと、
7162グラム、と、トリッカーのロードタイヤ使用より軽いという。これは意外でした。

で、インチアップの副産物として、サイドスタンド延長という課題にぶち当たるのですがこれも当然重量増しになります。

IMG_1107.jpg

私はスタンドターンを多用するので、柔いと使い物になりませんので強度は気にします。

IMG_1108.jpg

なので、ただ、切って間にパイプを足すという方法ではなく、延長するノーマル部分を大幅にカットして、別のパイプで作り直すという感じです。

IMG_1109.jpg

ついでに接地面の大型化も施します。

IMG_1110.jpg

延長加工したスタンド。572グラムで、約100グラム増しでした。

ここまでで2288グラムの軽量化です。
一進一退ですなぁ。

第八回に続く。

バイク 楽しそうだなって思ってもらえたら、是非ウチの レンタルオフロードバイク をご利用ください。 日にちが合えば林道ナビゲートもしますよ。

トリッキーにトリッカー 第六回

2021. . 30
今週のてんちょプライベート。
晴れたので京都に行った。桜が満開だぜ!
ちなみに、去年は緊急事態宣言が発出されるかどうかって時間帯だったので、本当に京都各地は無人くん状態でした。

それが今年は!

IMG_7620.jpg

密!

蹴上のインクライン。ま桜の名所です。
私もマスメディアに携わるプロフェッショナルなカメラマンを見習って、望遠レンズの圧縮効果を狙って撮影してみました!

IMG_7594.jpg

実際上から見るとこのくらいまばらなんですが、マスメデイアってのは「密」を報道したいときは「密」になるように撮影しますし、そのような言質を取りにインタビュー、または言葉を切り取りします。特に写真は自由にフレーミングが出来るため、かなり印象操作がしやすく、過去にも権威ある(と思われている)報道雑誌に掲載された写真ですら、意図的にトリミングされていたという話は割と有名です。

IMG_7575.jpg

それはさておき、私には特に伝えたい事はないので、とりあえず芸がないのですが、観光ルートを一通りまわりました。

IMG_7609_20210330204255410.jpg

こういうの見ると、門が結界境だっていう感じがしますよね。あっちの世界とこっちの世界の境目。

IMG_7648_20210330202705a28.jpg

着物を召している方が非常に多かったですね。外国人観光客がいた頃は着物着ている人なんて、外国人ばかりで、色とか柄もヴィヴィットなものが多かったんですが、日本人が着物をチョイスすると、やはり和風カラーになりますね。すごく落ち着いています。
ただ、気になったのは、現代の若い女子はお尻が小さいので、実は着物が似合わない。
やはり着物は典型的な日本人体型の人が似合う。逆を返せば、現代の女の子がよく見えるような着物を作るのも業界の使命だとは思います。はい。

IMG_7656.jpg

IMG_7659_20210330202708e1a.jpg

そんなわけで、帰りはまた飲んだくれて帰りましたよ。




ハイ第六回。

まず前回の続きで、セローのトップブリッジも手に入れました。
ココで一つ問題があります。

IMG_0859_20201121215518512.jpg

トリッカーのトップブリッジはクランプ部が下方に約25ミリオフセットしており、そのままトリッカーのフォークを使用すると、フォークが短くなります。ですので、ココはやむを得ず、セローのフォークを買うほどの気合いもないので、フォークジョイントをかまします。

IMG_0990_2020112123120442a.jpg

35ミリしかなかったので、1センチ突き出しで取り付けます。

IMG_0992.jpg

やっとでホイールを仮組みできます。仮組みなんてセクシーな響きですね。

IMG_0864.jpg

前から

IMG_0865.jpg

横から なーんか、こうやってみるとフロント回り割とスカスカなんだね。

IMG_0866_202011212311203ca.jpg

あ、こんな所にハンドウィンチがあった……なにこれ?

IMG_0867.jpg

メーター、ウィンカー撤去 650グラム減。 とりあえずこのメーターはでかすぎて好きくないので撤去。

IMG_0893.jpg

セロートップブリッジ 916グラム

IMG_0894.jpg

トリッカートップブリッジ イグニッション付き 1334グラム

イグニッションキーユニットは使用しないので、撤去です。418グラム減

これで今回の軽量化合計 マイナス1068グラム
前回と合わせて、2716グラムと大躍進してます。

第七回に続く。

バイク 楽しそうだなって思ってもらえたら、是非ウチの レンタルオフロードバイク をご利用ください。 日にちが合えば林道ナビゲートもしますよ。

トリッキーにトリッカー 第五回

2021. . 28
IMG_0780_202103282229505ef.jpg

きょうはずっと雨でした。
日曜日の雨多いね。せっかくサクラが咲いて、ちょろっとお花見がてら出かけようかなー、なんて皆さん考えていたのではないでしょうか。残念ですね! ザマぁ!

