FC2ブログ

1200にもビンテージスピード

2018. . 14
IMG_5223.jpg

最近マフラー交換の定番になりつつある、ビンテージスピードです。
ずっと知らずだったんですが1200cc用もあります。(ちなみにフレキシブルなフランジのため、1600にも対応するそうです)
1200と1600じゃストロークが違っていて、シリンダーの長さが変わるんですね。当然ヘッドの位置も変わりまして、ポート位置も合いません。なので1300以上と1200のマフラーラインナップは分かれてます。

IMG_5224.jpg

オリジナル度の高いビートルはよいですね。スカッとしてます。

IMG_5225.jpg

ノーマルマフラーをズコッと抜きます。

IMG_5226.jpg

ふと梱包材になってた新聞紙を広げて眺める。おお、台湾。 日本と同じですねぇ。ただし、全部漢字。
漢字って、不利よなぁと思う。多言語に比べて一文字書くのに時間かかりすぎ。

IMG_5227.jpg

 あ、ビンテージスピードは台湾製です。台湾のメーカーです。溶接も綺麗です。従来のアフターマーケット製ワーゲンパーツとしては出来がよすぎます。
只、どこぞの国が主張しているのとは違い、台湾と中国は違います。
昔は電子部品産業が特にすごいと言われてましたが、最近はあらゆる面でクオリティの高い商品を作るメーカーが多いような気がします。値段は、同じ製品を日本で作ると倍はくだらんでしょうな。

IMG_5228.jpg

これはテールパイプが交換できるタイプです。ノーマルサイズの細いのも選択できます。

IMG_5251.jpg

とか言いながら一切、マフラー全体の写真を撮らないとか、どうかしてるんじゃないかとしか思えませんが、まあ、とりあえず付きましたよ。サイドの仕上げがかっこいいです。

てなかんじで。
スポンサーサイト

明日はVW Autumn 

2018. . 15
IMG_4168_20180915194310b3a.jpg

イベント行っているので、お店は休みになります。
電話は通じるかどうかわかんないですが、ご用の方は 070-5653-1099 ナガヌマまで。

関西の秋随一のVWイベントです。 お暇な方は是非いらしてください。

五月雨

2018. . 31
五月雨(さみだれ、さつきあめ)などといいますが、これは梅雨のことです。

語源が五月下旬から七月上旬までを指す、旧暦五月にちなんでいるためです。五月晴れなんてのも、いわゆる梅雨の中日を指すんだそうです。

ま、そんなこんなで現代ではしとしと降り続く雨に加え、ゲリラ豪雨なんてのも急に襲ってきます。
ゲリラ豪雨って、もうちょっと和風な名前に出来ませんかね? 私の中では未だに馴染みません。

IMG_3516.jpg

別に何かあった訳じゃないんですが、さすがにちょっと、エンジン関係の在庫を整理しなきゃなぁ、と思い立ち。
自分のところに何がどれだけあるのか全く把握できていない。
組めるエンジンは組んで、コンプリートしていくべきかと。

農民は雨で農作業が出来ないときは、家屋内でわらで縄や草履を編んだりして、とにかく時間がある限り仕事をしたそうな。
それで『百の仕事をする』とにかくよく働く、ということから、『百姓』という呼ばれになったとかいう話を聴いたことがあります。

もっぱら近世から現在にかけては、農家への蔑称のようないわれをしてますが、語源がはっきりしないなら、いい方に捉えればいいと思います。私の聴いた説が正しいかどうかは別にして。

百姓っていい言葉だと思いますよ。生きてる限り経験と勉強の連続です。限られた残り少ない時間を精一杯こなしましょうっと。



2月ランナウェイ

2018. . 11
2月はたいしたイベントもなく、寒いだけで、私の中では最もテンション下がる月です。そんな月もそろそろ半分。

三連休の中日、ってのは暇と相場が決まっている――たぶん。

そして寒い。

IMG_2447.jpg

そんな中、和歌山の空冷VWショップのマシンヘッドさんが来てくれました。

来る4月15日 和歌山県 和歌山市 和歌浦南 片男波海水浴場駐車場にて、マシンヘッドさん主催で、空冷VWイベントが開催されます。

なかなか、関西は春のイベントが定着せず、Bug in MIKIが終了してからは寂しい時期が続いておりました。
秋は恒例のVW・Autumunで山に、春はOrange Bugで海に! みたいに定着してくれると頼もしいです。

IMG_2446.jpg

一応仕事してるという風景。

6_20180211221510bfd.jpg

そしてネタがないというサイン。


アディオース! また来週!

車の特殊清掃

2017. . 10
古い車ばかりをやってると、まず引き上げてきた車への最初のアプローチは、掃除と相場が決まっております。
そのなかで、こんなものが見つかる時もあります。

IMG_1426.jpg

プルタブ式の缶コーヒー、ジョージア、オンマイマインド。

しかしながらこんなノスタルジーな事ばかりではないんですな。

まず本題に行く前に、少しお話をば。

IMG_1412.jpg

ワゴンR キッツい喫煙車。もう天井がヤニだらけ。窓閉めて運転出来ないよ、ってくらい煙草くさい。
この頃は喫煙が外に追いやられてる現状からして、喫煙歴のある車というのは、買取の査定にも大きく影響してきます。
私はどっちでもいいんですが、やっぱり嫌な人は嫌なものなので、中古車販売店はこれを一生懸命洗うんです。

IMG_1413.jpg

水かけて洗剤でゴシゴシとはいかないので、地道に雑巾と洗剤つかって、拭く。ひたすら拭く。隅から隅まで拭かないとまず臭いは取れない。空気が回るところ、エアコン回りも全部掃除しなきゃ取れません。極端な事言うと、プロの掃除やさんは内装全部外して洗います。

IMG_1415.jpg

ちょっと拭くだけで黄色い。ある程度落とすだけでも二時間かかります。そこからさらに嫌煙者が気にならない程度まで仕上げるとなると、これだけじゃだめですね。あらゆる手を尽くさねばなりません。

で、ここからが本題。


洗うという話で、よくあるのが「住宅の洗い屋さん」
これは中古の物件を、売り物にするために各部屋を徹底的に洗浄する専門業者さんです。解体やリノベはまた別の業者さんで、洗い屋さんは原則として現状を綺麗にするだけです。

そんな清掃業の中で、『特殊清掃』という業種があります。

これはゴミ屋敷や廃墟、事件や事故、あるいは孤独死などでしばらく遺体が発見されなったお部屋などを専門的に清掃する(遺体搬送はしない)業者さんなのですが、まあ遺族でも躊躇するような、大変なお仕事です。

私などは引き上げてきた車から虫が出てきたり、銃弾が出てきたりするくらいですが、まれに小動物等の死骸があることがあります。ま、鼠とか鳥とか猫とかね。
(画像あるけどショッキングすぎるので自粛しておきます)

放置されてた車ってのは、人も近寄らない廃墟同然、そういうところを死に場所として選んじゃう奴もいるって話でして、んまぁ、何ですか、結局私が処理するんですけどね。ミイラみたいになった死骸を。ついでにウジ虫がわんさと湧いたんだろうなというサナギの痕跡もダイソンの吸引力で素早く処理ですよ。もう、無です。無の境地です。

こういう車はだいたいボディもシャーシも終わってるか、再登録不能な場合が多いですので、部品取りへGOです。

あ、安心してください。ウチの販売車両に窓開けたまま放置してた車両はありませんから! (これホント)

 HOME