FC2ブログ

ガソリン携行缶

2020. . 19
IMG_8534.jpg

タイプ2のフューエルタンク交換です。

そこで素朴な疑問として、フューエルってなんじゃい? と。
大した問題でもないので、あっさり答を言いますと、“燃料”を意味します。
燃料っていう大きなくくりなので、その中には重油も軽油も、固体の石炭も、気体のガス類も総じてフューエルと称します。

もちろんガソリンもフューエルなんですが、日本じゃもっぱらガソリンって言いますし、ガソリンタンクって言っちゃいますね。

IMG_8535.jpg

新品タンク WWの製品です。まあ悪くないと思います。センディングユニット取り付け位置が、車両取り付け状態からみて後方にオフセットしてます。特に問題にはならないですが。

一部へこんで(本来この位置にセンディングユニットがあります)ますが、新品ですw そんなものです。

で、タンク交換はタンクを外すのでガソリン抜かなきゃいけないのですが、ほんらいならちゃんとしたタンクに移さなきゃダメです。
でも、40リッター近くもの燃料を保管するタンクなんてないので、ポリタンクに溜めます。ダメですけど、昔はみんなポリタンクにガソリン溜めてましたし、その状態で店内に保管してました。樹脂だから漏れるとかそんなことはまずありません。

IMG_8536.jpg

でも、消防法上ではこういう、ガソリン携行缶を使うことになってますし、この手のタンク以外に給油することは禁じられています。
このタンク、昔からありますけど、どういう合理性があってこの様な形になっているのかいつでも謎です。別にこの形状が強度が高いわけでもないでしょうし、ほかにも上部が亀の甲羅みたいになっている歪な形のものがありますが、総じて使いにくい。
なんで注ぎ口が付いているのに、注ぐ時のポジションを考慮した形状になっていないのか無茶苦茶不思議です。

なので自動車でもバイクでも、これらのタンクから給油するのは、変な角度で不安定に保持しなければならないため結構大変だったりしますし、はっきり言って危険だと思います。なのにどこのメーカーも同じような形しか作らない。

ガソリン携行缶の形状って定められているわけじゃないと思うのですが、メーカーさん、イノベーションしてくださいよ。全国の自動車屋とバイク屋とレッカー業者さんが求めていると思いますよ。






スポンサーサイト



 HOME