ま、それはさておき、最近テレビなんて観てないので、感染状況がどうなのかなんて全然知らないですけど、私の目の届く範囲で自粛している人なんてまあいないな、という感じです。マスクはしてるけど結構自由に出歩いています。

しかしながら、私の知らないところでは本気で家から出ていないという、国民の鑑のような方がおられることも事実。
感心します。いや、尊敬します。

IMG_0779_20210328222949973.jpg

今回はタイプ2のウィンカーを移設、別体式にしました。
というのもアーリーからレイトの前期にかけては一つのテールランプの中に、テール、ウィンカー、ブレーキのランプが一緒くたに入っていて、さらに全てが赤に光るものだから、大変視認性が悪いのです。しかもノーマルでは暗すぎるので、はっきり言って今の交通事情からすると危険であります。

そこでとりあえず現代人なら常識的にアンバー(橙)だと認識しているウィンカーランプを、バックランプに仕込むことにしました。
ちなみにバックランプは左角に別につけているので、ウィンカーにしてしまっても問題ありません。
ついでにLED化もしてしまいます。

こういう改造は賛否両論で、「旧車乗りならその不都合さを受け入れるべきだ」という声も少なからずあります。
ですが私はそういった同調意識に流されず、自分で考え、自分でよいと思う行為行動に身を委ねる、という考え方の方が人として自立していると思いますし、尊厳を保つ根拠になると思います。


ま、そんな大層な話ではないのですが、こういった安全加工はどちら側からしてもメリットのありますしね。




さて、トリッカー、フロント回りの続きです。

今回セロー250のトリプルツリーがきたことで色々解ることがあります。

諸元では

まずセローのキャスター角が、26°20  トレールが100
トリッカーのキャスター角が、 25°10  トレールが90

この二つの数値、小さい方がハンドリングがクイック(曲がりやすい)になると考えてもよいです。

基本的なことはココに書いているので、参照されたし。 「キャスター、トレール」とググれば、変態な人達がたくさんウンチクを書いているので、それも参照すると楽しいでしょう。

IMG_1087_20201121221601196.jpg

まず、キャスター、オフセット、トレールってのがこういう関係だと理解してください。
手書きですまん。デジタルで描くの面倒だったんだよ。

ズバリ言いますと、トレール量が多いほど直進安定性は増します。
ただ、そのトレールを決定するのに、キャスターやタイヤの外周、オフセット、が関係しており、実質タイヤの幅やフレーム、サスセッティングなど様々な要素も絡んできて、バイク全体の乗り味、性格性質が決定している、といってもよいです。

IMG_0851_20201121215511b00.jpg

これ、非常にわかりにくいですが、トリプルのオフセットをみています。目視ではセローの方がオフセットしてます。

IMG_0852_202011212155120d4.jpg

セローの方が、操舵軸とフォークの距離が離れている、つまりホイールの中心軸が離れているということです。

世の中には便利なものがありまして、トレール量を計算する式というものがあります。

キャスターアングルをθ タイヤ半径をR フォークオフセットをfとすると、トレール=tanθ(R - f/sinθ) と、なるそうです。

Tr=tanθ(Rf-Fo÷sinθ)
Tr:トレール
Rf:前輪半径
Fo:フォークオフセット
θ:キャスター角

ですので、オフセットが知りたい場合は、因数分解して、上記の判明している数値である、キャスター角 、トレール、タイヤの径、各数値を代入すれば求められます。とはいえ、算数出来ない子なので、親切な方が作ってくれたフォームを使ってちまちま計算すると、セロ-のオフセット量は67ミリ、トリッカーは61ミリとでました。
すごいですね、だいたい実測と同じです。数学って偉大だわ!

