今年はスーパー猛暑なんらしい

2017. . 25
IMG_0713.jpg

もう夏みたいな暑さやけどね。夏はもっと暑いわけよ。
例の如くうちは40度アップの労働環境で、今年こそ死ぬかもしれません。暑くなったら寝てしまうので。

さてぇ、この前チョット触れた温暖化の話ですが。Co2をはじめとする温室ガス効果で地球が温暖化しているのではない、という話をしました。
この話、二酸化炭素犯人説が強すぎて埋もれそうになってますが、未だに温室効果は「説」どまりで、確定はしていません。ただ、ここに至るまでに、そうとうの力学が働いているという事は知っておいた方がいいかもしれません。

思えば911テロ以降、ブッシュジュニアが「テロとの戦争だっ」と口走ってからというもの、そのルールに則るかのようにテロが頻発しております。イラク戦争以降なんてテロ国家(と名乗っている)が樹立する始末です。えーブッシュ君知ってたんかいな、ってくらいうまいことなってます。

に、しても自爆テロとかする奴って、ほんとにバカだな。そんなんしても極楽浄土にはいけまへんよ。

ま、それはさておき、何かを悪者にしてそれの排除という名目に則らなければならない動きがある場合、というのは得てして気を付けなくてはいけません。日本も70年ほど前はそういう渦中にあったわけでして、あれ、みんなで戦争しちゃったんだってことは忘れちゃならんのですよ。軍部に騙された、っていいますけど、信じちゃったのならそりゃああなたがバカでしょうに。

で、この法治国家において、現在最大悪とされている二酸化炭素ですが、そもそも大気中の二酸化炭素濃度というのは大して高くありません。濃度の問題じゃないというならそれでも別に構いません、どうせ立証できませんから。
ただ、排出権取引やらで思い切り金銭取引に走っている時点で国家規模でカモにされてるんじゃないかと考えたほうがいいかと思います。

こういう話があります。

「環境が歴史を作る」

これは人が住んでいる地域が災害や伝染病など、何らかの事情で住みにくくなると、民族が移動することになります。
昔は国境や国家間の取り決めもあいまいでしたから、問答無用で攻めて土地を略奪してもかまわなかったわけです。
ですから古代の戦争の多くはまず、環境の変動が引き金になったという考え方があります。理屈は後付けで。

住む土地がなくなるのを恐れる、すなわち地球が住めなくなったらどうする、という事が、人の行動を決めるわけです。

エコ問題はエネルギー問題でもあり、人口問題でもあります。
このままいくと、2050年には人口が百億人突破するとみられています。

さて、人口爆発を止められるでしょうか? というほうが大局的には問題になっている。
でも日本じゃ少子高齢化を問題にして、人口を増やそうとしている。中国は一人っ子政策を解禁しました。これは国家としての施策であり、人口がそのまま国力に反映しているような国は何処でも同じように考えています。

これ、逆から考えてもらえると納得いくと思います。

人口増えると資源が枯渇、食糧不足が必ず起こります。そうなってしまった時には必ず人は戦争を始め、互いに簒奪し合います。
ですから、とりあえず地球温暖化でヤバいというインフォメをしておいて、エネルギーを使わせないように仕向ける。要するに国単位でエコな暮らしをしてもらってつつましく生きてもらうという方向性に持っていきたいんです。
エコなくらしとはすなわち、大規模な発展をしてきた20世紀を拒否し、現状維持、もしくは衰退方向へと持ってゆく目的があるんですね。

誰が主導してるって、そりゃあ先進国です。貧乏な国は貧乏なまま先進国の為に食料や資源を生産してくれている、今のままでいてほしいんです。豊かになってもらっちゃ困る。国際的に制限をかけるための仕組みが「排出権取引」という訳です。仕組みは面倒なのでここでは説明しません、自分で調べてください。

たしかにここ数年暑いのは暑いですが、別に2,3度上がったところで死にません。適応していきます。むしろ気温が上がれば生産性は上がります。寒冷化するよりよっぽどマシです。
何より問題はそこじゃない、という事をこの暑い夏にぼんやりとまどろみながら考えてみてはどうでしょうか。

スポンサーサイト
 HOME