で、トリプルを弄って、タイヤ外径が変わった通称「セロッカー」はどういうディメンションになるのかというと、再び下手な図を書いてみた。

IMG_1089_20201121221604fce.jpg

この上の図は、まずオフセットを増やした状態。
トリッカーの車体と19インチホイールで、トリプルだけをセローに交換すると、トレールが減少します、つまりハンドルがクイックになります。これは感覚的に解りやすいと思います。

IMG_1090.jpg

で、トリッカーの車体にオフセットの大きいセローのトリプルをに装着しているのですから、キャスターを立てた状態であると仮定して、やや大げさに描いてみましょう。キャスターを立てたという意味で、水平線と鉛直線を変化させてます。

トレールは消滅します、直進安定性ナシ、になるのかな? こういうのはたぶん存在しないと思うのですけど。とりあえず実際図におこすと解りやすいですね。

で、実際はトリッカーの車体に、セローのトリプル、それにセローの21インチフロントホイールがはいるので、最終はこの様になります。

IMG_1174.jpg

再びわかりにくいのですが、タイヤ外径を大きくすると、消滅したトレールが復活しました。

数値的にいうと、

ノーマルセロー 
キャスタ角26.20 
トレール100 
オフセット67 
21インチタイヤ直径710 と仮定。


ノーマルトリッカー 
キャスタ角25.10 
トレール90 
オフセット61 
19インチタイヤ直径672 と仮定。


トリッカートリプルのままフルサイズにしたトリッカーの場合
キャスタ角25.10 
トレール99 
オフセット61 
21インチタイヤ直径710 


セロートリプルだけ変更したトリッカーの場合
キャスタ角25.10 
トレール84 
オフセット67 
19インチタイヤ直径672 


ついでに計算しときますと

トリッカートリプルをつけたセローの場合
キャスタ角26.20 
トレール107 
オフセット61 
21インチタイヤ直径710


となります。
で、

セロートリプルを使ってフルサイズ化したトリッカーの場合
キャスタ角25.10 
トレール93 
オフセット67 
21インチタイヤ直径710



トリッカー車体と、トリッカートリプル、セローホイールというのが安価なセロッカーカスタムですが、これだと実はトレールが99になります。つまりノーマルのセローのハンドリングそのモノになるということです。(ホイールを大径化するだけでトレール量は増えます)

わかりにくい話が続きますが、キャスターが立っていても、オフセットが少なく、タイヤ外径だけが増えて、本来90だったトレールが増の方向へと向いたのです。

対して、トリッカーの車体とセローのトリプル、セローホイールという組み合わせは、オフセットをつけてトレールを減らし、ホイールを変更してトレールを増やすという、一見無駄な事をしているようですが、この作業でトレールは93になります。
つまりノーマルトリッカーの90にほど近い93、数値上はほぼトリッカーのハンドリングを得ることになります。


これがどのくらい効果のあることなのかは解りませんが、逆を返せばセローのハンドリングをツーリング向けの、直進安定志向にしたい場合は、トリッカーのトリプルを流用すれば良いと言えそうです。(そんなやつはあまりいなさそうだけど)
要するに、トリッカーベースでフルサイズ化し、セローよりもトライアル的な特性を得たい場合は、セロートリプル化は必須と言えそうです。

元々軽量化目的でセローのトリプル導入を企んでいましたが、思わぬ副産物でした。
というか足回りを安易に換えずに、ちゃんと調べるべき事ってのはあるよなぁ、と今更自戒の念に駆られています。

IMG_0853_202011212155145e6.jpg

面倒なことも終わったので、取り付け準備に入ります。

IMG_0854_20201121215515c9b.jpg

トリッカーのライトステイが使えるように加工します。

IMG_0862.jpg

お馴染みの計量。 セローのトリプル 1340グラム

IMG_0863.jpg

トリッカーのトリプル 2002グラム、

662グラムの軽量化。前回と足してマイナス1648グラム。

ちなみにコソコソと計量などをしていますが、実際100キロ前後の車両に対して、1キロ2キロの違いなんてほぼわからないと思います。ただ、せっかく公開するネタなので、皆さんの興味のある部分は網羅しておこうかなと、思う次第。また気にしても仕方ないくらいの重さだよって事は解っていただけるかと。何よりバイクはトータルの重さよりも、重量バランスの方が重要ですから。

第六回に続く。

バイク 楽しそうだなって思ってもらえたら、是非ウチの レンタルオフロードバイク をご利用ください。 日にちが合えば林道ナビゲートもしますよ。

 HOME